スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

SecretSphere 「Portrait Of A Dying Heart」

Portrait Of A Dying Heart
82点 / 100点 2012年度アルバム

<メンバー>
Cabriele Ciaccia(Keyboards, Piano)
Andrea Buratto(Bass)
Federico Pennazzato(Drums)
Marco Pastorino(Guitar)
Aldo Lonobile(Guitar)
Michele Luppi(Vocals)

<収録曲>
01. Portrait Of A Dying Heart
02. X
03. Wish & Steadiness
04. Union
05. The Fall
06. Healing
07. Lie To Me
08. Secrets Fear
09. The Rising Of Love
10. Eternity
11. Legend 2012

イタリアのシンフォニックメタルバンドSecret Sphere、2年振り7枚目のアルバム。

前作までフロントマンを務めていたRoberto Messina(Vo)が脱退、本作からはなんと元VISION DIVINEMichele Luppi(Vo)が加入している。
Messinaが脱退したのは本作のレコーディング中。。。
彼のヴォーカルに満足していなかったバンドの中心人物Aldo Lonobile(G)が録り直しの要請をしたが、彼はノーと言い、友好的に袂を分かつこととなったらしい。
雑誌のインタビューでAldoは「ヴォーカルを入れる前の音楽だけだったら10点満点中8点か9点の出来ばえだったけど、歌メロが加わると6点になってしまった為」と答えている・・・

本作はコンスタンツァ・コロンボという作家が書いた「SHE COMPLIES WITH THE NIGHT」という物語に基づいた、精神世界にフォーカスしたコンセプト・アルバム。
こういう歌モノはヴォーカルが代わるとサウンドの雰囲気も大なり小なり変わるものだけれど、このバンドは見間違えるほど変わりました。
というのもLuppiのヴォーカルがまぁ凄い。
透き通るようなハイトーンから少し濁らせたパワフルヴォイスまでどんな歌い方をしても存在感ばっちり!!

ただ、ヴォーカルが代わった為の悪い影響(?)と言っていいのか分からないが、人気のあった初期作品に見られた、このバンド特有のクサさらドラマティシズムが本作からはあまり感じられず、どちらかというとテクニカルなパワー・メタル路線にシフトしまっているような気が・・・
前任者よりも強力なヴォーカリストを得てパワーアップしたといって差し支えないが、Luppiの資質を生かした、よりキャッチーな路線に舵を切ったほうがいいのでは(笑

◆音源紹介
#02 X


#04 Union


#10 Eternity






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Secret Sphere | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Serenity 「Words Untold & Dreams Unlived」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Place Vendome 「Place Vendome」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。