スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Stone Sour 「House Of Gold & Bones Part 2」

STONE SOUR_2013
88点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年05月号 91点(前田)

<メンバー>
Roy Mayorga(Drums)
James Root(Guitars)
Corey Taylor(Vocals)
Josh Rand(Guitars)
Rachel Bolan(Bass)

<収録曲>
01. Red City
02. Black John
03. Sadist
04. Peckinpah
05. Stalemate
06. Gravesend
07. ‘82
08. The Uncanny Valley
09. Blue Smoke
10. Do Me A Favor
11. The Conflagration
12. The House Of Gold & Bones
13. Shine (Rough Demo)

アメリカのオルタナティヴ・ヘヴィロックバンドのStone Sourの5枚目アルバム。
壮大なコンセプト・アルバムである前作『House Of Gold & Bones Part 1』に続く第2章となります。

Part1と違ってダークさが増し、ヘヴィでグルーヴィーなヘヴィロックとしての面が広くなったような感じがありますね。
サウンド面は、ボーカル・ギター・ベース・ドラムも無駄なものを一切排除した『斬れ味抜群!!』といった感じ。
特にドラムのキレがよく、味わい深くコクがあります。
Coreyのヴォーカルにしっかりと寄り添うような感じでドラムそのものが"歌って"ます(笑
そしてCoreyの"聴かせる歌"は相変わらず絶妙!!

もし行けたらOZZFEST JAPAN 2013でパフォーマンスを見てみたい・・・
つうか、よく考えたらSlipknot, Stone Sourで来日なんて凄いよなあ~。
Corey、掛け持ち大変だぁ~(笑

◆音源紹介
#01 Red City


#02 Black John


#10 Do Me A Favor


#12 The House Of Gold & Bones






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Stone sour | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Snowfall 「Cold Silence」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | David Bowie 「Space Oddity」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。