スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Rage 「21」

rage_21
81点 / 100点 2012年度アルバム

<メンバー>
Peavy Wagner(Vocals、Bass)
Victor Smolski(Guitars)
Andre Hilgers(Drums)

<収録曲>
01. House Wins
02. Twenty One
03. Forever Dead
04. Feel My Pain
05. Serial Killer
06. Psycho Terror
07. Destiny
08. Death Romantic
09. Black And White
10. Concrete Wall
11. Eternally

ドイツのベテラン・メタル・バンドRageの21作目。

前作『Strings To A Web』は、シンフォニックな組曲をアルバムの中核に据え、その周りを比較的キャッチーで明るめの曲が包囲するという構成で個人的にかなり好みでした♪

彼らの個性のひとつだったシンフォニックな側面については今後Lingua Mortis Orchestraなる別プロジェクトで展開されるということで、今回はへヴィな攻撃性が際立つ内容になっており、ここ数作で最もストレートなパワー・メタルで、かなりハードでヘヴィなアルバムに仕上がってますね。
また、実験的にやってみてるのか、Peavyのヴォーカルスタイルが若干グロウル系に傾いています。

80年代から活動を続けるベテラン中のベテラン故に、安定したクオリティを保持しているとは思うが、歌詞テーマが「死」や「殺人」を扱っている為、全体的にキャッチーな要素が抑えられているように感じられるのが、個人的には残念ながら物足りなさを感じます・・・

◆音源紹介
#02 Twenty One

タイトル曲。おどろおどろしいイントロから激烈スラッシュへ移行し、グルーヴィーに疾走するパワーメタルナンバー!!


#04 Feel My Pain

哀愁のツインギターとメロディックなベースラインで印象的なミドルテンポのパワー・メロディックメタルナンバー!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト
別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Rage 「Soundchaser」

2003
★★★★☆(2003)

ドイツのベテラン、へヴィメタルバンドRAGEの17枚目のアルバムです。

雷鳴轟くSEからテクニカルインストに繋がるエクセレントな序曲①Orgy Of Destructionから間髪入れずに繰り出される重心低く軽快に疾走するメロディアスチューン②War Of Worldsを筆頭に、MEGADETHを連想させるスラッシーなサウンドと欧州パワーメタルを融合したRAGEらしい楽曲が続きます。中でもスリリングなリフで押し寄せてくるタイトルトラック④Soundchaserの素晴らしいこと。。。

疾走曲をメインにミドルテンポの楽曲を効果的に挟み込むというアルバム構成だった前作と比べて、本作はスピーディーでわかりやすい曲を並べた前半と、ヘヴィチューンやミドルを中心とした後半とはっきり分かれているので⑤までのような勢いある曲が後半にも欲しかったかな。
といいつつ、ミステリアスな⑦Flesh And Blood、「メットゥ!」と合唱せずにいられない⑧Human Metalなんかは結構お気に入りだったりします。

アルバムトータルとしても前作で膨らんだ期待を裏切らない内容で、ヘヴィで濃厚な曲調の中でキャッチーなメロディが光るRAGEメタルが堪能できる力作です。

【音源紹介】
Soundchaser


曲目リスト

1. Orgy of Destruction
2. War of Worlds
3. Great Old Ones
4. Soundchaser
5. Defenders of the Ancient Life
6. Secrets in a Weird World
7. Flesh and Blood
8. Human Metal
9. See You in Heaven or Hell
10. Falling from Grace, Pt. 1: Wake the Nightmares
11. Falling from Grace, Pt. 2: Death Is on It's Way

お気に入り:④Soundchaser⑦Flesh And Blood


別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Rage 「Unity」

2002
★★★★☆(2002)

ドイツのベテラン、へヴィメタルバンドRAGEの16枚目のアルバムです。

重戦車のようなイントロから分厚いコーラスへ至る展開が印象的な①All I Want、ダークな曲調の中で明るいサビメロが映える②Insanity、「DOWN!」という歌いどころ(叫びどころ)を設けた③Down、緩急のつけ方が絶妙な④Set This World On Fireという序盤4曲の畳み掛けが強力!その一方でオペラティックなコーラスで独特なメロディを歌う
⑤Dies Irae、インスト小曲⑦Shadowsの旋律を引き継いだ美しいサビとヘヴィなリフの対比が見事な⑧Living My DreamDREAM THEATERを彷彿とさせるテクニカルインスト⑪Unityもあるので作品全体がダイナミズムに溢れているのも高ポイントですね。

