スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Eden's Curse 「Trinity」

Trinity
87点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Michael Eden(Vocals)
Alessandro Del Vechio(keyboards)
Paul Logue(Bass)
Thorten Koehne(Guitars)

<収録曲>
01. Trinitas Sanctus(intro)
02. Trinity
03. Saints Of Tomorrow
04. No Holy Man
05. Guardian Angel
06. Can’t Fool The Devil
07. Rivers Of Destiny
08. Dare To Be Different
09. Children Of The Tide
10. Black Widow
11. Jerusalem Sleeps
12. Rock 'N' Roll Children(Dio Cover)
13. Unchain The Night(Dokken Cover)
14. Guardian Angel(Acoustic version)

メロディアス・ハード・ロック・バンド、Eden's Curseの3rdアルバム。

制作発表後に、キーボードのFerdy Doernbergが脱退、Edge Of ForeverのメンバーAlessandro Del Vechioが後任として入ってます。
過去2作同様、ヘヴィなギターリフに伸びやかな歌声が好印象を与えるヴォーカルの歌メロがからむというパターンで、若干メタリックになった印象がありますが、メロディの質は全く落ちていないので安心して聴けますね。

今作の目玉は何と言っても、Dream TheaterJames LaBrieHelloweenAndi Derisの2人がゲストヴォーカルとして参加していることでしょうか。
LaBrieは#04「No Holy Man」でMichaelとヴォーカルを分け合う+全面的なバッキングヴォーカルを披露、Andiは#10「Black Widow」でMichaelとヴォーカルを分け合っています。
これだけでも必聴の価値十分と言えるのでは!!

過去2作同様、キラーチューンがないだけに、惜しい感があってなりませんが、個人的には1stが一番お気に入りです。
今月リリース予定の4枚目の新譜では、どのように化けるか、期待せずにはいられません!!

◆音源紹介
#04 No Holy Man



#10 Black Widow







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Eden's Curse | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

The Answer 「Revival」

Revival
88点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Cormac Neeson(Vocals)
Paul Mahon(Guitars)
Micky Waters(Bass)
James Heatley(Drums)

<収録曲>
01. Waste Your Tears
02. Use Me
03. Trouble
04. Nowhere Freeway
05. Tornado
06. Vida (I Want You)
07. Caught On The Riverbed
08. Destroy Me
09. New Day Rising
10. Can't Remember, Can't Forget
11. One More Revival
12. Lights Are Down

アイルランドのハード・ロック・バンドThe Answerの3rdアルバム。
会社の先輩に随分前に借りてたんですが、なかなかレビューをあげないので、お叱りを頂戴しました(笑

雰囲気的にはクラシック・ロックとでもいえばいいのでしょうか。Led Zeppelinの影響を強く感じさせるバンドでかっこいいですね♪

彼らの凄いなと思わせるのは、少ない音数で分かりやすいリフを作ったり、キャッチーなコーラスをしっかりとしてるところですね。凄くはいりやすく、即効性が強い作品だと思います。
先輩いわく、1stからだんだん聴きやすくなり、女性ヴォーカルが入ったりして、この3枚目が一番聴きやすいとのこと。聴いてみて納得しました。。。
一番入り易いところから入ったのは、運が良かったのかも知れませんね(笑

ブルージーなギターでゆったり入り、骨太なグルーヴを聴かせてくれる#01「Waste Your Tears」なんか、いきなりかっこいいっと思います。。。#04「Nowhere Freeway」はアップテンポなハードロックナンバーで、女性Voとデュエットするサビがいいですね。また、イントロから徐々に盛り上がる#09「New Day Rising」が一番のお気に入りです♪

聴き易いアルバムなので、みなさん聴いてみて下さい!!

◆音源紹介
#01 Waste Your Tears



#04 Nowhere Freeway



#09 New Day Rising







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | The Answer | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

The Poodles 「Performocracy」

Performocracy
89点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Jakob Samuel(Vocals)
Christian "Kicken" Lundqvist(Drums)
Pontus Egberg(Bass)
Henrik Bergqvist(Guitars)

<収録曲>
01. I Want It All
02. Until Our Kingdom Falls
03. Father To A Son
04. I Believe In You
05. Cuts Like A Knife
06. As Time Is Passing
07. Love Is All
08. Your Time Is Now
09. Action!
10. Bring Back The Night
11. Vampire's Call
12. Into The Quiet Night
13. Don’t Tell Me (※)
  (※) Bonus Track For Import

スウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンドThe Poodlesの4th。

本作品はスロー/ミドルなナンバーが多く、渋めで明るいメロハーというよりも少々ダークな作風。
しかしながら1回聴いたら直ぐにでも口ずさめるようなキャッチーなメロディに溢れていて、個人的には好盤!!
まさに古き良き質感と現代的なクオリティが融合した、伝統を受け継ぐHR作品ですね♪

ヴォーカルのJakobはちょっとハスキーな声質の中音域ベースでなかなか魅力的だと思う・・・

◆音源紹介
#01 I Want It All

神秘的な雰囲気がありながらキャッチーなコーラスラインが魅力的!!


