スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

KISS Live

Kiss
Monster Japan Tour 2013
2013年10月21日 大阪城ホール アリーナ49列26番
Kiss0

Lead Vocals, Rhythm Guitar: Paul Stanley
Lead Vocals, Bass Guitar: Gene Simmons
Drums, Percussion, Backing Vocals: Eric Singer
Lead guitar, Backing Vocals: Tommy Thayer

21日大阪城ホールに行ってきました♪
2011年「KISS Returning To Japan 2011」が予定されていましたが、アーティスト側都合および東日本大震災の影響により中止され、2006年「Rising Sun Tour 2006」以来7年振りの来日となります。
私にとっては、初のKissコンサートとなります(ドキドキ

車で13時頃に大阪入り。
昼食を取ったあと、本町にあるハードロックカフェで時間潰し。。。
店内のスタッフさんもKissモード(笑
kiss_Hc1
夕方17時頃まで店内でくつろぎ、鋭気を養うつもりだったんですが、
「Melbourne, Australia, on February 28, 2003」の『Alive IV』が店内で流れ、食い入るように見てしまいました(汗
これだけで、既にテンションあげあげ、興奮しまくりです(笑

精算時のスタッフのお姉さんもパチリ。
kiss_Hc2
今日行くんですか?って聞いたら、夜まで仕事なんです・・・と残念そう。
「貴女の思いを一緒に連れて行きますから!!」って社交辞令もばっちりです(笑

会場が近づくにつれますますヒートアップ。大阪城ホールに18時過ぎに着くと物凄い人。。。
まずはグッズ売り場へと急ぐが、そこにも長蛇の列。。。
Kiss2
さすがはKiss
Tシャツの一部、キーホルダー、ハンドタオル、バンダナなど売り切れが既に続出・・・
Kiss4
Kiss5
Kiss6
Eric Singerのサイン入りドラムヘッド・・・5,000円はちと高い(笑
Kiss7

その中で何を買おうか悩みながら進み、無事目的のグッズを入手出来たので良かったぁ~。
■パンフレット(3,000円)
kiss_miyage1

■スティック(3,000円) ※これもちと高い・・・
kiss_miyage2
kiss_miyage3

いよいよ会場内へ・・・
Kiss9

おお~、チケットをもぎるお姉さんまで、メイクしてる!! かなりの徹底ぶりに更にテンションが上がってきた。こりゃぁ~写真撮るしかないでしょ・・・
kiss_Lady10
kiss_Lady2
kiss_Lady6
kiss_Lady7

会場に入るとUFOの「Only You Can Rock Me」が流れてて個人的にテンションアップ♪

入口の張り紙に「FLASH撮影禁止」って書いてあったから・・写真はやはり駄目かと思っていたら、場内アナウンス(主催者側の発表)で、スマホ・携帯電話での静止画の撮影はOKで『フェイスブックやツイッターのアカウントを持っている人は写真をアップして、盛り上げてください』だって♪
場内は沸きまくりです!!
念の為、コンデジ持ってきてて良かったぁ~(笑
静止画どころか動画も撮ったのは内緒ですよ~~~

席に着くと、ステージに幕が張られてたとはいえ、かなり大掛かりなセットに度肝を抜かれます。
スパイダーセットを日本ツアー全て使用するって公言してたので、かなり楽しみ。
Kiss12
Kiss50

19時過ぎ、場内にLed Zeppelinの「Rock n Roll」が流れた後、お馴染みの・・・
「You Wanted The Best!? You Got The Best! The Hottest Band In The World, KISS!!」でライヴがスタート!!

メンバーがステージに向かう姿がモニターに映り、
Kiss17
巨大なスパイダー・セットがせり上りメンバーが登場!!
Kiss18
Kiss19
会場は総立ち、歓声の雨あられ!!

オープニング曲「Psycho Circus」から「Shout It Out Loud」で、更に会場はヒートアップ!!
大合唱です♪
Kiss22
Kiss26

新旧おりまぜ、あらゆる年代にたまらない曲が続きますが、びっくりしたのが、炎の量。
Kiss39
ほとんどの曲で使ってたんじゃないかな? ギターの先から出るし、バズーカもぶっ放す・・・ドッカン、ドッカンするたびに熱風を感じ、相当の火薬を使用したのがわかります。こんなの武道館で出来るのか??

