スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

BURRN! 2013年12月

Burrn!2013_12

気になったPIX & NEWS
◆DEEP PURPLE
 BURRN!創刊30周年記念公演、2014年4月に来日決定!!ラインナップはイアン・ギラン(vo)、スティーヴ・モーズ(g)、イアン・ペイス(ds)、ロジャー・グローヴァー(b)、ドン・エイリー(key)の面々!!

これが見納めになるかもしれない・・・次があると思わずに行くしかないでしょう♪

◆BOSTON
 11年ぶりとなるスタジオ・アルバム「LIFE, LOVE & HOPE」を12月18日リリース予定。

新作が出るんだ!!っていう驚きと同時に、期待が高まりますね♪

◆AMARANTH
 アンディ・ソルヴェストレム(vo)が脱退した。後任はSCARPOINTのヘンリク・エングルンド・ウィルヘルムッソン。バンドによると脱退は友好的なもだそうです・・・

エリーゼ・リードやジェイク・Eとの3人ヴォーカルが売りだったバンド。新メンバーが入りどのような融合がみられるか楽しみですね。

気になったディスク・レビュー
◆ANDI DERIS AND THE BAD BANKERS「MILLION DOLLAR HAIRCUTS ON TEN CENT HEADS」 from GERMANY
andi deris and the bad bankers
2013年11月13日発売 87点(広瀬)、89点(大野)、84点(前田)、74点(藤木)

『HELLOWEENの三代目リード・ヴォーカルであるアンディ・デリス(vo)が息子の友達をバック・バンドに起用したソロ・プロジェクの1st。HELLOWEENとは違う、PINK CREAM 69時代から培ってきたメロディ・センスに期待したいです♪』

◆EPICA「RETROSPECT」 from NETHEERLANDS
epica retrospect
2013年11月13日発売 85点(kawai)

『デビュー10周年を記念して2013年3月23日に母国オランダで行われた3時間にも及ぶライブの様子を全編収めた3枚組CD。フル・オーケストラ、合唱隊をを招いて行われたこのコンサートは、スタジオ・アルバムよりアグレッシヴな演奏を展開しつつ、ミュージカルのような幻想的な世界も構築されていとのことなので、個人的に聴いてみたい一枚!!』

◆HELL「CURSE AND CHAPTER」 from UK
hell curse and chapter
2013年11月20日発売予定 88点(小澤)

『2011年に1stを出したばかりのNWOBHMバンドの2nd。サタニック・メタル路線という新しい響きに興味♪サタニックなのにひねりの効いたリフにオーケストラ・アレンジ・・・?聴いてみないと謎がとけない(笑』

◆LEAVE'S EYES「SYMPHONIES OF THE NIGHT」 from GERMANY
leave's eyes symphonies of the night
2013年11月13日発売 84点(伊藤)

『ドイツのゴシック・メタル・バンドの通算5枚目アルバム。聴いたことはないですが、ジャケットが気になった・・・ただそれだけです(笑』

◆MICHAEL SCHENKER'S TEMPLE OF ROCK「BRIDGE THE GAP」 from GERMANY
michael schenker's temple of rock Bridge the Gap
2013年11月13日発売 87点(前田)

『来日も決定したマイケル・シェンカーのTEMPLE OF ROCK名義での2作目。哀愁を帯びたキャッチーなメロディを中心に揃えたオーソドックスなHM/HRを聴けるとなると触手が伸びます!!聴いてよければ来日コンサートも思慮にいれなければ・・・』

◆zodiac a hiding place「BRIDGE THE GAP」 from GERMANY
zodiac a hiding place
2013年11月13日発売 86点(伊藤)

『妙に枯れたサウンドや土臭いアメリカン・ロックを匂わせる本格派のクラシック・ハード・ロック・バンドとして面白そう♪。一度聴いたら病み付き?(笑う』





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | BURRN! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

BURRN! 2013年11月

Burrn 2013_10

気になったPIX & NEWS
◆QUEEN
 ブライアン・メイ(G)は1991年11月24日に亡くなったフレディ・マーキュリー(Vo)が生前に残した音源の中に未だ未発表のものがあることに触れ、アルバムを制作出来るかもしれない、と発言した。これは1983年にフレディがマイケル・ジャクソンとレコーディングしたデモ音源に加えて、デイビッド・ボウイやアンディ・ギブ、ロッド・スチュワートなどど録音した音源が近々リリースされることになっているように、他にも音源が見つかっているためで、「最近になって小出しにするのではなくアルバムとしてのリリースを目指したらどうだろう?という考えが出てきた」とブライアンは述べている。

