スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

King Kobra 「II」

II
85点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年11月号 84点(kawai)

<メンバー>
Paul Shortino(Vocals)
David Michael-Philips(Guitars)
Mick Sweda(Guitars)
Johnny Rod(Bass)
Carmine Appice(Drums)

<収録曲>
01. Hell On Wheels
02. Knock Them Dead
03. Have A Good Time
04. The Ballad Of Johnny Rod
05. Take Me Back
06. When The Hammer Comes
07. Running Wild
08. Got It Coming
09. The Crunch
10. Deep River
11. Don't Keep Me Waiting
12. We Go Round
13. My 69 (bonus Track)

Carmine Appice(Ds)率いる4人組アメリカ産ハード・ロック・バンド、King Kobraの復活第二弾アルバム。
結成当時、メンバーに課した条件は全員金髪にすること・・・(笑
ヴォーカルが金髪で残りが全員黒髪なMOTLEY CRUEにあやかってかどうか分りませんが、
黒髪1人(Carmine Appice)に残り3人が金髪という見た目もバッチリなバンドです!!
バンドの歴史としては、紆余曲折がありましたが、ヴォーカルが元Rough CutQuiet RiotPaul Shortinoを迎えての新体制になってますね。
オリジナルメンバーのヴォーカル(Mark Free)は、性転換して女性になっており、女性ヴォーカルとしてクリーンヴォイスを披露しているらしいです・・・(驚き

さて本作ですが、大人好みのクラシック・ハード・ロックといった感じで、シンプルながらじんわり響くそんな仕上がりになっています。
Paulのしわがれた声が凄くいい味を出しており、それにCarmineのグルーブ感を出しつつ抑えめの渋いドラミング、キャッチーなメロディが三位一体となり、スルメのようなアルバムだと思います。
聴けば聴くほどいいなぁ~って思う作品なので、年輩の方は勿論、若い世代の方にも聴いてもらいたい一枚です!!
◆音源紹介
#03 Have A Good Time



#05 Take Me Back



#11 Don't Keep Me Waiting







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。