スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Royal Hunt 「X」

2010
(2010年)

デンマークのメロディックメタルバンド、Royal Huntの記念すべき
10thアルバム。
いつになくプログレ的な匂いのする力作に仕上がっており、
70年代ロック的なワイルドなギターワークと、
ヴィンテージ調のシンセなど、 きらびやかな壮麗さの中にも、
渋みのあるサウンドをまじえて聴かせつつ、
そこに初期にあったRoyal Hunt節のメロディがしっかり
光っているという印象を感じた。 

曲の中で特に素晴らしいのは、
スリリングなギターとキーボードがすごいことになっている④The Well
サビが印象的な⑤Army of Slaves、純粋なメロディックメタルとして大いに評価できるアップテンポな⑩Falling Down
その他も、女性リードボーカルがフィーチャーされた⑥Shadowman
レインボー調の⑦Back to Square One、メロディーの美しさが
際だつ⑧Blood Red Starsなど、とにかく良い曲が揃っている。

【音源紹介】
見つからない為、変わりに「Martial arts」を・・・

曲目リスト
1. Episode X (Arrival)
2. End Of The Line
3. King For A Day
4. The Well
5. Army Of Slaves
6. Shadowman
7. Back To Square One
8. Blood Red Stars
9. The Last Leaf
10. Falling Down
11. Episode X (Departure)

お気に入り:⑤Army of Slaves⑩Falling Down

スポンサーサイト

別窓 | Royal Hunt | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Metal Scent 「Metal Scent」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Orphaned Land 「Mabool」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。