【音源紹介】
Unity


曲目リスト
1. All I Want
2. Insanity
3. Down
4. Set This World On Fire
5. Dies Irae
6. World Of Pain
7. Shadows
8. Living My Dream
9. Seven Deadly Sins
10. You Want It, You'll Get It
11. Unity

お気に入り:⑪Unity


別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Rage 「Speak Of The Dead」

2006
★★★☆☆(2006)

RAGEの通算18枚目のアルバム。

本作における最大の話題はやはり何と言っても1曲目から8曲目までを占める、オーケストラとコラボレーションした壮大な組曲「Suite Lingua Mortis」です。

組曲パートはメタリックな③Innocent、ダークかつミステリアスな⑤No Regrets、美旋律に酔いしれるバラード⑧Beautyという3つのボーカル曲を中心に、目まぐるしくも壮大に展開していくという聴き応えのある内容です。

そして、後半パートはアルバム後半1曲目にあたる⑨No Fearに象徴されるように、メロディを聴かせるというよりはガンガン押してくるタイプの曲が多いですね。

ボーナス・トラックは⑪Full Moonの日本語ヴァージョン⑯MICHI-SHI TSUKI(満ちし月)で(他にドイツ語・スペイン語・ロシア語のバージョンを制作したそう)、訳詞がやや気負い過ぎという感が強いこともあって、まあ「ご愛敬」といった程度の仕上がりですかね。

【音源紹介】
Beauty

曲目リスト
1. Suite Lingua Mortis: Morituri Te Salutant, Pt. 1 [Instrumental]
2. Suite Lingua Mortis: Prelude of Souls, Pt. 2 [Instrumental]
3. Suite Lingua Mortis: Innocent, Pt. 3
4. Suite Lingua Mortis: Depression, Pt. 4 [Instrumental]
5. Suite Lingua Mortis: No Regrets, Pt. 5
6. Suite Lingua Mortis: Confusion, Pt. 6 [Instrumental]
7. Suite Lingua Mortis: Black, Pt. 7 [Instrumental]
8. Suite Lingua Mortis: Beauty, Pt. 8
9. No Fear
10. Soul Survivor
11. Full Moon
12. Kill Your Gods
13. Turn My World Around
14. Be with Me or Be Gone
15. Speak of the Dead
16. Michi-Shi Tsuki

お気に入り:⑨No Fear


別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Rage 「Strings To A Web」

2010
★★★★☆(2010)

先輩に教えてもらって、初めて聴いてみたRAGE
ドイツのベテラン・メロディックメタルバンドによる20thです。

音楽性は、正統的でほんのりプログレッシブなジャーマンメタル。
ジャーマンメタル、正統派メタル、ハードロック、プログレッシブ・メタルなどをミックスさせたような感じのメロディックメタルで、中々ありそでなさそな懐の深い音楽なのではないでしょうか。
しかも演奏レベルや曲のクオリティは非常に高く、しかも個性的であるため、さすがベテラン!と納得できる出来になっていますね。

全14曲と結構なボリュームですが、曲によってカラーが違うので色々と楽しめます。
アルバム中盤にどっかと腰を下ろしている5部構成の組曲Empty Hollowを核としたアルバム全体の流れは見事としか言いようがありません!!

【音源紹介】
Empty Hollow

曲目リスト
1.The Edge Of Darkness
2.Hunter And Prey
3.Into The Light
4.The Beggar’s Last Dime
5.Empty Hollow
6.Strings To A Web
7.Fatal Grace
8.Connected
9.Empty Hollow (Reprise)
10.Saviour Of The Dead
11.Hellgirl
12.Purified
13.Through Ages
14.Tomorrow Never Comes

お気に入り⑤Empty Hollow


別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。