スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Dark Moor 「The Hall Of The Olden Dreams」

The Hall Of The Olden Dreams
83点 / 100点 2000年度アルバム

<メンバー>
Enrik Garcia(Guitars)
Roberto Pena De Camus(Keyboards)
Elisa Martin(Vocals)
Albert Maroto(Guitars)
Jorge Saez(Drums)
Anan Kaddouri(Bass)

<収録曲>
01. The Ceremony
02. Somewhere In Dreams
03. Maid Of Orleans
04. Bells Of Notre Dame
05. Silver Lake
06. Mortal Sin
07. The Sound Of The Blade
08. Beyond The Fire
09. Quest For The Eternal Fame
10. Hand In Hand
11. The Fall Of Melnibone

スペインのシンフォニック・パワー・メタル・バンドDark Moorの2ndアルバム。
この頃のDark Moorは全然知らなかったので、初聴きになります(汗

現在は男性ヴォーカルですが、この頃は女性ヴォーカル(Elisa嬢)だったんですね。
彼女の声は、オペラチックでもなくかと言って暴力的やパワフルとも違い中世的な感じで、彼らの音楽性(エピックかつファンタジックな世界観とクサメロ)にちょうど良く溶け込んでマッチしているように思います。

ヴォーカルだけでなく、バックや曲展開も素晴らしいです♪
オープニングのシンフォニックなインスト曲から2曲目へと続く流れで一気に彼らの世界にトリップ。煌びやかなシンセアレンジに古典的ではないものの大がかりで壮大なサウンドが魅力です。

RhapsodySonata Arcticaのようなネオクラ・メロパワ系が好きな人は間違いなく必聴です!!

◆音源紹介
#01 The Ceremony & #02 Somewhere In Dreams

荘厳かつ美しいピアノパートから続くミディアムテンポながら、哀愁メロディがたまりません!!


#05 Silver Lake

疾走チューン!! ギターの弾きまくり、キーボードの煌びやかさ、間奏がドラマチックでかっこ良すぎます!!


#08 Beyond The Fire

イントロからのメロディアスな展開、伸びやかなElisa嬢のハイトーン・・・
ギター、キーボードも相変わらず煌びやかでGood!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Dark Moor | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Disturbed 「The Sickness」

_SL500_AA300_
★★★☆☆(2000)

アメリカのヘヴィメタルバンド
Disturbedの記念すべきデビューアルバム。

300万枚以上の大ヒットとなったアルバム。

特徴的なボーカル、ザクザクと刻まれるギターリフに
小気味良いリズム隊のグルーヴ感。
若干一本調子のところもありますが、
楽曲の充実度は素晴らしいと思います。
どの曲も聴きやすくコンパクトにまとまっていて捨て曲がありません。

個人的に
Voices
Down With The Sickness
が好み。

【音源紹介】
Down With The Sickness


曲目リスト
1. Voices
2. The Game
3. Stupify
4. Down With The Sickness
5. Violence Fetish
6. Fear
7. Numb
8. Want
9. Conflict
10. Shout 2000
11. Droppin' Plates
12. Meaning Of Life



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | Disturbed | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Edguy 「The Savage Poetry」

2000
★★★★☆(2000)

ジャーマンメタルのニューヒーローEDGUYが1995年に自主制作盤としてリリースしていたデビューアルバムを2000年にリ・レコーディングした企画盤。本編9曲のあとに1995年のバージョンが4曲収録されていますが、その差は同じバンドが演奏してるとは思えないほどで、5年間でのバンドの成長っぷりを雄弁に物語っています。

しかも、これらの楽曲がメインソングライターのTobias Sammet(Vo)が若干16歳の時に書かれたものだというのだから、更に驚きです!!

典型的なメロパワ路線に傾倒していた4th「Theater Of Salvation」に比べ、本作はEDGUYのオリジナリティを感じさせてくれる楽曲が多いように感じます。ジャーマンメタルの王道的な疾走曲、豊潤なメロディを持ったバラード、正統派メタル、10分に渡る大作と各9曲それぞれが実に魅力的。

サビメロのキャッチーなコーラスの①Hallowed、デビュー作の曲とは思えないほど堂に入った高品質メタルチューン③Key To My Fate、サビでのTobiasの高音スクリームと分厚いクワイアの対比が素晴らしいスピード曲⑥Frozen Candleなどいいバランスを保った1枚です。

【音源紹介】
Frozen Candle


曲目リスト
1. Hallowed
2. Misguiding Your Life
3. Key to My Fate
4. Sands of Time
5. Sacred Hell
6. Eyes of the Tyrant
7. Frozen Candle
8. Roses to No One
9. Power and Majesty

お気に入り:⑥Frozen Candle


別窓 | Edguy | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。