スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Circus Maximus 「Isolate」

Isolate
87点 / 100点 2007年度アルバム

<メンバー>
Michael Eriksen(Vocals)
Lasse Finbraten(Keyboards)
Mats Haugen(Guitars)
Truls Haugen(Drums)
Glen Cato Mollen(Bass)

<収録曲>
01. A Darkened Mind
02. Abyss
03. Wither
04. Sane No More [Instrumental]
05. Arrival of Love
06. Zero
07. Mouth of Madness
08. From Childhood’s Hour
09. Ultimate Sacrifice
10. Silence

北欧ノルウェーを代表するプログレッシヴ・メタル・バンドCircus Maximusの2rdアルバムです。
私がこのバンドの存在を知ったのは、2012年にリリースされた3rdアルバム『Nine』からでした・・・

3rdアルバムはどちらかと言うと、「ダーク」と「ヘヴィネス」の要素を保持しつつ、北欧らしい流麗なメロディとドラマ溢れる展開でキャッチーなメロディが充実し作品でした。
しかし、2ndは同様に北欧ならではの叙情性を多分に含みながらも、プログレ的要素が色濃く反映されたアルバムといった感じでしょうか。

プログレと言っても、なんかわかりづらい・小難しいとか、変拍子が多くてノレないとかという訳ではなく、このバンドの場合、変拍子や転調ももちろんあるんだけど、それを気にさせないほど、サビメロをはじめとするメロディはキャッチーで美しくグイグイ引き込まれる展開なのだ。

伸びやかに高らかに歌い上げるMichael Eriksen(Vo)の出す声質は低音ではKamelotRoy Khan(Vo)
伸びやかな高音の所はTNTTony Harnell(Vo)に聴こえる所も感じられてとても聴いていて心地が良いです。

メロディも良く演奏力も高いので、メロハー的な音や北欧サウンドが好きな人なら一聴の価値がある作品だと思います!!

◆音源紹介
#02 Abyss


#05 Arrival of Love


#07 Mouth Of Madness






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Circus Maximus | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Amorphis 「The Beginning Of Times」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Shy 「Shy」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。