スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

The Magnificent 「The Magnificent」

The Magnificent
87点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Michael Eriksen(Vocals)
Torsti Spoof(Guitars, Keyboad)
ユッカ・カリネン(Keyboad)
サミ・ノールバッカ(Bass)
ロルフ・フィルヴ(Drums)

<収録曲>
01. Holding On To Your Love
02. Cheated By Love
03. Memories
04. Angel
05. Satin & Lace
06. Love's On The Line
07. Bullets
08. Smoke & Fire
09. Tired Of Dreaming
10. If It Takes All Night
11. Lost
12. Harvest Moon
13. Drive

ノルウェーのプログレメタルCircus MaximusのフロントマンMichael Eriksen(Vo)とフィンランドのメロディアスHR/HMバンドLeverageTorsti Spoof(G)がタッグを組んだニュープロジェクトThe Magnificentの1stアルバム。

80年代ロックへのオマージュであるという本作のサウンドは、キラキラしたKeyによるゴージャスなアレンジに彩られたポップなメロディにMichaelがどこまでも伸びていく、情感溢れるクリアなハイトーンボイスで清々しい気持ちにさせてくれ、Torstiは単なる凡庸な爽やかメロハーに終わらせないテクニカルでアグレッシブなザクザクのリフと流麗なリード、そして朗々と歌い上げるメロディックなギタープレイで聴かせてくれます。

全体的なクオリティーが余りにも高いため“突出した曲”がないのが全編をのっぺり聴かせてしまいがちだが、ツブの揃い方は素晴らしいの一言。
だらだらと多くは言いませんが、とにかく「北欧」「透明感」「哀愁」「美旋律」という言葉に反応してしまうメロディックロックファンならば是非とも聴く事をオススメします(笑

可能であれば、2作目が聴きたいものだ。

◆音源紹介
#03 Memories


#04 Angel


#08 Smoke & Fire






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | The Magnificent | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Serenity 「Death & Legacy」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Serenity 「Fallen Sanctuary」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。