実際にアルバムが制作されるかは現時点では不明ですが、実現すれば1995年にリリースされたフレディが参加したQUEEN最後のスタジオ・アルバム『MADE IN HEAVEN』に続くものとなり、ファンとしてはとにかく朗報を待ちたいですね♪

◆RHAPSODY OF FIRE
 新作『DARK WINGS OF STEEL』を12月25日にリリースする。

アレックス・スタロボリ(Key)がプロデュースしたこのアルバムには、フル・オーケストラやクワイアも参加しており、期待せずにはいられれません♪

気になったディスク・レビュー
◆TRIVIUM 「VENGEANCE FALLS」 from USA
Vengeance Falls
2013年10月9日発売予定 89点(Kawai)、87点(土屋)、92点(大野)、88点(前田)

『エッジの効いたヘヴィなサウンドによるキレのあるギター・リフとパワフルでテクニカルなドラムが楽曲をメタリックに作り上げていながら、メロディアスなヴォーカルラインとくれば、聴くしかないでしょ~(笑』

◆AOR 「THE SECRETS OF L.A.」 from FRANCE
The Secrets Of L.A.
発売中 84点(Kawai)

『AOR系のメロディアス・ハードを特徴とするプロジェクト。元TOTOのファーギー・フレデリクセン、W.E.T.等のジェフ・スコット・ソート、CHICAGOのビル・チャンプリン、LAST AUTUMN'S DREAMのミカエル・アーランドーソン、ヨラン・エドマンといった豪華なメンバーが参加!!北欧的な叙情性を持ち合わせている楽曲とくれば、もうヨダレもんですね♪』

◆DEF LEPPARD 「VIVA! HYSTERIA」 from UK
viva hysteria
2013年10月9日発売予定 88点(幅)

『今年3~4月に米ラスヴェガスで行った『HYSTERIA』完全再現ライブが収録!!ファンなら聴くしかないでしょ♪』

◆EDEN'S CURSE 「SYMPHONY OF SIN」 from UK
Symphony of Sin
2013年10月23日発売予定 87点(Kawai)

『2011年にバンドの中心人物だったマイケル・エデン(Vo)が脱退したため、セルビア人のニコラ・ミイッチ(Vo)を迎えての4作目。新体制ながら、叙情的なヴォーカル・メロディが心打つようなメロディアス・ハード・ロックとなっているとのこと。これは期待が高いので聴かずにはいられません♪』

◆IRON MASK 「FIFTH SON OF WINTERDOOM」 from BELGIUM
Fifth Son of Winterdoom
2013年10月30日発売予定 83点(土屋)

『ベルギーのイングウェイ・マルムスティーンこと、ダッシャン・ペトロッシ(G)率いる多国籍4人組による5枚目。ポップなセンスにゲイリー・ムーアを連起させる、アイリッシュなテイストとくればたまりませんね♪』

◆KING KOBRA 「II」 from USA
II
2013年10月9日発売予定 82点(Kawai)

『私の師匠カーマイン・アピス(Ds)を含む楽器隊がたまりません!!。ギター・リフを中心とした快活なメロディック・ヘヴィ・メタル系の音楽や叙情的なメロディ・・・素敵です(笑』

◆METALLICA 「THROUGH THE NEVER」 from USA
Through the Never
発売中 91点(前田)

『映画「THROUGH THE NEVER」のサントラとしてリリースされた、カナダで収録された臨場感たっぷりなライヴ盤。若い世代をMETALLICAに導く絶好の入り口ライヴ・ベストらしいので私にもピッタリ?(笑』

◆PLACE VENDOM 「THUNDER IN THE DISTANCE」 from GERMANY
Thunder in the Distance
2013年10月23日発売予定 86点(Kawai)

『マイケル・キスク(Vo)とPINK CREAM69のデニス・ワード(B)、ウヴェ・リーテナウアー(G)による3枚目。これまで同様の叙情派メロディアス・ハードで、キャッチーなメロディにキスクの伸びのある歌声に、ティモ・トルキ、マグナス・カールソンが曲作りとくれば、聴くっきゃないでしょ!!』

◆STRYPER 「NO MORE HELL TO PAY」 from USA
NO MORE HELL TO PAY
2013年10月23日発売予定 85点(伊藤)

