スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Eden's Curse 「Symphony Of Sin」

Symphony of Sin
88点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2011年04月号 87点(kawai)

<メンバー>
Thorsten Koehne (Guitars)
Paul Logue (Bass)
Pete Newdeck(Drums)
Steve Williams(Keyboards)
Nikola Mijic(Vocals)

<収録曲>
01. Symphony Of Sin
02. Break The Silence
03. Evil & Divine
04. Unbreakable
05. Fallen From Grace
06. Losing My Faith
07. Rock Bottom
08. Great Unknown
09. Turn The Page
10. Sign Of The Cross
11. Wings To Fly
12. Devil In Disguise
13. Where Is The Love?

バンド名にも付けられており、バンドの中心メンバーであったMichael Eden(Vo)とイタリア人キーボード、Alessandro Del Vecchioが脱退し、新たにセルビア人シンガー、Nikola Mijicと、元Power Questのキーボーディスト、Steve Williamsを迎え、新体制で制作された通算4枚目のアルバム。

新ヴォーカルのNikolaの中音から高音の声質はSteve Perryを感じさせ、低音はJorn Landeのような歌いまわしをするといった感じでかなり上手いのではないかと思います。
※あっ、個人的にそう感じる・・・ってだけですよ(笑

Michael Eden自身が居ないので、バンド名がそのままでいいのか?という疑問は残りますが、別バンドと考えれば、本作は予想以上になかなかいい出来で、ドラマティックに始まり、その後メロディアスな楽曲が続く、個人的には満足のいくアルバムに仕上がってて嬉しいです♪
Michael Edenの声に固執しなければ、成熟したバンドが生まれたといって過言ではないのではないでしょうか!!
今後にますます期待が高まります♪

◆音源紹介
#01 Symphony Of Sin



#03 Evil & Divine







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Eden's Curse | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

Eden's Curse 「Trinity」

Trinity
87点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Michael Eden(Vocals)
Alessandro Del Vechio(keyboards)
Paul Logue(Bass)
Thorten Koehne(Guitars)

<収録曲>
01. Trinitas Sanctus(intro)
02. Trinity
03. Saints Of Tomorrow
04. No Holy Man
05. Guardian Angel
06. Can’t Fool The Devil
07. Rivers Of Destiny
08. Dare To Be Different
09. Children Of The Tide
10. Black Widow
11. Jerusalem Sleeps
12. Rock 'N' Roll Children(Dio Cover)
13. Unchain The Night(Dokken Cover)
14. Guardian Angel(Acoustic version)

メロディアス・ハード・ロック・バンド、Eden's Curseの3rdアルバム。

制作発表後に、キーボードのFerdy Doernbergが脱退、Edge Of ForeverのメンバーAlessandro Del Vechioが後任として入ってます。
過去2作同様、ヘヴィなギターリフに伸びやかな歌声が好印象を与えるヴォーカルの歌メロがからむというパターンで、若干メタリックになった印象がありますが、メロディの質は全く落ちていないので安心して聴けますね。

今作の目玉は何と言っても、Dream TheaterJames LaBrieHelloweenAndi Derisの2人がゲストヴォーカルとして参加していることでしょうか。
LaBrieは#04「No Holy Man」でMichaelとヴォーカルを分け合う+全面的なバッキングヴォーカルを披露、Andiは#10「Black Widow」でMichaelとヴォーカルを分け合っています。
これだけでも必聴の価値十分と言えるのでは!!

過去2作同様、キラーチューンがないだけに、惜しい感があってなりませんが、個人的には1stが一番お気に入りです。
今月リリース予定の4枚目の新譜では、どのように化けるか、期待せずにはいられません!!

