スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Masterplan 「Masterplan」

Masterplan
88点 / 100点 2003年度アルバム

<メンバー>
Jorn Lande(Vocals)
Roland Grapow(Guitars)
Jan Eckert(Bass)
Axel Mackenrott(Keyboads)
Uli Kusch(Drums)

<収録曲>
01. Sprit Never Die
02. Kind Hearted Light
03. Soulburn
04. Heroes
05. Into The Light
06. Through Thick And Thin
07. Crawling From Hell
08. Crystal Night
09. The Kid Rocks On
10. Sail On
11. When Love Comes Close (※)
  (※) Bonus Track For Japan

Helloweenを脱退した(解雇された)Roland GrapowUli Kuschの2人が新たに始動させたバンドMasterplanの1st。

キーボードにはChildren Of BodomJanne Wirmanが参加し(ただし正式加入はせず本作完成後、Uliの友人でAxel Mackenrottが加入)。ベースはIron Saviorを脱退したJan Eckertが加入している。

そしてヴォーカルは最初の候補はSymfony XRussell Allenだったがパーマネントな参加が出来ないということで断念。次にMichael Kiskeに打診するも、当時、意図的にHMから距離をとっていたKiskeはあくまでヘルプとして全曲歌う事を了承するも正式加入は断っており、結局#4と#10のゲスト参加のみとなっている。
最終的にはVagabondMilleniumArkなどで知られた実力派のノルウェー人シンガーJorn Landeが加入することとなる。

メンツを見るとやはり期待せずにはいられない!!
アルバムとしては一発で気にいるアドレナリン爆発のメロスピ系ではなく、聞き込むほどにどんどんよくなっていき、玄人向けの大人の仕上がりになっているのがいいですね♪
ヴォーカルのJornの反則的な上手さを持ったソウルフルなヴォーカルを活かした骨太のHR/HMを展開しており、バラエティに富んだ楽曲群を様々な声の表情で歌い感動させてくれます!!

また演奏陣も、パワフル&タイトなUliのドラム・プレイは素晴らしいし、メロディを大事にしたRolandのギター・プレイには魅了されっぱなしだ♪
音源紹介した曲以外でも、#06「Through Thick And Thin」や#09「The Kid Rocks On」なども素晴らしく、捨曲なしの良い意味で高次元でバランスの取れたサウンドに仕上がっており、名盤確定でしょう!!
あえて言うなら後半ちょっとテンションが落ちてるところかな(笑

◆音源紹介
#01 Sprit Never Die

1曲目だけあって、凄くメロディアスで楽曲展開も完璧!!
サビになんともいえない力強さを感じます♪


#03 Soulburn

ミドルテンポでダークな雰囲気だけど、ヴォーカルと荘厳なキーボードのアレンジで重々しくなり過ぎてなく、名曲だと思うんだけどなぁ~


#04 Heroes

JornKiskeの堪らない贅沢なコラボが楽しめる曲で、期待を裏切りませんね♪


#10 Sail On

イントロからカッコよさ全開!! 個人的に出だしのUliのプレイに惚れた(笑
サビのメロディもかっこよく、Rolandのギターソロもいいんだよなぁ~






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Masterplan | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Last Tribe 「The Uncrowned」

The Uncrowned
86点 / 100点 2003年度アルバム

<メンバー>
Magnus Karlsson(Guitars, Keyboard)
Rickard Bengtsson(Vocals)
Dick Lovgren(Bass)
Jaime Salazar(Drums)

<収録曲>
01. Healer
02. The Chosen One
03. Sacrifice
04. The Uncrowned
05. Otherworld
06. April Sky
07. Sound Of Rain
08. Only The Innocent
09. Full Moon
10. Call Of The Tribe

その実力に対してあまりにも認知が低いのが悲しい、Magnus Karlsson率いるスウェーデンのメロディアス・ハードバンド、Last Tribeの3rdアルバム。

Magnusは相変わらず、メロディを作り上げるのも天才的に上手いですね♪
メロディアスハード的なキャッチーさに、Magnusのクラシカルなギターワークと、きらびやかなシンセアレンジが加わって、北欧らしいサウンドに仕上がってます。