また、Paulの腕とか見ると、鍛えているのがよくわかましたね。
そうでないとPaulGeneの年齢を考えると、あのコスチュームで2時間パフォーマンスするのは並大抵じゃないと思います。
(吊られて上の方に上がったり、リフトでアリーナ中の特設ステージに移動したり・・。)
努力の賜物ですな(笑

エンターティナーとしても素晴らしいPaul
あらゆる日本語を駆使して我々オーディエンスを盛り上げてくれます♪

「おおさか」の連発は勿論のこと、
「えび」「かに」「うなぎ」「ゴジラ」
「バン!!」「バンバン!!」「バンバンバン!!」
「らーめん」「さけ」・・・
途中、ソロでSukiyakiを歌ってくれたのは感動。会場と一体になって大合唱しました♪
Paulが歌詞が曖昧になって、みんなに歌わせるのはご愛嬌(笑

また、Geneの恒例と言えば、
 火吹きがある、「War Machine
 流血するBass Solo。
で大活躍です(笑
Kiss34

Love Gun」の後、Paulはメインステージからアリーナ―特設ステージへ空中ブランコで移動、「Stairway to Heaven」イントロを弾いて観客をさらに盛り上げてくれます♪
Kiss53

Paulの「おおさかロックシティー」を合図に、「Detroit Rock City」。会場は大合唱!!
続けて、Geneのベースギターのリズムにのせて「I Was Made for Lovin' You」。これまた大合唱!!

ラスト、Paul「ワンモアタイム!!」「ロックンロール!!」「ロックンロールオールナイト!!」・・・の掛け声とともに、ジャパンツアー大阪公演の最後の楽曲として「Rock and Roll All Nite」。紙吹雪の演出があり、またまた、大合唱です♪あまりの多さにステージが見えなくなってました・・・(笑
Kiss60

全て終わった後、Paulはギターを叩きつけ、壊すパフォーマンスを見せ、最後の最後まで楽しませてくれました!!

予想してた以上に素晴らしく、今年見た(WhitesnakeVan HalenAerosmith)のどれよりも興奮し、心の底から行って良かったと思いました♪
強力な楽曲とパフォーマンスが、ホール全体をステージ空間と捉えた大掛かりな演出と照明効果の相乗効果で、より一層引き立てられたワクワクいっぱいのショーで、あっという間の2時間!!
やっぱりバンド40周年の重みがKissにはありますね。
夢と元気を与えてくれた貴方たちは最高のエンターティナーです。

また来日してくれることを切に望みます!!

[SETLIST]
01. Psycho Circus
02. Shout It Out Loud
03. Do You Love Me
04. I Love It Loud
05. Hell or Hallelujah
06. War Machine(Gene Breathes Fire)
07. Sukiyaki(Kyu Sakamoto cover) (Perfomed only by Paul Stanley)
08. Heaven's on Fire
09. Calling Dr. Love
10. Say Yeah
11. Shock Me / Outta This World
12. Guitar and Drum Solos(Tommy Thayer / Eric Singer)
13. Bass Solo(Gene spits blood and flies)
14. God of Thunder
15. Lick It Up(Included the instrumental Won'… more)
16. Love Gun(Paul flies over crowd to the B-stage)
17. Black Diamond
18. Detroit Rock City
19. I Was Made for Lovin' You
20. Rock and Roll All Nite





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト
別窓 | ライブ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

AEROSMITH Live

Aerosmith
The Global Warming World Tour! Japan Tour 2013
2013年8月16日 大阪市中央体育館 スタンドE列8列33番
Aerosmith_2013

Vocals: Steven Tyler
Guitar: Joe Perry、Brad Whitford
Bass:  Tom Hamilton
Drums:  Joey Kramer

私にとって「初」となる、Aerosmithのライブに行ってきました!!

開催場所は、Van Halenのライブがあったのと同じ大阪市中央体育館。
その時、余裕だろうと高をくくって16時頃に八幡屋公園駐車場(当日最大料金500円)に車を駐車しようとしたところ、1時間以上待つ羽目になってしまった教訓を活かし、14時20分頃には駐車してやりましたよ(笑
もうこれで安心です!!

時間を潰した後、再び大阪市中央体育館へ戻りグッズ売り場へ直行!!
goods0

お決まりのパンフレットを購入しようとしたところ、今回のツアーでは取り扱っていないとのこと!!
なんてこったい・・・

悩んだ末に車のヘッド部分に巻こうと、バンダナ(1,500円)を購入。
goods1
※購入して直ぐに巻いたので、シワシワになってますが・・・

goods2
いい感じでしょう♪
これでいつもAerosmithと一緒(笑

グッズ売り場を後にした我々一向はいよいよ会場内に!!
kaijyou0

うぉ~、始まる前のこのワクワクする瞬間がたまりません♪

開演時間を15分程過ぎて、場内が暗転。
オープニングSEが流れステージの後ろのスクリーンにAerosmithの過去の映像が流れ、ステージ上には大量のスモークが!!
スモークが晴れ、 花道の先が明るくなるとそこには豹柄のシャツに白っぽいジャケットを羽織りサングラスを掛けたSteven Tylerと黒い革パンに黒いジャケットを羽織り胸を肌け黒い山高帽を被った全身黒尽くめのJoe Perryの姿が露わに。
うぉ~2人から放たれるオーラが半端ありません!!
メンバーの登場に会場はボルテージ一気にMAX!!

