スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Rainbow 「Ritchie Blackmore's Rainbow」

1975
★★★☆☆(1975)

イギリスのハードロックバンドRainbowの記念すべき1thアルバム。
邦題は「銀嶺の覇者」

実質、Ritchie BlackmoreElf(アメリカのハードロックバンド)
というバンドをスタジオ・ミュージシャンとして使って制作した
ソロ・アルバム。

Ritchieは全ての曲を作っただけでなく、
全てのパートをそれぞれのメンバーに教え、
その通りに演奏することを要求したとされてます。
実力と音楽志向の面でRitchieが求めていたのは
ボーカリストのRonnie James Dioだけであり、
他の3人はアルバムの完成直後に実質的に解雇されたそうです。
なんちゅう、独裁政治を行っていたんでしょう・・・

Deep Purple時代に比べると激しい曲は少なく、
美しくクラシカルな楽曲④Catch The Rainbow
The Temple Of The King
ロックンロールな⑦If You Don't Like Rock 'n' Roll
彼らのの代表曲の1つである①Man on the Silver Mountainや⑧Sixteenth Century Greensleeves
などの名曲が収録されています。
あと、インストバージョンの⑨Still I'm Sadは必聴です!!

それにしてもRonnieの歌唱力は凄い!!

【音源紹介】
Man on the Silver Mountain


メンバー
Ronnie James Dio(V.)
Ritchie Blackmore(G.)
Micky Lee Soule(Kb.)
Craig Gruber(B.)
Gary Driscoll(D.)

曲目リスト
1. Man on the Silver Mountain
2. Self Portrait
3. Black Sheep of the Family
4. Catch the Rainbow
5. Snake Charmer
6. The Temple of the King
7. If You Don't Like Rock 'n' Roll
8. Sixteenth Century Greensleeves
9. Still I'm Sad


スポンサーサイト
別窓 | Rainbow | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。