スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Ayreon 「Into the Electric Castle」

1998
★★★★☆(1998)

オランダのハードロック・バンドVENGEANCEのギタリスト、Arjen Anthony Lucassenが主宰する、ロック・オペラ・プロジェクトである、Ayreonの3作目です。

1st「The Final Experiment」において多数のゲストを迎えた壮大かつファンタジックな一大コンセプト作を作り上げたLucassenは、いよいよその本領を発揮し、本作は「光の宮殿」と題されたCD2枚組の大作となってます(驚

今回も、Fish(元MARILLION)、Edward Reekers(元KAYAK)、Anneke van Giersbergen(元Gathering)、Sharon den Adel(WITHIN TEMPTATION)といった名うてのゲストたちが集結。ヴォーカルやソロプレイなどで華を添えており、聴きごたえ満載!!

SFストーリーに基づいた映画的な流れでプログレッシブに楽曲が連なってゆき、部分ごとにはスリリングさは薄いものの、CD2枚全体を通して鑑賞すれば、ひとつの物語を読み終えたような気分になる、壮大なプログレハードロック作品となってますね。

【音源紹介】
Time Beyond Time


曲目リスト

ディスク:1
1. Welcome to the New Dimension
2. Isis and Osiris: Let the Journey Begin/The Hall of Isis and Osiris
3. Amazing Flight (A. Amazing Flight in Space/B. Stardance/C. Flying ...)
4. Time Beyond Time
5. Decision Tree (We're Alive)
6. Tunnel of Light
7. Across the Rainbow Bridge

ディスク:2
1. Garden of Emotions: In the Garden of Emotions/Voices in the ...
2. Valley of the Queens
3. Castle Hall
4. Tower of Hope
5. Cosmic Fusion: Soar on the Breeze/Death's Grunt/The Passing of an ...
6. Mirror Maze (A. Inside the Mirror Maze/B. Through the Mirror)
7. Evil Devolution
8. Two Gates
9. "Forever" of the Stars
10. Another Time, Another Space

 


スポンサーサイト
別窓 | Ayreon | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。