スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Secret Sphere 「A Time Nevercome」

A Time Nevercome
87点 / 100点 2001年度アルバム

<メンバー>
Antonio Agate(Keyboards, Piano)
Andrea Buratto(Bass)
Luca Cartasegna(Drums)
Paco Gianotti(Guitar)
Aldo Lonobile(Guitar)
Roberto Messina(Vocals)

<収録曲>
01. Gate of Wisdom
02. Legend
03. Under the Flag of Mary Read
04. The Brave
05. Emotions
06. Oblivion
07. Lady of Silence
08. The Mistery of Love
09. Paganini's Nightmare
10. Lost Land of Lyonesse
11. Ascension
12. Hamelin
13. Dr. Faustus

イタリアのSecret Sphereの2ndは、四章構成から成るコンセプト・アルバム。
コンセプトは、主人公の孤独な少女が絶望から、自分自身を探していくという展開。
曲の展開はすべて主人公の心境、状況を音で表現しており、話の展開こそは歌詞(対訳)を読まないと理解はし難いが、曲調で大体はどんな展開かは垣間見えるかも?(笑

依然としてヴォーカルは細いし、音質も改善されたとはいえイマイチなのだが、とにかく曲が素晴らしい。
あきれるほど贅沢なメロディ展開を持つ楽曲群は、前作以上にシンフォニックで、ヘヴィさが増してドラマティックで、我々をより魅了してくれます。

メロメロなシンフォ・アレンジを聴かせるキーボードとクワイアによって過剰なまでにドラマティックな演出を施された曲展開は、メロディックなメタルが好きな人は必聴モノですよ!!

◆音源紹介
#03 Under the Flag of Mary Read


#04 The Brave


#08 The Mistery of Love





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Secret Sphere | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Secret Sphere 「Heart and Anger」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Amaranthe 「Amaranthe」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。