kaijyou1

注目の1曲目は今回のツアーでは定番になっている「Draw The Line」では無く、14日の大阪公演からオープニング曲に起用された「Let the Music Do the Talking」!! 疾走感のあるこの曲でオープニングからハジケちゃいました(笑

続いて大ヒット曲の「Love in an Elevator」がプレイされオーディエンスが、「オー、イェイ!」のパートで一斉に手を挙げる。 あ~~気持ちいい♪

3曲目、「Beyond Beautiful」の代わりに、最新アルバム『Music From Another Demention』から「Legendary Child」が、そして「Oh Yeah」が続けてプレイされました。
結果的には、新譜から披露された新曲はこの2曲だけでしたね。

kaijyou2
StevenJoey Kramerを紹介し、63歳のJoeyが5分に及ぶパワフルなドラムソロを披露!! 最後は拳でタムを叩き、年齢を感じさせないプレイは圧巻でした。。。

9曲目、「Combination」の代わりに、Joeがリードヴォーカルを取るFleetwood Mac coverのカバー曲「Stop Messin' Around」では、Stevenはアンプの後ろに隠れてコーラスを取り、間奏部ではアンプの前に出て来てブルースハープを披露!! もう格好良すぎです♪

14曲目、Stevenが、大ヒットバラードの「I Don't Want to Miss a Thing」を歌い出すとオーディエンスから拍手と歓声が沸き起こり、ドラマティックに盛り上がりましたよ!!

今回のツアーでは定番曲となっている15曲目「No More No More」、16曲目、The Beatlesのカバー曲「Come Together」が演奏され、日本人ボイスパーカッショニストHikakinが登場し技を披露。
そのまま、17曲目「Walk This Way」へと繋がり、本編終了。
いやぁ~、ボイパからそのままJoeのリフにつながる「Walk This Way」はめちゃくちゃ格好良かった!!

kaijyou3
アンコールに応え、タイガース鉢巻を巻いたStevenが 一人で登場し、オーディエンスに礼を言った後、ピアノ弾き語りで「Home Tonight」の1コーラス目を披露。続けて、超名曲「Dream On」のイントロを弾き出すとオーディエンスから歓声が上がる。
間奏部ではJoeも花道に出て来てピアノの上でギターソロを慣行。最後は、Joeと入れ替わる形でStevenが、ピアノに登り熱唱する!

Stevenが、一旦「おやすみ、大阪!」と 叫んだので、これで終わりかと思いきや、Tomが紹介されライヴを締める定番曲「Sweet Emotion」がプレイされ紙吹雪が宙に舞う中、感動的なエンディングを迎える!

kaijyou4
最後のカーテンコールでメンバー紹介を行い2時間を超える最高のR&Rショーが終了・・・

65歳のStevenを筆頭に全員が還暦を超えるロックンローラー達。
躍動感に溢れた 熱いライヴでした!!


[SETLIST]
01. Let the Music Do the Talking
02. Love in an Elevator
03. Legendary Child★
04. Oh Yeah
05. Same Old Song and Dance★
06. Cryin'
07. Last Child
Drum Solo
08. Toys In The Attic★
09. Stop Mesin’ Around(Fleetwood Mac cover)★
10. Kings and Queens
11. Livin’ On The Edge
12. Eat The Rich★
13. F.I.N.E.
14. I Don't Want to Miss a Thing
15. No More No More
16. Come Together(The Beatles cover)
17. Walk This Way(with Hikakin)
Encore:
18. Home Tonight~Dream On
19. Train Kept A Rollin’(The Yardbirds/Tiny Bradshow cover)★
20. Sweet Emotion
※★今回のJapan Tourでは初演奏!