『結成30周年の記念アルバム。丁寧にメロディを拾って組み立てていくヴォーカルにツイン・ギターを有効に使ったハーモニーなど、期待せずにはいられませんね♪』





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | BURRN! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

BURRN! 2013年10月

Burrn!2013_10

気になったPIX & NEWS
◆UNISONIC
 来年リリース予定の2作目となる新作の曲作りを開始したとのこと。

どのように仕上がるか、今から非常に楽しみですね♪

◆BLACK SABBATH
 最新アルバム『13』に伴って今回のワールド・ツアーがBLACK SABBATHにとって最後のツアーになるかも知れないとギーザー・バトラー(b)が発言したとのこと。

確かにオジー・オズボーン(vo)とトニー・アイオミ(g)は65歳を過ぎ、ギーザー・バトラーも64歳・・・しかし、ヘヴィ・メタル界、世界にのロック界に多大なる影響を与えたBLACK SABBATHには、もうひと頑張りしてほしいところですね・・・

◆TRIVIUM
 6枚目となる最新作『VENGENACE FALLS』が10月9日にリリースされることが決まった。

バンドが今まで経験してきた総ての出来事の集大成だ!!とマット・ヒーフィー(vo.g)は言っている。聴き応えのありそうな新作。楽しみですね♪

◆DEF LEPPARD
 2013年3月22日から、ラスヴェガスの「Hard Rock Hotel And Casino」内にあるコンサート会場「The joint」で11回にわたって行った『HYSTERIA』のアルバム再現ライヴの模様を収録したライヴCD/DVD/Blu-ray『VIVA! HYSTERIA』を10月9日にリリースするとのこと。

DEF LEPPARDファンにはマストアイテムになること間違いないでしょう♪

◆QUEEN
 ブライアン・メイ(g)は8月6日、膝関節を人工関節に置き換える手術を受けたと発表した。長年悩まされた膝の不調から開放され、数ヶ月ぶりに楽観的な気分になれたとコメントを残している。

膝の痛みに悩まされ続けていたことを知らなかったので、びっくりしたと同時に安心しました♪ 新しくなった膝で動きやすくなった今、来日を切に望みます(笑

気になったディスク・レビュー
◆DREAM THEATER 「DREAM THEATER」 from USA
DT_Dream Theater
2013年9月18日発売予定 83点(広瀬)、84点(前田)、90点(藤木)

『マイク・マンジーニ(ds)を迎えて2作目、通算で12枚目となるDREAM THEATERの待ちにまった新作!!前作がマイク・ポートノイ(ds)離脱を感じさせないように作品作りがされていたが、今作は始めての冠をアルバム名に使用し、新たな出発となるアルバムとなる。どのように仕上がっているか楽しみで仕方がない♪』

◆THE ANSWER 「NEW HORIZON」 from NORTHERN IRELAND
The Answer_New Horizon
2013年9月25日発売予定 90点(幅)

『北アイルランドの4人組み、2年ぶり4作目。個人的には初聴きになりますが、目の前でバンドがプレイしているかのような生々しいサウンド、叙情メロディを盛り上げてダイナミズム溢れる世界という説明に興味を覚えた!!』

◆CONCERTO MOON 「BLACK FLAME」 from JAPAN
Concerto Moon_Black Flame
2013年9月18日発売予定 85点(kawai)

『10枚目となるスタジオ・アルバム。ヴォーカル・メロディーに重点を置き、叙情的に仕上がっている作品とのこと。非常に触手の伸びる1枚だ!!』

◆GLAMOUR OF THE KILL 「SAVAGES」 from UK
Glamour Of The Kill_Savages
2013年9月18日発売予定 89点(大野)

『2枚目となるフルレンス。キラキラしたサウンドで分厚いヴォーカル・ハーモニーが、華麗に繰り広げられるリード・キターが魅力的な新世代アリーナ・ロックに興味深深♪』

◆LAWLESS 「ROCK SAVAGE」 from UK
Lawless Rock_Savage
2013年9月11日発売予定 89点(kawai)

『NWOBHMバンドのDEMONのポール・ヒューム(g)とニール・オグデン(ds)が、同じくNWOBHM出身で、2012年に復活したPERSIAN RISKのハウィー・G(g)と組んだバンドのデビュー作。叙情的なブリティッシュ・メロディアス・ハード・ナンバーを聴きたいならこれだ!!・・・という気にさせられた(笑』

◆NIVA 「GRAVITATION」 from SWEDEN
Niva_Gravitation
2013年9月18日発売予定 88点(伊藤)

