スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Amorphis 「Eclipse」

Eclipse
84点 / 100点 2006年度アルバム

<メンバー>
Tomi Joutsen(Vocal)
Esa Holopainen(Guitars)
Tomi Koivusaari(Guitars)
Niclas Etelavuori(Bass)
Santeri Kallio(Keyboards)
Jan Rechberger(Drums)

<収録曲>
01. Two Moons
02. House Of Sleep
03. Leaves Scar
04. Born From Fire
05. Under A Soil And Black Stone
06. Perkele (The God Of Fire)
07. The Smoke
08. Same Flesh
09. Brother Moon
10. Empty Opening
11. Stone Woman

フィンラインドのメランコリック・メロデスバンドAmorphisの約3年ぶり7thアルバム。
3rdアルバム『ELEGY』からフロント・マンを勤めていたPasi Koskinenが脱退し、新ヴォーカルTomi Joutsenを迎えた新体制でのアルバムとなります。

このTomi Joutsenが情感豊かなクリーン・ヴォイスから野獣の如きグロウルまでこなす幅広い表現力の持ち主。
洗練されたアレンジとフォーク/トラッド色を起点とした叙情的なメロディはそのままに、グロウルを要所要所を締めるアクセントとして非常に効果的に挿入することによって、楽曲の表現力もより豊かに、更に鮮やかになっています!!

ともかく音のヘヴィネスとリズム軽快さ、そして叙情性と攻撃力のバランスが絶妙な作品です♪

◆音源紹介
#02 House Of Sleep


#07 The Smoke






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Amorphis | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Amorphis 「Circle」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Snowfall 「Cold Silence」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。