スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Battle Beast 「Battle Beast」

Battle Beast
88点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年08月号 83点(土屋)

<メンバー>
Noora Louhimo(Vocals)
Anton Kabanen(Guitars, Vocals)
Eero Sipila(Bass, Vocals)
Pyry Vikki(Drums)
Juuso Soinio(Guitars)
Janne Bjorkroth(Keyboards)

<収録曲>
01. Let It Roar
02. Out Of Control
03. Out On The Streets
04. Neuromancer
05. Raven
06. Into The Heart Of Danger
07. Machine Revolution
08. Golden Age
09. Kingdom
10. Over The Top
11. Fight, Kill, Die
12. Black Ninja
13. Rain Man
14. Shutdown (※)
  (Bonus Truck For Japan)

フィンランドの女性Vo擁するツインギター編成6人組、正統派メタル・バンドBattle Beastの2ndアルバム。

デビューアルバムで華々しく存在を見せつけたのNitte Valo嬢が「家族との時間を優先したい」という理由で突如脱退。本作では後任としてNoora Louhimo嬢を迎えています。

前任がかなりインパクトがあったので彼女に代わる新ヴォーカルの実力が心配されるところですが、Nitte嬢をさらにパワーを倍増させてハスキーにした感じで、バンドに欠かせない強烈なシャウトを炸裂しつつも、時には女性らしい歌声も披露するといった実力者です!!
よくこんな凄いヴォーカルをすぐに見つけたもんだ・・・
恐るべしフィンランド!!

楽曲としても前作同様にテクニカルなギターとパワフルなハイトーンボイスで、前作を越えるダサいぐらいのキャッチーなサビと、これぞ"80年代スタイルの正統派"ヘヴィ・メタル"と言えるリフで聴き応え十分なアルバムに仕上がっています。

スカッとストレスを解消したい方は是非(笑

◆音源紹介
#01 Let It Roar

オープニングから、しゃがれたハスキーヴォイス炸裂でインパクトは強烈!!


#02 Out Of Control

女性らしい歌い方とハスキーヴォイスを使い分け、勢いのあるノリのいい曲。


#12 Black Ninja

外国の方の忍者イメージと言えばこうです!!っていうぐらいのベタな忍者が登場!!
まぁ、曲自体は聴きやすくていいですけど(笑






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト
別窓 | Battle Beast | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Battle Beast 「Steel」

Steel
87点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Nitte Valo(Vocals)
Anton Kabanen(Guitars, Vocals)
Eero Sipila(Bass, Vocals)
Pyry Vikki(Drums)
Juuso Soinio(Guitars)
Janne Bjorkroth(Keyboards)

<収録曲>
01. Enter The Metal World
02. Armageddon Clan
03. The Band Of The Hawk
04. Justice And Metal
05. Steel
06. Die-Hard Warrior
07. Cyberspace
08. Show Me How To Die
09. Savage And Saint
10. Iron Hand
11. Victory

2008年結成、フィンランドの女性Vo擁するツインギター編成6人組、正統派メタル・バンドBattle Beastの1stアルバム。
このバンドを知ったきっかけは、Burrn!8月号に掲載されていた2013年度新作レビューと「SILVERWING-舞い降りてきた音楽の記録-」の管理人よしよさんが2013年度新作をマストアイテムに上げられていたことでした!!
とにかく興味を持ったので、まずは1stアルバムを聴いてみた♪

80年代のピュア・ヘヴィ・メタルを彷彿させるサウンドで、とにかく熱い!!とにかくヴォーカルのNitte嬢、男性顔負けのハイトーンスクリームから中低音域、ウィスパーまで変幻自在でとにかく上手い。まるでKlaus Meineの女性版かといった感じです(笑

また北欧フィンランドというお国柄か、メロディもたっぷりでキャッチーで、変に暑苦しいだけじゃないところも嬉しいところ♪あとなんといっても一番の魅力はAntonのプレイかな。楽曲の雰囲気を損なうこと無く果敢に速弾きに挑む姿勢は素晴らしい!!

スカッとストレスを解消したい方は是非(笑

◆音源紹介
#01 Enter The Metal World

何も言いません。まずは黙って聴いて下さい(笑


#04 Justice And Metal

疾走する曲調の中のオルガンの響きが素晴らしい♪


#06 Die-Hard Warrior

キャッチーなキーボードがリードするリフが勇壮な雰囲気を盛り上げ、泣きのギターがたまりません!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Battle Beast | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。