◆音源紹介
#04 No Holy Man



#10 Black Widow







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Eden's Curse | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Eden's Curse 「The Second Coming」

The Second Coming
86点 / 100点 2008年度アルバム

<メンバー>
Michael Eden(Vocals)
Ferdy Doernberg(keyboards)
Paul Logue(Bass)
Thorten Koehne(Guitars)

<収録曲>
01. Reign of Terror (intro)
02. Masquerade Ball
03. Angels & Demons (Feat.Pamela Moore)
04. Just Like Judas
05. Sail On
06. Lost in Wonderland
07. West Wind Blows
08. Signs of Your Life
09. Man Against the World
10. Raven's Revenge
11. Lost Soul
12. Games People Play
13. Ride the Storm
14. Man Against the World (Alt. mix)
15. What Are You Waiting For(Karaoke. mix)

メロディアス・ハード・ロック・バンド、Eden's Curseの2ndアルバム。

いやぁ~相変わらずいい感じにぐいぐいきますね♪
今回も前作同様、ヘヴィなギターリフに伸びやかな歌声が好印象を与えるヴォーカルの歌メロがからむというパターンでなので、安心して聴くことができます!!
今作はゲストとして、あのQueensrycheの『Operation: Mindcrime』でシスターメアリー役で歌っていた女性ボーカルPamela Mooreが参加しているのが、個人的には嬉しかったです。
※実際に聴くと、シスターメアリーを思い出します(笑

犬の鳴き声、楽しそうなメリーゴーランド?の雰囲気から、1発の銃声により恐怖のドン底におちる悲鳴幕を開ける#01「Reign of Terror (intro)」から#02「Masquerade Ball」への展開は、聴く者を一気に牽きつける効果が絶大!!
そして、Pamela Mooreとの絡みがとてもいい、躍動的なメタリック・チューンである、#03「Angels & Demons」。
サビのメロディがとにかく素晴らしい#04「Just Like Judas」など、終始適度なヘヴィさを保ったメロディアス・ハードとして日本人好みの楽曲が続きます。

この手の音楽が好きな人にはツボをぐいぐい押してくるアルバムなので、是非一聴して欲しいです。
ジャケットは断然前作の方がいい!!(笑


◆音源紹介
#02 Masquerade Ball



#03 Angels & Demons







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Eden's Curse | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Eden's Curse 「Eden's Curse」

Eden's Curse_2007
89点 / 100点 2007年度アルバム

<メンバー>
Michael Eden(Vocals)
Ferdy Doernberg(keyboards)
Paul Logue(Bass)

<収録曲>
01. Book of Life (Intro)
02. Judgement Day
03. Eyes of the World
04. Stronger Than the Flame
05. Voice Inside
06. After the Love Is Gone
07. Fly Away
08. What Are You Waiting For
09. Eden's Curse
10. Don't Bring Me Down
11. Heaven Touch Me
12. Bruce (Intro)
13. Fallen King
14. We All Die Young
15. After the Love Is Gone(Acoustic Version)
16. Eden's Curse(Radio Edit)
17. Voice Inside(Acoustic Demo)

メロディアス・ハード・ロック・バンド、Eden's Curseの1stアルバム。
アメリカ人ヴォーカリストMichael EdenPink Cream 69とも親交のあるPaul LogueRough SilkDomainなどで活躍したFerdy Doernbergらを中心に結成されています。

楽曲はヘヴィなギターリフに伸びやかな歌声が好印象を与えるヴォーカルの歌メロがからむというパターンで、ウェットで湿り気のある叙情メロディがいいですね♪ 弾きまくりのギター、そしてキャッチーでフック満載の楽曲満載です。

映画のサントラのような#01「Book of Life (Intro)」から#02「Judgement Day」への展開、同様に#12「Bruce (Intro)」から#13「Fallen King」への展開は個人的に鳥肌もんです!!
また、#02「Judgement Day」と似たような展開ですが、哀愁があってギターが頑張っている、#03「Eyes of the World」や切ないメロディとメロウなキーボードサウンドがロマンチックな、#06「After the Love Is Gone」、始まりのギターがかっこよく、その後メロディックに展開する#08「What Are You Waiting For」など、終始キャッチャーかつメロディアスな曲が続きます♪

メロハー好きにはたまらない1枚なので、是非聴いて欲しい一枚です!!

◆音源紹介
#03 Eyes of the World



#06 After the Love Is Gone







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

別窓 | Eden's Curse | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。