重々しくヘヴィなイントロから始まる#01「Healer」は、ボーカルのパワフルな歌唱が乗っかり素晴らしい楽曲に仕上がっており、ギターリフもカッコよく、ボーカルもサビではとても明るいメロディを歌い上げています。
#02「The Chosen One」は壮大な雰囲気のイントロからとてもメロディアスなギターが入ってきます。この曲はかなりカッコいいです!サビでは爽快感の溢れるボーカルの歌唱が光っていますね。
#04「The Uncrowned」はパイプオルガンで荘厳に始まるイントロからエンディンクまで一気にたたみ込むドラマティックな曲で一番のお気に入りです。

基本的には、楽曲、メロディともに正統派といってよいもので、目新しさは特にありませんが、どの曲をとっても素晴らしく構築されておりクオリティが高い!!

是非復活して、新作をリリースして欲しいものだ。

◆音源紹介
#01 Healer


#02 The Chosen One


#04 The Uncrowned






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
別窓 | Last Tribe | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Rage 「Soundchaser」

2003
★★★★☆(2003)

ドイツのベテラン、へヴィメタルバンドRAGEの17枚目のアルバムです。

雷鳴轟くSEからテクニカルインストに繋がるエクセレントな序曲①Orgy Of Destructionから間髪入れずに繰り出される重心低く軽快に疾走するメロディアスチューン②War Of Worldsを筆頭に、MEGADETHを連想させるスラッシーなサウンドと欧州パワーメタルを融合したRAGEらしい楽曲が続きます。中でもスリリングなリフで押し寄せてくるタイトルトラック④Soundchaserの素晴らしいこと。。。

疾走曲をメインにミドルテンポの楽曲を効果的に挟み込むというアルバム構成だった前作と比べて、本作はスピーディーでわかりやすい曲を並べた前半と、ヘヴィチューンやミドルを中心とした後半とはっきり分かれているので⑤までのような勢いある曲が後半にも欲しかったかな。
といいつつ、ミステリアスな⑦Flesh And Blood、「メットゥ!」と合唱せずにいられない⑧Human Metalなんかは結構お気に入りだったりします。

アルバムトータルとしても前作で膨らんだ期待を裏切らない内容で、ヘヴィで濃厚な曲調の中でキャッチーなメロディが光るRAGEメタルが堪能できる力作です。

【音源紹介】
Soundchaser


曲目リスト

1. Orgy of Destruction
2. War of Worlds
3. Great Old Ones
4. Soundchaser
5. Defenders of the Ancient Life
6. Secrets in a Weird World
7. Flesh and Blood
8. Human Metal
9. See You in Heaven or Hell
10. Falling from Grace, Pt. 1: Wake the Nightmares
11. Falling from Grace, Pt. 2: Death Is on It's Way

お気に入り:④Soundchaser⑦Flesh And Blood


別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Dream Evil 「Evilized」

2003
(2003年)

全体的にどこか懐かしさを覚える正統派ヘヴィメタルで、
キャッチーなメロディは残しつつも余分な装飾を削ぎ落とした
シンプルでストレートなサウンド作りになっている感じがします。

サビでの逞しい男声コーラスがカッコいい
オープニングトラック①Break The Chain
リフで押しまくる②By My Sideから③Fight You Till The End
畳み掛ける序盤のメタリック疾走チューンズには
テンションが上がります。
そしてこのバンドの好きなところは速さに頼らずとも
上質のバラード⑦Forevermore
また本作のハイライトでシングルカットもされたキャッチーハードロック⑧Children Of The Night
一緒に歌わずにはいられないサビを持ったメタルアンセム
⑪Made Of Metal

①や⑧⑪のサビにおける漢臭いコーラスはその最たるもので、
オーディエンスが拳を突き上げながら大合唱する光景が
目に浮かびますね。

【音源紹介】
Children of the Night


曲目リスト
1. Break the Chains
2. By My Side
3. Fight You 'Till the End
4. Evilized
5. Invisible
6. Bad Dreams
7. Forevermore
8. Children of the Night
9. Live a Lie
10. Fear the Night
11. Made of Metal
12. End

お気に入り:⑧Children of the Night


別窓 | Dream Evil | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。