『3枚目となるアルバム。元SWEDISH EROTICAのトニー・ニヴァ(vo)の美しいメロディを徹底的に拾いまくる歌の素晴らしさに圧倒され、日本人の琴線に触れるメロディというだけで、聴きたいアルバムとなった♪』

◆SAMMY HAGAR 「SAMMY HAGAR & FRIENDS」 from USA
Sammy Hagar_Sammy Hagar_&_Friends
2013年9月11日発売予定 85点(幅)

『サミー・ヘイガー(vo)のデビュー40周年記念アルバム。JOURNEYのニール・ショーン(g)やHEARTのナンシー・ウィルソンなど、彼の友人達がこぞって参加。好きなことだけを伸び伸びやってるサミーのアルバム♪ これは聴くっきゃないでしょ!!』





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
別窓 | BURRN! | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

BURRN! 2013年09月

Burrn!2013_09

気になったPIX & NEWS
◆AEROSMITH
 スティーブン・タイラーは、年内に膝の手術を受ける予定であることを明らかにした。11月には人工膝関節手術を受けることになっており、立っているだけでも奇跡なんだそうです!!

なんてこった!! 明日からの日本公演、悪化による急な延期が無いことをみんなで祈りましょう♪ 頑張れスティーブン!!

◆DREAM THEATER
 バンドにとって12作目となる「DREAM THEATER」を9月18日に日本先行リリースする。アルバム収録曲は9曲。2014年1月からはヨーロッパ・ツアーを開始し、3月からは全米ツアーを行うことが決まっている。

もう予約はしているので、早くその日が来るのが待ち遠しいです♪ 日本公演があるとしたら2014年秋以降かなぁ~? どちらにしても楽しみですね!!

気になったディスク・レビュー
◆AVENGED SEVENFOLD 「HAIL TO THE KING」 from USA
HAIL TO THE KING
2013年8月28日発売予定 81点(広瀬)、71点(大野)、86点(前田)、88点(幅)

『前作で存在感を見せたマイク・ポートノイ。彼の代りに新ドラマーを迎えての再出発作!! 本当の意味でのザ・レブ追悼作となるのでしょうか? 期待が高まります♪』

◆QUEENSRYCHE 「QUEENSRYCHE」 from USA
QUEENSRYCHE_2013
2013年8月21日発売予定 84点(広瀬)、83点(前田)、81点(藤木)

『ジェフ・テイトとバンド名を巡って骨肉の争い(?)をしている中、新ヴォーカルを迎えての新生QUEENSRYCHEの新作。QUEENSRYCHEらしいサウンドが復活するか、早く聴いてみたい一枚です。』

◆BLINDMAN 「EVERGREEN」 from JAPAN
EVERGREEN
2013年8月7日発売予定 95点(土屋)

『1995年の結成以来、国内HM/HRシーンで常に一目置かれてきた5人組のバンドとのこと。本作は入手困難となっている初期5作品から代表的なマテリアルをピック・アップし、再編成してリ・レコーディングしたアルバム。初めて聴く私のような初心者には、格好の入門盤ですね♪』

◆FIND ME 「WINGS OF LOVE」 from SWEDEN
WINGS OF LOVE
2013年8月7日発売予定 87点(幅)

『MURDER OF MY SWEETやMIND'S EYE等のDs/Keyで最近はプロデューサーとしての活躍も目立つダニエル・フローレンスが立ち上げたメロディアス・ハード・プロジェクトの第一弾!! LIONVILLのメンバーなどメロディー・メーカーの参加でメロハー好きとしては抑えておきたい一枚です!!』

◆HAREM SCAREM 「MOOD SWINGS II」 from CANADA
MOOD SWINGS II
2013年8月21日発売予定 90点(広瀬)

『名作「MOOD SWINGS」の全曲をリ・レコーディングしたアルバム。曲順も全く変わらず、新曲が最後に3曲追加となっているが、新曲の為に購入するかどうかは悩みどころ・・・(笑』

◆JAMES LABRIE 「IMPERMANENT RESONANCE」 from CANADA
IMPERMANENT RESONANCE
2013年8月21日発売予定 85点(伊藤)

『ソロ名義としては3枚目となるアルバム。バックを支えるミュージシャンとしてピーター・ウィルドアーなど前作同様の顔ぶれが揃っているので安心できます♪ ジェイムズがどのような曲をどのように歌い上げているか、楽しみでたまりません!!』

