スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Black Veil Brides 「We Stitch These Wounds」

★★★★★★★★★☆(2010) 90点

41T54Lm12oL__SL500_AA300_


Andy Biersack(Vocals)
Jinxx(Guitar)
Jake Pitts(Guitar)
Ashley Purdy(Bass)
Christian "CC" Coma(Drums)


<収録曲>
  1. The Outcasts (Call to Arms)
  2. We Stitch These Wounds
  3. Beautiful Remains
  4. Children Surrender
  5. Perfect Weapon
  6. Knives and Pens
  7. The Mortician's Daughter
  8. All Your Hate
  9. Heaven's Calling
10. Never Give In
11. Sweet Blasphemy
12. Carolyn
13. Knives And Pens [Acoustic] (*)
    (*)日本盤ボーナス・ トラック

アメリカのポスト・ハードコアバンドBlack Veil Bridesの1stアルバムです。
全員、KISSから影響を受けたというゴシックファッションに身を包んでいるのが特徴。

今年1月16日に新作を発表したバンドで、興味を持ったので聴いてみました♪
なんと一目惚れならず、一聴惚れ!!
メタルコアやスクリーモの要素を持ちながら、ベースになってるのは古きよきハードロック。。。
北欧的なメロディックなリードを軸にしたメロディが私好み。
どっしり聴かせるVoは圧倒的なカリスマ性を感じますね。

◆お勧めナンバー
#2「We Stitch These Woundsイントロである1曲目の「We are the Black Veil Brides!!」というフレーズから続く2曲目。強烈なスクリームを披露しながらキャッチーに仕上がってます。
#5「Perfect Weapon」切ない哀愁がいいですね。キャッチーなサビも◎

#6「Knives and Pens」なんかサウンドにスケールの大きさを感じます。やっぱりキャッチーでいいなぁ。。。
#11「Sweet Blasphemy」キャッチーなメロディにコーラス(合唱)が個人的に好き!!

◆音源紹介

#1  The Outcasts (Call to Arms)~
#2
  We Stitch These Wounds


#11  Sweet Blasphemy


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


スポンサーサイト
別窓 | Black Veil Brides | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Pay money To my Pain


私が日本のハードロック・ヘヴィメタルを聴いていたのは高校までで止まっていました。。。
  LOUDNESS    : 1981年~1984年
  EARTHSHAKER : 1983年
  44MAGNUM    : 1983年
  X-RAY        : 1983年

ずっと続いているのは、外国産ばかり。
ようやく最近になって「
陰陽座」、「DIR EN GREY」を知ったぐらいのものです。
そんな中
Pay money To my Painというバンドの存在を知りました!!

きっかけはブログ友達。
ボーカルのKさんが、昨年12月30日に心不全のため急逝し、1月10日に発表されたニュースを読んだブログ友達が、哀悼のコメントを書いていたのを読んで興味が湧いたからです。

---Wikipediaより抜粋---
2004年にGUNDOGの活動を停止したボーカルのKが、新たなメンバーと同年に結成。
2006年にデビュー。
ロックを基盤とし、スラッシュメタルやエモ、ハードコアを取り入れた音楽スタイル。
--------------

YouTubeで検索をして聴いてみると、荒々しさとメロディの美しさが気に入りました!!
まだアルバムは聴いたことがないけど、これから徐々に聴いて行こうと思ってます。
Kさんが亡くなり、今後バンド活動がどのようになるか分かりませんが、応援していきたいですね。
Kさんのご冥福を心からお祈りします。

しかし、日本のバンドも侮れないなぁ~~~
これからいろいろチェックしてみるべし!!

◆音源紹介
Sweetest vengeance
荒々しさとメロディーの美しさがいいですね。
歌詞も情緒的です。


Same as you are
グルーブ感がいい!!
生で見たらカッコイイだろうなぁ~








にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | Pay money To my Pain | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

なんてこった!!

