スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Amorphis 「Circle」

Amorphis_Circle
88点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年05月号 85点(小澤)、88点(kawai)、91点(山口)、89点(奥野)

<メンバー>
Tomi Joutsen(Vocal)
Esa Holopainen(Guitars)
Tomi Koivusaari(Guitars)
Niclas Etelavuori(Bass)
Santeri Kallio(Keyboards)
Jan Rechberger(Drums)

<収録曲>
01. Shades Of Gray
02. Mission
03. The Wanderer
04. Narrow Path
05. Hopeless Days
06. Nightbird's Song
07. Into The Abyss
08. Enchanted By The Moon
09. A New Day

フィンランドのメロディックデス/メランコリックメタルバンドによる11作目。

Eclipse』『Skyforger』『The Beginning Of Times』の3作品とはやはり違う雰囲気になっていますね。
今回プロデューサーの変更に伴って大きく変化したところは、これまでになくギターが前面に押し出されていることでしょうか。
Tomiのヴォーカルも、グロウルの割合を多くし、クリーンも今までとは違った、より哀愁の漂う表現力がされているのがいいです♪あっ、グロウルが多めといっても、前面に出しているわけではなく、これまでと同様にアクセントとして使用している曲がほとんどです(笑
全体的に勢いと力強さがましており、歌詞のテーマをフィンランドの叙情詩『カレワラ』に求めず完全にオリジナルのストーリーを作ったある意味彼らの新境地。

メランコリーとドラマ性を極限まで高めたAmorphisの音楽的世界観は微動だにしておらず、本作も以前と変わりなくファンにとっては安心して最後まで聴き通す事ができるアルバムだ!!

◆音源紹介
#01 Shades Of Gray


#02 Mission


#03 The Wanderer


#05 Hopeless Days






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Amorphis | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Degreed 「Life, Love, Loss」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Amorphis 「Eclipse」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。