スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Diamond Dawn 「Overdrive」

Overdrive
80点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年04月号 84点(kawai)

<メンバー>
Alexander Strandell(Vocals)
Olle Lindahl(Guitars)
Jhonny Goransson(Guitars)
Niklas Arkbro(Keyboad)
Mikael Planefeldt(Bass)
Efraim Larsson(Drums)

<収録曲>
01. Into Overdrive
02. Take Me Higher
03. Crying
04. Standing As One
05. California Rush
06. Indestructible
07. Turn It Up
08. The Hunter
09. Give It All
10. Don't Walk Away
11. Powergames

新旧問わず、良質なメロディアス・ハード系のアルバムを数多く供給し続けるイタリアのFrontiersレコードが自信を持って送り出すスゥエーデン産6人組Diamond Dawnのデビュー作。
EUROPE、TREAT、TNT、PRETTY MAIDSといった北欧の名バンドから、H.E.A.T、THE MAGNIFICENT、DEGREEDといった現代の北欧バンド群を好む美旋律愛好家はマストな作品!!

メロディの雰囲気は、哀愁<爽快といった感じなのですが、アップテンポの楽曲からミドル~バラードに至るまで質自体は非常に高いです。
総じて良くできており、捨て曲もなく楽しんで聴けますが、逆に言えば決定打になる曲がなく目新しさがないのが残念・・・
ゆえに中毒性は低いですが次回作に期待したいです。

同郷のH.E.A.Tに雰囲気が近いような気が・・・(笑

◆音源紹介
#02 Take Me Higher


#04 Standing As One






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Diamond Dawn | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Edguy 「Age Of The Joker」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Seduce The Heaven 「Field Of Dreams」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。