BURRN! 2013年02月号に羨ましい記事が!!
「LIVE AT ZEPP TOKYO, TOKYO, ON NOVEMBER 14, 2012」

Mike Portnoy(ds)、Billy Sheehan(b)、Tony MacAlpine(g)、Derek Sherinian(key)という
ヘヴィ・メタル・シーン屈指のテクニシャン4人がユニットを組んで日本公演を実施していたのだ・・・
情報察知能力に長けている方は何をいまさら・・・って言われるかも知れませんが、全く知りませんでした(汗

この4人は10月からヨーロッパをツアーしており、その後のアジア・ツアーの一環として来日しており、特に音源をリリースしているわけではないので、ライブでプレイされた曲は過去にそれぞれが関わった作品からの曲とカヴァァーのみ。しかし、テクニシャン集団だけあって、エキサイティングなライブとなり、この夢のようなユニットを見られた方は、さぞや興奮した一夜を過ごされたのでしょうね!!

Dream TheaterLiquid Tension Experimentから何曲かプレイしており、オリジナルとは一味違うアレンジを味わってみたかった・・・

[SETLIST]
01.A Change Of Seasons : I. The Crimson Sunrise [Dream Theater]
02.Acid Rain [Liquid Tension Experiment]
03.The Stranger [Tony MacAlpine]
04.Stratus [Billy Cobham]
05.Atlantis Part 1 : Apocalypse 1470 B.C. [Derek Sherinian]
06.(Tony MacAlpine Guitar Solo)
07.Been Here Before [Derek Sherinian]
08.Birds Of Prey(Billy's Boogie) [Tony MacAlpine]
09.(Billy Sheehan Bass Solo)
10.The Farandole [Talas]
11.The Pump [Jeff Beck]
12.(Mike Portnoy Drum Solo)
13.Nightmare Cinema [Derek Sherinian]
14.Hell's Kitchen [Dream Theater]
15.(Derek Sherinian Keyboard Solo)
16.Lines In The Sand [Dream Theater]

<Encore>
17.Shy Boy [Talas]






にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Eclipse 「Bleed & Scream」

★★★★★★★★☆☆(2012) 84点

2012


Robban Back(Drums)
Johan Berlin(Keyboards, Synthesizer)
Magnus Henriksson(Guitar)
Erik Martensson(Bass, Vocals)


<収録曲>
  1. Wake Me Up
  2. Bleed And Scream
  3. Ain't Dead Yet
  4. Battlegrounds
  5. A Bitter Taste
  6. Falling Down
  7. Sos
  8. Take Back The Fear
  9. The Unspoken Heroes
10. About To Break
11. After The End Of The World

スゥエーデンのメロディアス・ハード・ロックバンドEclipseの4thアルバム。
1999年にストックホルムでErik Martensson(Vo、G、B)を中心に、Magnus Henriksson(G)らが加わり結成。2001年にデビュー・アルバムをリリースし、多くの美旋律なハード・ロック・ファンに高評価を得る。
メンバーチェンジを経て2004年Frontiers Recordsと契約し、2ndアルバムをリリース。
その後、Johan Berlin(Key)Robban Back(Ds)らを迎え、2008年3rdアルバムをリリース。
2009年にはイギリスのFIREFESTに出演を果たし、Erikが別プロジェクトW.E.T.での活動を行う。2011年、Erik所有のBlowout Studioにて、本作の制作に着手し、2012年待望の本作をリリース!

基本的な方向性はこれまでと変わらず、エッジの効いたギター・ワークと、溌剌としたヴォーカルをフィーチュアした、メロディアス・ハードの王道を行く作品に仕上がってます♪

◆お勧めナンバー
#1「Wake Me Upウエイク~ミー~アップ♪ サビメロの胸のすくような爽快感が堪りません!!2分55秒あたりのギターが好きだなぁ~~
#2「Bleed And Scream」
やや字余り気味に歌われる歌詞が印象的。
#11「After The End Of The World」ドラマチックでクールな曲♪

◆音源紹介

#1  Wake Me Up








にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | Eclipse | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Hardline 「Danger Zone」

★★★★★★★★☆☆(2012) 80点

2012
Alessandro Del Vecchio(Keyboards, Vocals (Background))
Johnny Gioeli(Vocals)
Francesco Jovino(Drums)
Thorsten Koehne(Guitar)
Anna Portalupi(Bass)



