スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Sturm Und Drang 「Graduation Day」

graduation_day
89点 / 100点 2012年度アルバム
BURRN! 2013年06月号 85点(kawai)

<メンバー>
Andre Linman(Vocals, Guitars)
Jeppe Welroos(Keyboad)
Calle Fahllund(Drums)
Joel Wendlin(Bass)
Jani Kuoppamaa(Guitars)

<収録曲>
01. Your Love Is For Sale
02. Dark Little Angel Of Mine
03. Molly The Murderer
04. Lucky
05. Hammer To Fall
06. Goddamn Liar
07. Fatherland
08. I Hurt Myself
09. Party Like A Rockstar
10. Light Years Apart

フィンランドの若手HR/HMバンドSturm Und Drangの3rdアルバム。
(本国フィンランドでは2012年10月にリリースされており、日本では2013年5月リリースになってますね。)

この4年もの間プロデューサーを3~4回変えたり、メンバーチェンジがあったりと色々ややこしいことがありながらも、じっくり時間をかけて素晴らしいアルバムを作りたかったとBurrn!のインタビューで答えていますが、なるほど!!と思う仕上がりになっています♪
※メンバーチェンジはHenrik Kurkiala(B)Joel WendlinAlexander Ivars(Gt)Jani Kuoppamaa

作風としては1,2作目よりも落ち着いて、しっとり。。。
デビュー時の荒削りさはなりを潜め、凝ったアレンジや隙間のない豪華なサウンド等、貫禄さえ感じさせる完成度の高さで、決して軟弱になったとか、妙な方向転換をしたわけではなく、成熟してきてよりバンドに磨きがかかってきたと言えます。

リーダー・トラックとなった#03「Molly The Murderer」はバラード。これぞ北欧、哀愁の唄メロが秀逸!!
最近は北欧作曲請負人のような感もあるErik Martensson(ECLIPSE, W.E.T.)と共作した#05「Hammer To Fall」は疾走チューンでサビメロ、激キャッチー♪

幅広い世代に通用するであろうメロディの充実した楽曲が並び、個人的にはツボに入りまくりなアルバムでした。
ちなみにヴォーカルのAndreはまだ高校に通っていて今年で5年目だそうです。きっと仕事が急がしすぎるのでしょうね・・・(笑

◆音源紹介
#03 Molly The Murderer


#05 Hammer To Fall


#10 Light Years Apart






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Sturm Und Drang | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Ten 「Stormwarning」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Seventh Wonder 「The Great Escape」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。