スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Thirty Seconds To Mars 「Love Lust Faith + Dreams」

Love Lust Faith + Dreams
90点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年07月号 91点(大野)

<メンバー>
Jared Leto(Vocals、Guitars)
Shannon Leto(Drums)
Tomo Milicevic(Guitars、Keyboad、Bass)

<収録曲>
01. Birth
02. Conquistador
03. Up In the Air
04. City of Angels
05. The Race
06. End of All Days
07. Pyres of Varanasi
08. Explicit.Bright Lights
09. Do or Die
10. Convergence
11. Northern Lights
12. Depuis Le Debut

アメリカ、オルタナティヴ・ロック・バンドThirty Seconds To Marsの4枚目アルバム。
本作はタイトル通り、ミニ4部構成「Love(愛)」「Lust(渇望)」「Faith(信じる)」「Dreams(夢)」となっており、曲間にふいに入ってくる女性の声が場面転換のカギとなってます。

前作は「Closer To The Edge」のように鳥肌が立つくらいのインパクトの曲がいくつか入っていたのですが、本作は1曲1曲にはそんなに破壊力がないかも知れません。
ただ、このアルバム単体として考えると、やはり良く出来たアルバムと言わざるをえません!!
初めてこのバンドに触れる人にとったら衝撃を受けるレベルだと思います。

聴き手一人一人に訴えかけるかの緊張感と緊密性、壮大さの中の冷たい悲しさにプラスして、音の濃淡のコントラストが抜群で、アクセントとしてピアノの物悲しさも効果を発揮しています。
非常に緻密に計算されたアルバム構成となっており、聴き出したら一気に聴いてしまうはず(笑

◆音源紹介
#02 Conquistador


#03 Up In the Air


#05 The Race






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Thirty Seconds to Mars | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Thirty Seconds to Mars 「This Is War」

this is war
92点 / 100点 2009年度アルバム

<メンバー>
Jared Leto(Vocals、Guitars)
Shannon Leto(Drums)
Tomo Milicevic(Guitars)
Tim Kelleher(Keyboad、Bass)

<収録曲>
01. Escape
02. Night Of The Hunter
03. Kings And Queens
04. This Is War
05. 100 Suns
06. Hurricane
07. Closer To The Edge
08. Vox Populi
09. Search And Destroy
10. Alibi
11. Stranger In A Strange Land
12. L490

1998年に結成されたアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のバンド、Thirty Seconds to Marsの3枚目アルバム。
BURRN! 2013年07月号で紹介されていた、2013年度リリースアルバム『Love Lust Faith and Dreams』のディスクレビューに興味を持ち、前作の評判も高かったので聴いてみました!!

ボーカル、リズム・ギター及び作詞/曲をしているJared Letoは『The Thin Red Line』『Fight Club』といった映画に出演している俳優で、ドラムのShannon Letoは実兄にあたります。

実際に聴いてみると、バンドメンバーが昨年行ったグローバルサミットにてファンのコーラスや拍手を取り入れる等、壮大なサウンドは圧巻。ハリウッド俳優でこんなに壮大な楽曲を作れる&歌唱力が凄い人がいるなんてちょっと驚き。本職が俳優だとは思えないぐらい、素晴らしいです♪歌い方がなんとなくU2Bonoに似ており、U2を思い起こさせる楽曲もしばしば♪

ほぼ捨て曲なしですが、お薦めは、シングルカット#03「Kings And Queens」⇒#04「This Is War」⇒#05「100 Suns」の流れは特に壮大で、映画のワンシーンの様です!!
他には#06「Hurricane」、#07「Closer To The Edge」なんかがオススメで、中でも#07は壮大なスケール感と宇宙を感じさせる音の広がり、それでいてロックでもあり、サビの盛り上げ方などとても興奮します♪

素晴らしいのに日本ではあまりに知名度の低いこのバンド(私も知りませんでしたが・・・)。何より秀逸な曲が揃っているので、男女問わず、一人でも多くの方々に聴いて頂きたいです。
また、このバンドはJaredが俳優な為、映像がとにかくカッコいいです(笑

◆音源紹介
#03 Kings And Queens


#04 This Is War


#05 100 Suns


#06 Hurricane


#07 Closer To The Edge






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Thirty Seconds to Mars | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。