<収録曲>
  1. Fever Dreams
  2. Ten Thousand Reasons
  3. Danger Zone
  4. What I'd Like
  5. Stronger Than Me
  6. Never Too Late for Love
  7. Stay
  8. I Don´t Wanna Breakaway
  9. Look At You Now
10. Please Have a Faith in Me
11. Show Me Your Love
12. The Only One

’91年にNeal Schon(G)が中心となって結成したHardlineの4thアルバム。
デビュー・アルバム「Double Eclipse」(1992年)はメロディアス・ハードの名盤として名高いのは皆さんご承知の通り。
今作では再結成後にNealに替わってバンドを率いていた元ストームのJosh Ramos(G)は参加しておらず、Johnny Gioeli(V)以外は全く新しいメンバーで制作されてますね。

Johnny Gioeliの熱い歌唱によるメロディアス・ハード系の楽曲はどれもクオリティが高く、キャッチーなリード・ギターも光るHardlineらしい作品となっており、Edens Curseのキーボード奏者としても知られる、Alessandro Del Vecchioがプロデュースやソングライティングを手掛けたことにより、1stアルバムに迫るようなクオリティの高いアルバムに仕上がっています!!

◆お勧めナンバー
#1「Fever Dreams」キャッチーなメロディーで勢いがあり、オープニングから掴みはバッチリ!!
#4「What I'd Like」ノリノリでなんか楽しくさせてくれます!!
#5「Stronger Than Me」
Johnnyが哀愁タップリに歌い上げています♪
#9「Look At You Now」
耳にス~っと入ってくるメロディが心地いい!!

◆音源紹介

#4  What I'd Like








にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | Hardline | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

BURRN! 2013年02月号

51Y06vKjp3L__SL500_AA300_













ぎゃぁ~~、年があけてもう20日以上過ぎてしまった・・・
今さらですが、おめでとうございます!!
本年もCDレビュー、ライブレビュー等、気の赴くままに更新していきたいと
思いますので、みなさま宜しくお願いします

さて今年1発目は、購入したBURRN! 2013年02月号のディスク・レビューの
中で私が独断と偏見で聴いてみたいと思ったものをご紹介します!!

HELLOWEEN「STRAIGHT OUT OF HELL」
STRAIGHT OUT OF HELL2013年1月16日発売
86点(kawai)、90点(土屋、広瀬)、84点(藤木)

約2年振りとなる14枚目のスタジオ・アルバム。
ヴォーカル・メロディも印象的なものばかりで、
まさに王者に相応しい作品。

SNAKECHARMER「SNAKECHARMER」
SNAKECHARMER2013年1月23日発売予定
92点(広瀬)

HEARTLANDのボーカル、クリス・ウーズィーや
名手ニール・マーレイなど有名人の集まり。
哀愁に満ちた英国ブルーズ・ロックの傑作。

PINK CREAM 69「CEREMONIAL」
CEREMONIAL2013年1月23日発売予定
80点(藤木)

ライブ盤とDVDを挟んで約6年振りに届けられた11枚目のスタジオ・アルバム。



BLACK VEIL BRIDES「WRETCHED AND DIVINE」
WRETCHED AND DIVINE2013年1月16日発売
88点(幅)

2010年の1stが全米36位、2011年の2ndが同17位と
着実に人気を拡大してきたLAの若き5人組み。
壮大な世界観を持ったダークな物語を紡ぎ上げるコンセプトアルバム。

LIONVILLE「Ⅱ」
LIONVILLE2013年1月30日発売予定
84点(kawai)

JOURNEYやTOTOのような音楽を手本にしつつ、
透明感溢れるヴォーカルと爽やかなサウンドで構築された「これぞメロディアス・ハード」と呼ぶに相応しいアルバム。


他には
2月20日に「NEMESIS」を発売するSTRATOVARIUS。
2月27日に2枚組のコンセプトアルバム「THE LIVING INFINITE」を発表するSOILWORK。
3月13日に「NEXUS」を発売するAMARANTHE。
3月に「THE MYSTERY OF TIME」を発表予定のAVANTASIA。

MASTERPLANやGAMMA RAY、HIBRIAなども新作を届けてくれるようです!!
あとNOCTURNAL RITESには今年こそアルバムを完成させてもらいたいなぁ~~





にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。


別窓 | BURRN! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。