スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Serenity 「War Of Ages」

SERENITY_2013
86点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年05月号 84点(kawai)

<メンバー>
Andreas Schipflinger(Drums)
Georg Neuhauser(Vocals)
Thomas Buchberger(Guitars)
Fabio D'Amore(Bass)
Clementine Delauney(Vocals)

<収録曲>
01. Wings Of Madness
02. The Art Of War
03. Shining Oasis
04. For Freedom's Sake
05. Age Of Glory
06. The Matricide
07. Symphony For The Quiet
08. Tannenberg
09. Legacy Of Tudors
10. Royal Pain
11. Fairytales
12. Love Of My Life

オーストリアのメロディック・プログレッシブ・メタル・バンドSerenityの4thアルバム。

今作から女性ヴォーカル(Clementine Delauney)が正式メンバーとして加入しており、適度にオペラティックで明るい声質をしているので、男女の掛け合いはそれなりにドラマティック。
ていうか、それまでも女性のコーラスを入れたアレンジはやっていたので、全然違和感はないです(笑
ただ、ツインヴォーカル体制となったことで、ドラマチックさが増しているのは事実です♪

メロディにはパワーメタルらしい劇的さやパワーが戻ってきており、即効性が高まっているなぁという印象。
合唱出来そうなコーラスや耳を惹き、随所で魅せるギターソロなど、しっかりと聴きどころが用意されており、プログレッシヴ成分は抑え目な為ストレートな作風になっています。
シンフォニックアレンジの強いKamelotという感じで、Kamelotが好きな人は是非!

あっ、Queenの名曲「Love Of My Life」のカバーは嬉しかったです!!
一味違ったカバーバージョンをご堪能あれ(笑

◆音源紹介
#02 The Art Of War


#04 For Freedom's Sake


#05 Age Of Glory


#12 Love Of My Life






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Serenity | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<BURRN! 2013年06月 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | WHITESNAKE Live>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。