◆LINGUA MORTIS ORCHESTRA feat.RAGE 「LMO」 from GERMAN
LMO
発売中 85点(伊藤)

『ドイツのヴェテランバンドRAGEの特質の一つであるシンフォニックを全面に押し出したプロジェクト・バンド。オペラ・シンガー3人を含むゲスト・ヴォーカリストなど、元々RAGEのシンフォニック系が好みであった私としては、非常に興味のあるアルバムだ♪』

◆MICHAEL MONROE 「HORNS AND HALOS」 from FINLAND
HORNS AND HALOS.jpg
2013年8月21日発売予定 90点(大野)

『フックの効いたシンプルな伝統的なロックン・ロールを期待して!!』

◆MOON SAFARI 「HIMLABACKEN VOL. 1」 from SWEDEN
Himlabacken vol1
2013年8月21日発売予定 84点(kawai)

『スウェーデン産プログレッシブ・バンドの4枚目アルバム。分厚いヴォーカル・ハーモニーとプログレッシブながら彼ら独特のメランコリックな世界が魅力的♪ 個人的にも過去作と変わらないクオリティを期待したい!!』

◆NAUTILUZ 「LEAVING ALL BEHIND」 from PERU
LEAVING ALL BEHIND
2013年8月14日発売予定 89点(kawai)

『南米ペルーから彗星のごとく現れた6人組のデビュー作。抒情的なヴォーカル・メロディ、壮厳なクワイアを要所に取り込んだ音作り・・・と書かれているだけで、興味津々です(笑』

◆REINXEED 「A NEW WORLD」 from SWEDEN
A NEW WORLD
2013年8月21日発売予定 85点(kawai)

『スウェーデン産メロディック・スピード・バンドの6枚目アルバム。シンフォニックテイストなアレンジ、キャッチーな曲やヴォーカル・ハーモニーのクオリティが気になる一枚!!』

◆SIRENIA 「PERILS OF THE DEEP BLUE」 from NORWAY
PERILS OF THE DEEP BLUE
2013年8月21日発売予定 84点(kawai)

『ノルーウェイのシンフォニック・ゴシック・メタル・バンドの6枚目アルバム。個人的には聴いたことが無いのですが、女性ヴォーカル、壮大なクワイア、抒情的なメロディ、抜群な男性グロウルとのコンビネーション・・・という単語だけで聴いてみたい候補にノミネートされました(笑』

◆TARJA 「ACT 1」 from FINLAND
ACT 1
2013年8月28日発売予定 80点(藤木)

『元NIGHTWISHのターヤ・トゥルネンの2013年3月のアルゼンチン公演を収めた2枚組ライヴ。彼女らしいオペラティックなシンフォニック・メタルを壮麗かつ重厚なサウンドで披露しているのは勿論のこと、ホワイトスネイクやゲイリー・ムーア、ベリンダ・カーライルとボン・ジョヴィのメドレーなど、聴いてみたいポイントが沢山ありますね!!』

◆TARJA 「COLOURS IN THE DARK」 from FINLAND
COLOURS IN THE DARK
2013年8月28日発売予定 82点(kawai)

『元NIGHTWISHのターヤ・トゥルネンのソロ名義4枚目のアルバム。ソプラノ・ヴォイスで美しく歌い上げる妖艶なパートとディストーション・キターによるハードなパートが1曲の中でバランス良く配置され、スケールの大きいアルバムに仕上がっているとのこと。』

◆WINDZOR 「AGAINST THE ANKNOWN TEMPEST」 from JAPAN
AGAINST THE ANKNOWN TEMPEST
発売中 81点(kawai)

『1999年に兵庫県で結成された後、メンバー・チェンジを繰り返しながらも全国規模でライヴ活動を続けているバンドのデビュー・アルバム。次作との2枚続きで一つのストーリーが完結するという作品になっている。女性シンガーのエモーショナルな歌唱を軸に、シンセサイザーを効果的に取り入れた音楽は、重厚なメロディ・メタルとプログレッシブ・メタルを融合させ、ドラマチックにアレンジしたようなスタイルが特徴。説明文を読んだだけで、個人的に押さえておきたい一枚に躍り出た(笑』





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | BURRN! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