#05 Cuts Like A Knife

シングルカット曲。ウェットでキャッチーな哀愁メロハーな曲♪
なんかチャーリーズ・エンジェルみたい(笑


#07 Love Is All

ギター響きが心地いい、ちょっとダークな雰囲気。






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
別窓 | The Poodles | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Battle Beast 「Steel」

Steel
87点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Nitte Valo(Vocals)
Anton Kabanen(Guitars, Vocals)
Eero Sipila(Bass, Vocals)
Pyry Vikki(Drums)
Juuso Soinio(Guitars)
Janne Bjorkroth(Keyboards)

<収録曲>
01. Enter The Metal World
02. Armageddon Clan
03. The Band Of The Hawk
04. Justice And Metal
05. Steel
06. Die-Hard Warrior
07. Cyberspace
08. Show Me How To Die
09. Savage And Saint
10. Iron Hand
11. Victory

2008年結成、フィンランドの女性Vo擁するツインギター編成6人組、正統派メタル・バンドBattle Beastの1stアルバム。
このバンドを知ったきっかけは、Burrn!8月号に掲載されていた2013年度新作レビューと「SILVERWING-舞い降りてきた音楽の記録-」の管理人よしよさんが2013年度新作をマストアイテムに上げられていたことでした!!
とにかく興味を持ったので、まずは1stアルバムを聴いてみた♪

80年代のピュア・ヘヴィ・メタルを彷彿させるサウンドで、とにかく熱い!!とにかくヴォーカルのNitte嬢、男性顔負けのハイトーンスクリームから中低音域、ウィスパーまで変幻自在でとにかく上手い。まるでKlaus Meineの女性版かといった感じです(笑

また北欧フィンランドというお国柄か、メロディもたっぷりでキャッチーで、変に暑苦しいだけじゃないところも嬉しいところ♪あとなんといっても一番の魅力はAntonのプレイかな。楽曲の雰囲気を損なうこと無く果敢に速弾きに挑む姿勢は素晴らしい!!

スカッとストレスを解消したい方は是非(笑

◆音源紹介
#01 Enter The Metal World

何も言いません。まずは黙って聴いて下さい(笑


#04 Justice And Metal

疾走する曲調の中のオルガンの響きが素晴らしい♪


#06 Die-Hard Warrior

キャッチーなキーボードがリードするリフが勇壮な雰囲気を盛り上げ、泣きのギターがたまりません!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Battle Beast | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

Dragonland 「Under The Grey Banner」

Under The Grey Banner
83点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Jonas Heidgert(Vocals)
Olof Morck(Guitars)
Elias Holmlid(Keyboard)
Jesse Lindskog(Guitars)
Anders Hammer(Bass)
Morten Lowe Sorensen(Drums)

<収録曲>
01. Ilmarion
02. Shadow Of The Mithril Mountains(Narration: Anna Mariann Lundberg)
03. The Tempest
04. A Thousand Towers White
05. Fire And Brimstone(Guest Vocals: Fred Johanson)
06. At The Inn Of Eamon Bayle
07. The Black Mare
08. Lady Of Goldenwood(Guest Vocals: Elize Ryd, Narration: Anna Mariann Lundberg)
09. Durnir's Forge
10. The Trials Of Mount Farnor
11. Throne Of Bones(Guest Vocals: Fred Johanson)
12. Under The Grey Banner(Guest Vocals/Narrations: Fred Johanson, Jake E, Andy Solvestrom, Anna Marianne Lundberg)
13. Ivory Shores(Guest Vocals: Anna Mariann Lundberg)

AmarantheNightrageと3バンドを掛け持ちするOlof Morck(g)率いるメロディック・スピード・メタル・バンド、Dragonlandの5thアルバム。
本作は1st、2ndの続編となる『Dragonland Chronicles』3部作の第3章に当たるということで、ストーリー性のあるコンセプト・アルバムになっています。

バンド初期の頃のようながむしゃらなスピード感はありませんが、壮厳なシンフォニックサウンドをバックに激しく疾走する様はドラマチックで圧巻!!土着的な笛やバイオリンの音色がファンタジーな世界観をより魅力的にしてくれており、どちらかというとKamelotRhapsody Of Fireに通じる、シンフォニックなエピック・メタルと呼びたくなる作風♪

ゲストミュージシャンとして、AmarantheからElize RydJake EAndy Solvestromの3名とAnna Mariann LundbergFred Johansonが参加し、アルバムに華をそえてます!!

◆音源紹介
#01 Ilmarion~#02 Shadow Of The Mithril Mountains

ファンタジー映画のサウンドトラックばりのドラマティックなイントロ#01に続く#02のコーラスを聴き、その劇的さに思わず鳥肌が立ちました♪


#07 The Black Mare

本作におけるキラーチューンかな? Rhapsody Of Fireに通ずるの壮大なコーラスがたまりません。


#12 Under The Grey Banner

タイトル曲。ミディアムテンポながら、壮大なオーケストレーションで盛り上がりまくり!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Dragonland | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。