スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

It Bites 「Map of the Past」

★★★★★★★★☆☆(2012) 87点

(2012)It Bites-Maps of the Past


John Mitchell(Vocals、Guitar)
John Beck(Keyboad)
Lee Pomeroy(Bass)
Bob Dalton(Drums)


<収録曲>
  1. Man In The Photograph
  2. Wallflower
  3. Map of the Past
  4. Clocks
  5. Flag
  6. The Big Machine
  7. Cartoon Graveyard
  8. Send No Flowers
  9. Meadow and the Stream
10. The Last Escape
11.
Exit Song

イギリスのプログレハードバンド、It Bitesの2012年作。
2008年の復活作に続く、通算5作目のスタジオアルバムで、ある英国家族の人生をテーマにしたコンセプト作となっています。

シンフォニックな音使いでドラマチックな作品。
流れにそって聴かせるストーリー的な作風でありながら、明快なメロディをもったキャッチーな聴き心地なので難解さはまったく感じさせません。
しかも太作作主義的長尺な曲は配置せず コンパクトにまとめた楽曲群で聴きやすいのも嬉しいですね。
聴きやすさと完成度が両立した、シンフォニックなプログレハードとして楽しめる力作
!!

◆お勧めナンバー
#1「Man In The PhotographラジオのチューニングSEからアコーディオン風のレトロな音色からストリングスを交え徐々に壮大に盛り上がっていくオープニング局♪
#3「Map of the Past」変拍子ながらも軽やかなリズムでポップな曲。
#7「Cartoon Graveyard」#7~#9は組曲風になっており、ポップな仕上がり。
#8「Send No Flowers」#7に続きシンフォニックなアレンジで盛り上がりをみせる。
#9「Meadow and the Stream」展開が多く、ポップなプログレに仕上がってます。

◆音源紹介

#7  Cartoon Graveyard








にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


スポンサーサイト
別窓 | It Bites | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。