BURRN! 2013年08月

BURRN! 2013年 08月号

気になったPIX & NEWS
◆MIKE PORTNOY
 6月12日から16日まで行ったHALESTORMとの中南米ツアーの終了をもって、ADRENALINE MOBを脱退!! 脱退理由は「スエジュールが過密になり、将来の活動に全面関与することが無理になった」ため。これに対して、ADRENALINE MOBのシンガーで、SYMPHONEY Xでも活動するRUSSELL ALLENは「彼がWINERY DOGSの活動で多忙だったのは知っていた。正直な話、俺達はADRENALINE MOBを続けていきたい。MIKEの時間が出来るのを待ち続けるようなことはしたくない。彼自身、いつ時間が取れるかわからないような状況だから、こうするしかなかった」と語っている。
現在ADRENALINE MOBは曲作り中で、年内に新作のレコーディングを開始する意向。後任のドラマーについては、MIKE自信がメンバーに後任候補を何名か推薦している状況で、決定は曲作りを終了させてからになりそうだ・・・

なんてこった!!ADRENALINE MOBはラッセル・アレンとマイキーのコンビで非常に期待していただけにショッキングな話だ(泣

◆DREAM THEATER
 30年近いキャリアの中で始めてバンド名と同じタイトルを冠した新作「DREAM THEATER」を9月18日にリリースする。(日本先行発売。USは9月24日)このアルバムは通常にCD以外にも特別エディションや、180gの2枚組レコード盤、限定ボックスなど様々なヴァージョンでリリースされる予定。

もう、とにかく楽しみで仕方ない。今回は初めて楽曲制作の段階からMIKE MANGINI(ds)と共に作業が進められているので、アルバムタイトル通り、新生ドリーム・シアターとしてのファースト・アルバムと言えますね♪

◆JAMES LABRIE
 本人名義のアルバムとしては3年ぶりの新しいソロ・アルバム「IMPERMANENT RESONANCE」が8月21日にリリースされます。このアルバムにはMarco Sfogli(g)、Ray Riendeau(b)、Peter Wildoer(ds)が参加している。

これも楽しみで仕方ない。私の好きなドラマーPeter Wildoerのドラミングもともかく、グロウル・ヴォイスも楽しみです♪

◆SLASH
 QUEENのBRIAN MAY(g)のシングル曲「BADGER SWAGGER」にゲスト参加した。これはBRIAN MAY他のアーティストが行っているキャンペーンに使用される曲で、ARTFUL BADGE & FRIENDS名義でリリースされる。

機会があればどんな曲か聴いてきたいものですね。

◆STEVE PERRY
 悪性黒色腫の手術を受けたことを明らかにした。STEVE自信が6月初旬に語ったところによると、5月中旬に切除したほくろがガン性のものだとわかり、全てのガン細胞を切除するため2週間に二度の手術を受けたとのこと。

お大事に!!

気になったディスク・レビュー
◆HIBRIA 「SILENT REVENGE」 from BRASIL
Silent Revenge
発売中 80点(小澤)、90点(広瀬)、89点(大野)、85点(前田)

『ブラジル産パワー・メタル・バンドの通算4枚目。本編9曲はあまり有名ではない南米映画からインスパイアされたコンセプト作品になっているとのこと。』

◆DARKANE 「THE SINISTER SUPREMACY」 from SWEDEN
The Sinister Supremacy
発売中 87点(山口)

『スウェディッシュ・エクストリーム・メタル界指折りの手練Peter Wildoer(ds)率いる5人組がおよそ5年ぶりに完成させた通算6枚目のアルバム。今回は硬軟・剛柔・美醜の対比を効かせたダイナミックな作風へといささか揺り戻されているような感触。特に歌メロの拡充ぶりは顕著で、ライブ会場での一体感さえ鮮やかに連想させるほどの仕上がり。』

◆DEADLOCK 「THE ARSONIST」 from GERMANY
The Arsonist
2013年7月24日発売予定 80点(土屋)

『男女のツイン・ヴォーカルを擁する5人組の6作目。本作も攻撃的に音塊を叩きつけながらも、あざとくならない程度のポップス・センスを介在させたドラマティックな内容に仕上がっている。』

◆MASTERPLAN 「NOVUM INITIUM」 from GERMANY
Novum Initium
2013年7月24日発売予定 87点(幅)

『メロディック・パワー・メタル・バンドの5作目。前作で復帰したヨルン・ランデ(vo)が再び離脱。またドラムスもベースもメンバー交代しての本アルバム。前作よりメリハリが増して、よりキャッチーに磨かれた哀愁のメロディを実力派シンガーがパワフルにもソウルフルにも歌いこなす今作は、きっと往年のファンも失望させない出来だ。』





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
別窓 | BURRN! | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。