スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Vanden Plas 「The God Thing」

The God Thing
88点 / 100点 1997年度アルバム

<メンバー>
Andy Kuntz(Vocals)
Stephan Lill(Guitars)
Gunter Werno(Keyboards)
Torsten Reichert(Bass)
Andreas Lill(Drums)

<収録曲>
01. Fire Blossom
02. Rainmaker
03. Garden Of Stones
04. In You I Believe
05. Day I Die
06. Crown Of Thorns
07. We're Not God
08. Salt In My Wounds
09. You Fly

ドイツを代表するプログレ・メタル・バンド、Vanden Plasの2ndアルバム。
このアルバムから一気にプログレ色が強くなり、初期のDream Theater(以後DT)を彷彿させる出来ばえとなってますね。
DTを意識していても、そこは欧州のバンド。
欧州的な哀愁のメロディをたっぷり入れ、湿り気の強いサウンドに仕上げています!!

インスト#01「Fire Blossom」でドラマチックに期待を高めるだけ高め、#02「Rainmaker」に続く流れは鳥肌もんです。#02「Rainmaker」は幻想的ともいえるメロディが強烈で、構築されたギターソロも圧巻です♪
歌メロは勿論のこと、随所でギターとキーボードの調和が美しい、#03「Garden Of Stones」。
そして圧巻なのが、#06「Crown Of Thorns」。憂いを帯びたピアノをバックに美しいヴォーカルメロディが印象的で、ピアノと歌でしっとり始まった後、チェロやヴァイオリンといったストリングスも加えて徐々に盛り上がっていくところなんか、たまりません♪ 後半のバンド・サウンドも劇的で、どこまでも哀愁たっぷりの名バラードで、この曲だけでも聴く価値ありです!!

またこのアルバムはギターもさることながら、ドラムがかなりテクニックを聴かせてくれています。
スネアの拍の間にロール系の細か~い音をかなり多様しており、これを実際にコピーするならば悶絶必須です(笑

相変わらず、アルバム構成は盛り上がりを十分に考慮して、キッチリ考えて作られてます。
みんなでこのアルバムの良さを広げましょう!!

◆音源紹介
#02 Rainmaker



#06 Crown Of Thorns







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Vanden Plas | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。