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | ライブ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

VAN HALEN Live

Van Halen
2013年6月24日 大阪市中央体育館 アリーナ51列16番
Osaka00
Vocals: David Lee Roth
Guitar: Edward Van Halen
Bass:  Wolfgang Van Halen
Drums:  Alex Van Halen

6月24日・・・この日はJeff Beckの誕生日だったんですね♪
この喜ばしい日に、Van Halenのライブに行って来ました♪

会場には開演2時間前には到着してたんですが、駐車場に入れるのに待ち状態・・・
焦りながらも車内で待つこと1時間20分、無事車を駐車。
長蛇の列になっているグッズ売り場に並び、各々目指していたグッズを購入、期待で胸を膨らませながら、アリーナ席へ!!
Osaka01
Osaka02
うぉ~、始まる前のこのワクワクする瞬間がたまりません♪

今回の日本公演は、ビデオ/写真撮影がなんとOK!!
これ、凄くいいことだと思います。
どのみち全て規制できないんであればいっそのこと、オープンにして、客を介してのプロモーションが広がれば、凄い有意義なことのような気がしますよ(笑

※当ブログ紹介させてもらってる写真は会社の同僚が一生懸命撮ってくれました!!
 時にはステージも直接写るよう、かなり無理してカメラ持ち上げたりして・・・
 本当に有難うございました♪

時間となり、暗転とともにピンク・白・青色など色々な眩いばかりの光がステージを被いつくし、オープニング曲「Unchained」が始まる。
Osaka03
メンバーの登場に会場はボルテージ一気にMAX!!
本来は昨年の11月20日に開催だった当コンサート・・・
Eddyの体調不良の為延期し、みんな待ちに待った今日の日を迎えたんだもん♪

Eddy~、お帰り~、待ってたよ~」

Alexのドラム・ソロ!! 60歳ながらいぜんパワフルです。
Osaka04

Wolfgang(左)、Eddy(右)の夢の親子共演!! こんなツーショットが生で見える日がくるなんて、感無量です♪
Osaka05

日本在住説まで囁かれ、実際に剣・書道・水墨画の先生がいる程日本大好きなDavid Lee Rothは、魅せまくりです。MCの随所に日本語を挟むわ、ステージ上で日本刀を扱ってパフォーマンスするわ・・・

なんとDavid原作のもと、彼が主演&小錦もが登場するショートフィルムまで。
Osaka06
外人任侠伝~東京事変~

会場は大爆笑(?)でした・・・

いやぁ~、全てにおいて、Davidの存在感、濃すぎ!!
何が凄いって、歌声。若かりし頃の高音&パワー、健在だったです♪
Osaka07

また、Eddyの元気な姿に、なんだか嬉しくなっちゃいました!!
Osaka08
ほんまに楽しそうにギターを弾いてて、その音色は、Jeff Beckでも、Jimmy Pageでもない、誰にも似ていない独自のカッコよさですね♪
Osaka10

アンコールの「Jump」の時はもう光の洪水!!
Osaka11

一気にフィナーレへと突入、 最後は紙ふぶきの雨あられ!!
Osaka12

終演後、会場に流れるアナウンス・・・
「ご覧頂いたコンサートの写真などを
 お手持ちのtwitterやFacebookなどSNSにて
 是非アップして頂ければと思います。ご協力の程、宜しくお願いいたします。」
プロモーター素敵すぎるぞ!!

アンコールも含め曲と曲との合間がほとんど切れ目無く、息つく間もない勢いで会場をずっと盛り上げてくれたVan Halen
また来日してくれることを切に祈ります!!

[SETLIST]
01. Unchained
02. Running With The Devil
03. She's The Woman
04. I'm The One
05. Tattoo
06. Everybody Wants Some!!
07. Somebody Get Me a Doctor
08. China Town
09. Hear About It Later
10. Oh, Pretty Woman(Roy Orbison cover)
11. Drum Solo
12. You Really Got Me(The Kinks cover)
13. Dance the Night Away
14. I'll Wait
15. And The Cradle Will Rock...
16. Hot For Teacher
17. Women In Love
18. Romeo Delight
19. Beautiful Girls
20. Ice Cream Man(John Brim cover)
21. Panama
22. Guitar Solo/Eruption
23. Ain't Talkin' 'Bout Love
(Encore)
24. Jump





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
別窓 | ライブ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

WHITESNAKE Live

Whitesnake
Year Of The Snake Japan Tour 2013
2013年5月1日 サンポート高松 大ホール 1階3列35番
wh00

Vocals: David Coverdale
Guitar: Doug Aldrich、Reb Beach
Bass:  Michael Devin
Drums:  Tommy Aldridge
Keys:  Brian Reudy

2011年に岡山に来てくれたことにすら驚いたのに、2年後の来日に高松に来てくれたWhitesnake
しかも、『Year Of The Snakeツアー』のスタートはここ日本からで、その初日が高松だったんです!!

