スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

H.E.A.T 「Address The Nation」

★★★★★★★★☆☆(2012) 87点

2012

Eric Gronwall(Vocals)
Dave Dalone(Guitar)
Eric Rivers(Guitar)
Jona Tee(Keyboards)
Jimmy Jay(Bass, Vocals)
Crash(Drums, Percussion)

<収録曲>
  1. Breaking the Silence
  2. Living On The Run
  3. Falling Down
  4. The One and Only
  5. Better off Alone
  6. In And Out of Trouble
  7. Need Her
  8. Heartbreaker
  9. It's All About Tonight
10. Downtown

スウェーデンのメロディアス・ハード・ロックバンドH.E.A.Tの2年ぶり3rdアルバム。
2010年6月、前任ボーカリストのKenny Leckremoがバンドを脱退したが、オーディション番組「Swedish Idol 」の’09年優勝者のEric Gronwallが新ボーカリストとして加入し、新体制で発表されたアルバムが「Address The Nation」だ。

その新フロントマンEricは若干のハスキー掛った声から、力強く澄んだ歌声まで巧みに使い分けており、充分な実力派シンガーであることが分かる。
キラーチューンこそ無いですが、非常に粒が揃った出来栄えになっており、捨て曲無しで全曲いいですね♪
即効性の強いメロディアスでポップな雰囲気漂うロックだ!!

◆お勧めナンバー
#1「Breaking the Silenceミドル・テンポで力強いオープニング曲。拳をつきあげ「Oh~oh~yeah~!」と一緒に口ずさみましょう♪
#4「The One and Only」
唯一のスロウナンバー。ライブではペンライトが横揺れしそうです(笑
#8「Heartbreaker」これまた、ライブでは皆で大合唱できそうなキャッチーな歌メロが取り入れられたご機嫌ナンバー!!

◆音源紹介
#7  Need Her


#10  Downtown






にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。

スポンサーサイト
別窓 | H.E.A.T | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。