スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Wintersun 「Time I」

★★★★★★★★☆☆(2013) 80点
BURRN! 2013年03月号 82点(伊藤)

2013


Jari Maenpaa(Vocals, Guitar)
Kai Hahto(Drums)
Teemu Mantysaari(Guitar)
Jukka Koskinen(Bass)


<収録曲>
  1. When Time Fades Away
  2. Sons Of Winter And Stars
  3. Land Of Snow And Sorrow
  4. Darkness And Frost
  5. Time
 

フィンランドのヴァイキングメタルバンド、Ensiferumのメンバーだった、マルチプレイヤーのJari Maenpaa(ヤリ・マーエンパー)の実質的なソロユニット、Wintersunの2nd。

徹底的に作りこんだシンセ・ストリングスやシンセ・ブラス、その雄大なサウンドを背景にメロウなメロディを紡ぐツイン・ギターと渋みの効いたヴォーカルが、古代北欧神話のロマンをシンフォニック、かつドラマティックに歌い上げた快作です。
しかし、一応「へヴィなギターリフ」など、メタリックなフレーズは聴けれますが、アグレッシヴな部分が殆ど無いので、Ensiferumのようなイメージで聴くと、肩透かしをくらうことになります・・・
長い曲が多いですが、ファンタジーな映画を想像させたり、彼らの出身国フィンランドの寒々しい凍てつく世界を感じることができるのではないでしょうか。


◆音源紹介
#2  Sons Of Winter And Stars


#5  Time






にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村【ブログランキングに参加してます。】に参加してます。ワンクリックして下されば嬉しいです。

スポンサーサイト

別窓 | Wintersun | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Snakecharmer 「Snakecharmer」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Stratovarius 「Nemesis」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。