これは行くしかないでしょう!!って感じでチケットを取り、会社の同僚と行ってきました♪
チケットを取って下さった、先輩のおかげで最高の席。。。
なんと前から3列目~~~!!
wh1
Doug側のスピーカーが正面にあったので、音が直接襲ってき、ソニックビームを受けたことを除けば、2mほど前にDavidDougがしょっちゅう来てくれ、目が合った(はず)のは嬉しかったなぁ(笑

Davidの顔のシワも良く見え、やっぱり老けたなぁ~って思いながら、しみじみ観賞しちゃった(笑
doug
あっ、Dougのセクシー裸体は当然のこと、胸毛の1本1本まではっきり見えました・・・

セットリスト的には、今回Brian Tichy(Dr)が脱退し、Tommyが復帰したこともあり、初期の楽曲が大復活してましたね♪

途中Mel Galley(G)Cozy Powell(Dr)Jon Lord(Key)に捧げるというMCで「Gambler」が披露され、さらにアコースティックコーナーでは、「Ain't No Love In The Heart Of The City」と「Guilty Of Love」が披露され、とてもレア度の高い構成となってました!!

個人的には、Cozyが在籍してた頃の「Slide It In」と「Guilty Of Love」「Slow An' Easy」と「Guilty Of Love」「Love Ain't No Stranger」と「Guilty Of Love」やせっかくTommyが復帰してくれたので、「Crying In The Rain」を期待していたんですが、選曲にモレ残念でした。。。

ツアー初日ということもあってか、Davidの声(特に高音)も良く出てたし、なんといってもTommyの最初から最後まで全力疾走でドラミングする体力には驚かされました。
なにせ今年、Davidは62歳、Tommyは63歳になるんですよ・・・

往年の名曲が多かったので、会場全体に物凄く一体感が生まれ、曲々で大合唱し、楽しいひと時でした。
WhitesnakeならびにDavidは日本人に愛されているアーティストであることを改めて痛感。
また2年後(?)、地方都市への来日を心からお待ち申しております♪
wh2


アンコール曲の「Still Of The Night


[SETLIST]
01. Give Me All Your Love
02. Ready An' Willin'
03. Can't You Hear The Wind Blow
04. Don't Break My Heart Again
05. Gambler
06. Love Will Set You Free
07. Guiter Duel
08. Is This Love
09. Steal Your Heart Away
10. Drum Solo
11. Ain't No Love In The Heart Of The City(acoustic)
12. Guilty Of Love(acoustic)
13. Forevermore
14. Fool For Your Loving
15. Here I Go Again
(Encore)
16. Still Of The Night





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
別窓 | ライブ日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

上原ひろみ 「MOVE」 JAPAN TOUR 2012 @倉敷市芸文館

上原ひろみ
ザ・トリオ・プロジェクト
feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス
「MOVE」 JAPAN TOUR 2012
2012年11月27日 倉敷市芸文館 1階9列15番


無題
初めての「上原ひろみ」さんコンサート!!
いやぁ~凄い
勿論CDで聴いても凄いんだけど、生で見ると半端ない・・・
テクニック云々ではなく、魂のぶつかり合うアスリートが3人、もう戦ってましたね
 
座ってた席も良く、ちょうど目線の高さが程よくピアノの鍵盤あたりだったので、
動きもばっちり!!
小さな身体を絶えず動かし、時には立ち上がり、時にはステップを踏みながら、
全身で奏でるサウンドはまさに鬼気迫る迫力。。。
だけど引きながら時折見せる笑顔
かわいい
 
今回2度目となる生サイモン!!
きゃぁ~~~これまた素敵
娘を見守るような優しい目でひろみさん見つめ、縦横無人に叩きまくる姿は萌え~です♪
あらゆるジャンルをこなすテクニックは健在。
隙間からスネアのショットも良く見えたのでもう釘づけ。。。
手首の使い方、小指を含めた指の使い方・・・
頭では理解したつもりです。
出来ませんが・・・(笑
 
そして初めて生で見たアンソニー
歩く姿はなんかヨタヨタして可愛いですが、プレイ中は眉間にしわをよせながらも、
6弦ベースを絶妙にコントロールする姿は圧巻でした♪

19時開演、途中15分の休憩があり、21時40分頃終演
至極の時間を過ごせました

[SETLIST]
 1.MOVE
 2.Endeaver
 3.Brand New Day
 4.Delusion
 5.Desire
 6.Labyrinth
 7.Rainmarker
 8.Margarita!
 9.The Tom And Jerry Show
10.Suite Escapism ''Reality''
11.Suite Escapism ''Fantasy''
12.Suite Escapism ''In Between''
13.11:49PM ※アンコール


上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト - 「MOVE」ライヴ・クリップ





別窓 | ライブ日記 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。