スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Seventh Wonder 「The Great Escape」

The Great Escape
89点 / 100点 2010年度アルバム

<メンバー>
Andreas Blomqvist(Bass)
Tommy Karevik(Vocals)
Johan Liefvendahl(Guitars)
Andreas Soderin(Keyboad)
Johnny Sandin(Drums)

<収録曲>
01. Wiseman
02. Alley Cat
03. The Angelmaker
04. King Of Whitewater
05. Long Way Home
06. Move On Through
07. The Great Escape
08. In The Blink Of An Eye 2011 (bonus track)

北欧スウェーデンのプログレッシヴ・メタルバンドSeventh Wonderの4thアルバム。
前作のコンセンプト・アルバム『Mercy Falls』が余りにも素晴らしかった為、期待が非常に高まります!!

めちゃくちゃ疾走するような曲はないですが、美しいシンセをまじえてきらびやかに始まるそのサウンドは、細かなキメも含めてリズム面での緻密なアレンジが光り、じっくりと聴かせるヴォーカルの力量は相変わらずさすがですね。
端々にGuiterとBassの高速ユニゾンが決まっていて、メロディーだけでなく技術的にも超一流だと思います。

そしてラストのアルバムタイトルにもなっている30分の大曲は、同国のハリー・マーティソン作の詩「Aniara」をモチーフにしており、壮大なシンフォニーのようなイントロから、起伏に富んだテクニカルな展開力でドラマティックに構築してゆく圧巻の出来ばえ!!

前作とどちらが最高傑作なのかと聞かれると迷ってしまいますが、今作も北欧のバンド的なドラマティックな雰囲気が満載で、本当にいいですね。

なお、ドラマーのJohnny Sandinはこのアルバムをリリース後、プライベートの理由により脱退、現在はStefan Norgrenが後任を努めているとのこと。
また2013年後半にリリースされる新作アルバムに取り組んでいるとの情報もあります。
楽しみですね♪

◆音源紹介
#02 Alley Cat


#05 Long Way Home


#07 The Great Escape






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト
別窓 | Seventh Wonder | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

Seventh Wonder 「Mercy Falls」

Mercy Falls
90点 / 100点 2008年度アルバム

<メンバー>
Andreas Blomqvist(Bass)
Tommy Karevik(Vocals)
Johan Liefvendahl(Guitars)
Andreas Soderin(Keyboad)
Johnny Sandin(Drums)

<収録曲>
01. A New Beginning
02. There And Back
03. Welcome To Mercy Falls
04. Unbreakable
05. Tears For A Father
06. A Day Away
07. Tears For A Son
08. Paradise
09. Fall In Line
10. Break The Silence
11. Hide And Seek
12. Destiny Calls
13. One Last Goodbye
14. Back In Time
15. Black Parade

北欧スウェーデンのプログレッシヴ・メタルバンドSeventh Wonderの3thアルバム。

前作『Waiting in the Wings』が傑作の呼び声が高かった為、それに期待が広がり聴いてみたのですが、コンセプト作としてのシリアスなドラマ性が加わった、ドラマティックな見事なアルバム!!

意味ありげなSE、インスト曲、2分程度の小品、女性Voとのデュエットなどを取り入れ、貪欲なまでにありとあらゆる手法を用いて徹底的にドラマティックにコンセプトらしく盛り上げ、Dream Theaterの『Metropolis Pt.2: Scenes From A Memory』やQueensrycheの『Operation-Mindcrimeに肩を並べる事ができそうな、全15曲という大作指向が強いトータル70分越えとなる壮大で超絶ドラマティックなコンセプトアルバムに仕上がってます♪

ヴォーカルTommyの柔らかく伸びやかな歌声で、フックのあるリズミカルでキャッチーなヴォーカルラインがバンドの中でも特に印象的で、テクニカルなパートを担う、ギターのJohanとキーボーディストのAndreas、この2人の楽器の手数が、テクニカルかつプログレッシヴなプレイを生み出しており、インストパートなどでは、特に濃密で聴き応えがありますね(笑

プログレ・メタル系の音楽が好きな方だけでなく、北欧メタル系統を中心に聞いている一般のHR/HM系が好きな方にもお薦めの作品です!!

◆音源紹介
Mercy Falls (Full Album)






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Seventh Wonder | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。