スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Treat 「Coup De Grace」

2010
★★★★★★★★★☆(2010)


スウェーデンのメロディアスバンドTreatのオリジナルアルバム
としては18年振りとなる作品にして通算6枚目のアルバム。

いやぁ~、とんでもないバンドと出会ってしまった♪
このバンドを初めて聴いた私ですが、これが予想以上に
素晴らしい作品で驚きました!!
何と言っても楽曲が素晴らしく、
どれもがシングルカットできそうな秀曲揃いで、
このクオリティの高さには脱帽です。

「痒い所に手が届くメロディ展開」が秀逸で
目立たないまでも、しっかりとリズムを刻んでいるドラムもいいですね

イントロ序曲①Prelude:Coup De Graceに導かれて始まる
メロディアスハードのお手本のようなアップテンポ②The War Is Over
サビ部分で、一気に掴みはOKです^^;

アルバム唯一のバラード⑥A Life To Die For
スケールの大きい⑧Skies Of Mongoliaなど、
捨て曲は一切ありません!!

メロハー好きならず、誰にでも聴いて欲しい一枚です!


【音源紹介】
Skies Of Mongolia


曲目リスト
1. Prelude - Coup de Grace
2. The War Is Over
3. All In, Paper Tiger
4. Paper Tiger
5. Roar
6. A Life To Die For
7. Tangled Up
8. Skies of Mongolia
9. Heaven Can Wait
10. I’m Not Runnin’
11. No Way Without You
12. We Own The Night
13. All For Love
14. Breathless.


スポンサーサイト
別窓 | Treat | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Hibria 「Blind Ride」

2011
★★★☆☆(2011)


ブラジルのメロディック・スピード・メタル・バンド
Hibriaの3rdアルバム。

冒頭イントロ曲Blind Rideから一気に盛り上がる、
まるでジェットコースターのようなアルバム♪

超強力なハイトーン・ヴォイスと超テクニカルなバック陣の
エネルギーが高圧力で迫り来るメロディック・メタルは
今回も炸裂!!
前作までと比べると疾走感は低下してしまい、少し丸くなったのでは?
という話も聞きますが、絶えず疾走するツーバスは心地いいです。

メンバー自らのコメントで、「ライブを意識した」とあるように、
ライブでの盛り上がり方が容易に想像できます!!
来日公演が楽しみだ。

【音源紹介】
Welcome To The Horror Show


曲目リスト
1. Blind Ride (Intro)
2. Nonconforming Minds
3. Welcome To The Horror Show
4. Shoot Me Down
5. Blinded By Faith
6. The Shelter's On Fire
7. Beyond Regrets Of The Past
8. I Feel No Bliss
9. Sight Of Blindness
10. Tough Is The Way
11. Rotten Souls
12. I'm Gonna Live Till I Die





にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | Hibria | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

【ニュース】 Gary Moore 死去

とんでもないニュースが飛び込んで来ました!!

『Gary Moore、死去』

ギタリストのGary Mooreが日曜日(2月6日)、休暇で滞在中だった
スペイン、 コスタデルソルのホテルで亡くなった。58歳だった。

現在のところ、死因は明らかにされていませんが、
睡眠中に亡くなったと報道されています。

彼の死を発表したマネージャーは、
あまりに突然のできごとに「まだ信じられない」と
BBCに話しているそうです。
「彼はものすごく元気だった。彼はロックの犠牲者じゃなかった。
健康だった」

北アイルランド、ベルファストで誕生したゲイリー・ムーアは
14歳でバンド活動をスタート。
1969年、16歳のときにSkid Rowへ加入しレコード・デビューを
飾った後、Thin Lizzyに参加。
その後のソロ活動も成功し、レジェンド・ギタリストとしての
地位を確立した。

Thin Lizzyのギタリスト、Scott Gorhamは「『Black Rose』時代、Garyとプレイできたのは素晴らしい体験だった。
彼は素晴らしいギタリストで素晴らしい人間だった」と、
1967年からGary Mooreを知っているという
Brian Downey(Dr)は
「ものすごいショックだ。彼のために祈る。いなくなってしまったなんて信じられない」と哀悼している。

Gary Mooreは2010年春、21年ぶりに来日公演を行なったばかりだった。

あまりに突然だったので今も信じられません。
本当にすばらしいプレイを聴かせてくれた人だけに残念な限りです。
特に気の利いたことも言えませんが、とにかく驚きを隠せません。

「このミュージシャンが観られるのもこれが最後だよねー」なんて
あながち冗談にならないなと思う今日この頃。
観られるときに観た方が絶対いい!!


Gary、あの世でCozyとセッションを楽しんで下さい!!
謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。





にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。