スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Ten 「The Name Of The Rose」

The Name Of The Rose
95点 / 100点 1996年度アルバム

<メンバー>
Gary Hughes(Vocals)
Vinny Burns(Guitars)
John Halliwell(Guitars)
Shelley(Bass)
Greg Morgan(Drums)
Ged Rylands(Keyboad)

<収録曲>
01. The Name Of The Rose
02. Wildest Dreams
03. Don't Cry
04. Turn Around
05. The Pharaoh's Prelude: As
06. Wait For You
07. The Rainbow
08. Through The Fire
09. Goodnight Saigon
10. Wings Of The Storm
11. Standing In Your Light
12. The Quest
13. You're My Religion

イギリスのメロディアス・ハード・ロックバンドTenの2ndアルバム。
1stアルバム用に用意した曲は30曲以上。
その未発表曲から選曲をし、新たに手を加え、更に新曲を3曲書き加えて完成させたのがこの2ndアルバムとのこと。。。
前作からわずか5ヶ月という異例のリリースとなりながら、クオリティの高さが名作と言われる1stの延長線上にある所以がここにあります。

オープニングを飾るタイトル・トラック#01「The Name of the Rose」は、静かな雰囲気で長くせつないアコースティックギターのイントロからハードに展開し、日本人のツボを突いているTen史上に残る名曲ですね。
タイトル曲と双璧を成すであろう#06「Wait For You」は、ハードなドラムとギターリフが特徴で、エジプトのファラオのことを歌ってます。
また疾走感溢れ、今作で最もハードであろう#10「Wings Of The Storm」は、ハードなドラムとギターのイントロが特徴的。。。

Gary Hughes(Vo)のヴォーカルとしての才能ばかりが注目されますが、Vinny Burns(Gt)のツボを心得、エモーショナルなフレーズを挟み込むギター・プレイは最高だ!!
余りにも劇的なタイトル・トラックを初めとして、叙情的なメロディック・ハードとしては最高級の楽曲が並んでいるアルバムだと思います♪

◆音源紹介
#01 The Name Of The Rose


#02 Wildest Dreams


#08 Through The Fire


#10 Wings Of The Storm






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト
別窓 | Ten | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。