スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Pretty Maids 「Sin-Decade」

Sin-Decade
87点 / 100点 1992年度アルバム

<メンバー>
Ronnie Atkins(Vocals)
Ken Hammer(Guitars)
Michel Fast(Drums)
Kenn Jackson(Bass)

<収録曲>
01. Running Out
02. Who Said Money
03. Nightmare In The Neighbourhood
04. Sin-Decade
05. Come On Tough, Come On Nasty
06. Raise Your Flag
07. Credit Card Lover
08. Know It Ain't Easy
09. Healing Touch
10. In The Flesh
11. Please Don't Leave Me

デンマークの大ヴェテラン・バンド、Pretty Maidsの4thアルバム。

1992年といえば、もう社会人・・・
だんだんHM/HR系に戻ってきつつありましたが、このアルバムも最近になっての初聴きです(汗
(前回と同じような出だしですいません・・・)

北欧メタル色は薄れましたが彼ららしいヘヴィな曲調が炸裂してますね。疾走曲もあれば、#02、#03、#07のようなタメのある曲も、#08のポップな曲もあり、相変わらずHMとHRのバランスの取れたアルバムで最後まで飽きさせません!!

一般的には、ラストを飾るJohn Sykes & Phil Lynottのカヴァー曲#11「Please Don't Leave Me」が単体で知られすぎてしまったために、その1曲のためのアルバムだと思われている節がありますが、重厚なリフにわかりやすいメロディ、さびのコーラス、複雑ではないが静動織り交ぜた曲構成で「アルバム単位」で勝負できる名盤です!!

◆音源紹介
#01 Running Out

重く疾走するドラムから重厚なギターリフ、そしてヴォーカルとギターのユニゾンへと最高のインパクトです♪


#04 Sin-Decade

威厳に満ちたイントロがめっちゃカッコいい!! ヘヴィでハードでスピーディ。ギターが走りまくり(笑


#11 Please Don't Leave Me

世紀の名曲、John Sykes & Phil Lynottのカバー曲!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Pretty Maids | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Pretty Maids 「Future World」

Future World
87点 / 100点 1987年度アルバム

<メンバー>
Ronnie Atkins(Vocals)
Ken Hammer(Guitars)
Allan Delong(Bass)
Phil More(Drums)
Alan Owen(Keyboard)

<収録曲>
01. Future World
02. We Came To Rock
03. Love Games
04. Yellow Rain
05. Loud 'N' Proud
06. Rodeo
07. Needles In The Dark
08. Eye Of The Storm
09. Long Way To Go

デンマークの大ヴェテラン・バンド、Pretty Maidsの2ndアルバム。

1987年といえば、大学生の頃・・・
高校を卒業してから、すっかりHM/HRの世界から遠のき、JazzやClassicに傾倒していった私。このアルバムは最近になっての初聴きです(汗

オープニングを飾るタイトルトラックは、キーボードを効果的に配した曲でガツンときますねぇ~
アルバム的には疾走曲とメロディアスな曲とのバランス感覚が素晴しく、リフの作り方は上手いは、メロディセンスもいいし、ドラマティックなことこのうえない!!

前作に勝るとも劣らない名盤だと思います♪

◆音源紹介
#01 Future World

スリリングなイントロ、スピーディーながらもメロディアスなサビが最高♪


#03 Love Games

キャッチーなハード・ポップで彼ららしい曲です♪


#04 Yellow Rain

静から動への対比が見事なドラマティックな曲♪






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
別窓 | Pretty Maids | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Pretty Maids 「Red, Hot And Heavy」

Red, Hot And Heavy
88点 / 100点 1984年度アルバム

<メンバー>
Ronnie Atkins(Vocals)
Ken Hammer(Guitars)
Allan Delong(Bass)
Phil More(Drums)
Alan Owen(Keyboard)
Rick Hanson(Guitars)

<収録曲>
01. Fortuna Imperatrix Mundi (Carmina Burana)
02. Back To Back
03. Red Hot And Heavy
04. Waitin For The Time
05. Cold Killer
06. Battle Of Pride
07. Night Danger
08. A Place In The Night
09. Queen Of Dreams
10. Little Darling

デンマークの大ヴェテラン・バンド、Pretty Maidsの1stアルバム。

今改めて聴いてみても、#01から#02の流れはメチャクチャかっこいいい!!ですね・・・
やはり歴史的名盤と言われているのが、よ~くわかります(笑

1984年といえば、高校生の頃・・・
QueenRainbowM.S.GOzzyMaidenなどを夢中になって聴いてた!!
当時はネットなどない時代だったので、なかなか新しいバンドの情報知り得る機会もほとんどなく、当然耳もこえてる訳でもない。衝撃を覚えた記憶はありますが、このバンドにそこまで傾倒はしなかったです・・・(汗

今年Pretty Maidsの新作がリリースされたのをきっかけに、過去作を聴きなおしているんですが、それなりに耳がこえてきた(と自分で勝手に思ってる・・・)今、改めて聴いてみて、超名盤なんで驚いてます(笑

ツイン・リードに重きを置き、北欧的な哀愁感を帯びたドラマチックな曲や疾走感溢れる曲など質の高い楽曲がズラリと収録されている。
メロディック・パワー・メタルの先駆的なアルバム・・・恐るべし!!

