スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Degreed 「We Don't Belong」

we_dont_belong
87点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年06月号 84点(広瀬)

<メンバー>
Robin Ericsson(Vocals, Bass)
Daniel Johansson(Guitars)
Jesper Adefelt(Guitars)
Mats Ericsson(Drums)
Mikael Jansson(Keyboard)

<収録曲>
01. Intro
02. Black Cat
03. What If
04. In For The Ride
05. Inside Of Me
06. Follow Her
07. Blind Hearted
08. Here I Am
09. Access Denied
10. Coming Home
11. We Don't Belong
12. Just Another Heartache
13. We Don't Belong feat.Godbrother

スウェーデン出身のメロディアス・ハード・ロック・バンドDegreedの2ndアルバム。
2011年に彗星の如く現れた若手メロディアス・ハード期待のホープですね♪

今作は、前作以上に良い意味でヘヴィさが強調されながらも、メロディック・ハード・ロックの雰囲気をキープしており、
どの曲もフックのある優れたメロディを聴くことができ、期待に応える良い高品質なアルバムに仕上がってます!!

アルバム冒頭のイントロに続く#02「Black Cat」のヘヴィなリフでガラっとイメージを変え、リスナーの気を一気に彼らの世界へ引き込んでいきます♪
そのほかにも元ChicagoBill Champlinとのデュオが印象的な#04「In For The Ride」や、刹那的メロディーが胸を打つ#10「Coming Home」、そして感動的なタイトルトラックの#11「We Don't Belong」など全曲捨て曲なし!!

日本番ボーナス・トラックの#13「We Don't Belong」の日本語の歌はRobinが歌っているのかと思ってたのですが、Godbrotherという日本人グループが歌っているとのこと。
ライブ時にこの曲がきたら、会場で合唱になるだろうなって想像しながら聴いてただけに、この事実にちょっとがっかりしました(笑

◆音源紹介
#02 Black Cat


#11 We Don't Belong






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Degreed | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Degreed 「Life, Love, Loss」

Life, Love, Loss
87点 / 100点 2010年度アルバム

<メンバー>
Robin Ericsson(Vocals, Bass)
Daniel Johansson(Guitars)
Jesper Adefelt(Guitars)
Mats Ericsson(Drums)
Mikael Jansson(Keyboard)

<収録曲>
01. B.O.D
02. Arms Of Misery
03. A Little Bit
04. Captured By The Moment
05. Just Imagine
06. Story Of Life
07. Human Being?
08. Color Me
09. Catch The Feeling
10. Keep Me Alive
11. My Fall
12. By Your Side

スウェーデン出身のメロディアス・ハード・ロック・バンドDegreedの2010年リリース、デビュー・アルバム。
ストックホルムの音楽学校に通うメンバーを中心に2005年に結成。翌年には音楽コンテスト“Emergenza”北欧地区大会で見事優勝を果たすと、世界大会では10位を獲得。さらにドラム部門で1位、ギター2位、アレンジ1位と各部門でも好評価を得たという折り紙つきだから期待せずにはいられない♪

キーボードが彩りを加えつつ、パワフル&メロディアスなハード・ロック・チューンを連発し、イングヴェイ的なギターソロがあったり、フック満載の楽曲が充実してます!!
メロディとかはどこか懐かしさを感じさせるくせに、古臭さを一切かんじさせないのは現代的な音作りと邪魔にならない絶妙なバランスのヘヴィさとグルーヴが最大の魅力と言えるでしょうか。
ヴォーカルのRobin Ericssonの甘い歌声、ハイトーンではないですが、甘く切なく聴かせてくれます。そして、ギターとキーボードの透明感のあるソロ・パートも美しいですね♪

北欧独特の透明感のある珠玉のメロディに"うっとり"して下さい。。。

◆音源紹介
#01 B.O.D


#02 Arms Of Misery






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Degreed | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。