◆音源紹介
#01 Fortuna Imperatrix Mundi (Carmina Burana)

仰々しいオープニング!!#02への流れが完璧だぁ~


#02 Back To Back

心地好いヘヴィさを保ちながらスピード感あふれる名曲。正統派ヘヴィメタルの代表的な存在だ!!


#04 Waitin For The Time

ドラマティック感が強く、起伏に富んだ展開が魅力。サビがカッコよく、分厚いコーラスの被せ方も素晴らしいですね♪






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Pretty Maids | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Pretty Maids 「Pandemonium」

Pandemonium
83点 / 100点 2010年度アルバム

<メンバー>
Ken Hammer(Guitars)
Ronnie Atkins(Vocals)
Allan Tschicaja(Drums)
Rene Shades(Bass)
Morten Sandager(Keyboad)

<収録曲>
01. Pandemonium
02. I.N.V.U.
03. Little Drops Of Heaven
04. One World One Truth
05. Final Day of Innocence
06. Cielo Drive
07. It Comes at Night
08. Old Enough to Know
09. Beautiful Madness
10. Breathless
11. It Comes at Night (remix)

デンマークの大ヴェテラン・バンド、Pretty Maidsの12枚目のスタジオ・アルバム。

Ronnieのヴォーカルはパワフルながらも、かすれ声が何とも言えない哀愁をかもし出してるし、Kenのギターも上手いのに出しゃばらず曲に合った流麗なソロを奏でてる♪
全体として疾走HM、ポップ路線、ダーク路線・・・と非常にバランスが取れ、キャッチーで哀愁漂うアルバムに仕上がってます!!

初心者からファンまで十分楽しめる作品なのでは・・・
ただ、後半ちょっとダレ気味になるのはご愛嬌で(笑

◆音源紹介
#01 Pandemonium

1stアルバム『Red, Hot And Heavy』で使われた「Carmina Burana」になりそうな雰囲気のイントロから始まる。
キーボードが出て来た瞬間に名曲を予感し、ギターが入ってガッツポーズ、Ronnieの気合いの入ったかすれ声が入った瞬間、これはかっこいい!!


#03 Little Drops of Heaven

シングル・カットされた曲。
ミドル・テンポのドラムのリズムが気持ち良い、アダルトな感じがいいですね♪






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Pretty Maids | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Volbeat 「OutlawGentlemen&ShadyLadies」

Outlaw Gentlemen & Shady Ladies
90点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年07月号 82点(小澤)

<メンバー>
Michael Poulsen(Guitars、Vocals)
Anders Kjolholm(Bass)
Jon Larsen(Drums)
Rob Caggiano(Guitars)

<収録曲>
01. Let's Shake Some Dust
02. Pearl Hart
03. The Nameless One
04. Dead But Rising
05. Cape Of Our Hero
06. Room 24
07. The Hangman's Body Count
08. My Body
09. Lola Montez
10. Black Bart
11. The Lonesome Rider
12. The Sinner Is You
13. Doc Holliday
14. Our Loved Ones

Volbeatはデンマーク出身のヘヴィ・メタル・バンドで、オーセンティックなHR/HMにスラッシュ・メタルのザクザク感とリズム、そしてアメリカのロカビリーを合わせた独特の音楽性でここ数年順調にファンを増やし、既にヨーロッパの主要なロック/メタルフェスの常連となっている今まさに注目の若手バンドです。
その彼らの約3年ぶりとなる5枚目アルバム。
BURRN! 2013年07月号で紹介されていた、本アルバムのディスクレビューに興味を持ち聴いてみました!!

なんとこれがメチャクチャ良かった!!
サザンテイストな1曲目のインストから始まり、#02「Pearl Hart」のヴォーカルがはいったとたん、ガツン!!
まず歌い出しの声が絶品で骨太な歌声がいいですね♪

#04「Dead But Rising」ではMetallicaを思わせる重厚なギターリフとリズムで、ヘヴィー・メタルって感じで始まるけど歌はとてもメロディアス。
#06「Room 24」はKing Diamondがゲストで参加しており、Black Sabbath的な重々しいイントロから、怪しげなハイトーン・ヴォーカルが流れます。
また、#11「The Lonesome Rider」では、Sarah Blackwoodという女性ヴォーカルとの掛け合いが、印象深い軽快なロカビリー調。
爽やかなアメリカン・ハードロックだったり、ウルトラヘヴィなカントリーだったりと、個々はバラバラの曲に聴こえるもののアルバム全体で聞いてみると不思議と違和感がなく、もう捨て曲なんて一切ありません!!

本アルバムは一部の古参のファンから「ポップすぎる」という批判もあるようですが、Volbeat初心者の私にはそんなの関係ねぇ~(笑
非常にとっつき易くてついつい耳を引く良曲揃いの一枚で、最強の入門盤となりました!!

Summer Sonic 2013の出演(MetallicaLinkin ParkBullet For My Valentineと同じStage)が決まったVolbeatは、今後目が離せないバンドです♪

◆音源紹介
#02 Pearl Hart


#04 Dead But Rising


#06 Room 24


#13 Doc Holliday






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Volbeat | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。