スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Ten 「Stormwarning」

STORMWARNING
93点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Gary Hughes(Vocals)
John Halliwell(Guitars)
Neil Fraser(Guitars)
Paul Hodson(Keyboards)
Mark Sumner(Bass)
Mark Zonder(Drums)

<収録曲>
01. Endless Symphony
02. Center Of My Universe
03. Kingdom Come
04. Book Of Secrets
05. Stormwarning
06. Invisible
07. Love Song
08. The Hourglass And The Landslide
09. Destiny
10. The Wave
11. The Darkness(Bonus track)

イギリスのメロディアス・ハード・バンド、Tenの4年振りとなる9thアルバム。

実はこの時、正直言って私はTenのことを全く知りませんでした(汗
中世を感じさせるジャケットに惹かれ、「美しき旋律が薔薇のごとく折り重なり芳醇な香りを放つ芸術作」という帯の文言にも興味を持ち、衝動買いをしたアルバムでした。。。
これが大当たり!!

叙情的な旋律美とギター・ソロに象徴されるメタリックな要素を絶妙にミックスさせたメロディアス・ハードな#01「Endless Symphony」で幕を開け、全体的に低音~中音域を活かした重厚で英国ならではのドラマティックな世界に誘ってくれ、Gary Hughes(Vo)の決して声を張り上げないエモーショナルなヴォーカルや叙情性をたっぷり含んだギターやキーボードのメロディ、シンフォニーアレンジなど、独特の気だるさとゆるいメロディ満載の作品に仕上がっている♪

哀愁漂うメロディが溢れてくる#03「Kingdom Come」。
緻密で重量感を保ちつつ、哀愁の旋律美を醸し出すタイトル・トラックである#05「Stormwarning」。
アコギとピアノの優しい音色で流れていき、ポップなサビでドラマティックに盛り上がるバラード#07「Love Song」。
情感たっぷりのギターにキラキラキーボードとアップテンポなリズムで楽しげに進んでいくポップなAOR/メロハーナンバーでGary節が満喫できる#08「The Hourglass And The Landslide」。
泣きのメロが琴線を刺激する#09「Destiny」。

即効性はないものの、聴けば聴くほどじわじわと素晴らしさが浸透くる良盤ですね♪

◆音源紹介
#01 Endless Symphony


#03 Kingdom Come


#05 Stormwarning


#08 The Hourglass And The Landslide






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Ten | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Ten 「The Name Of The Rose」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Sturm Und Drang 「Graduation Day」>>

この記事のコメント

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。
TENも自分は大好きですが、少々気になることは、
少しずつレベルが下がってきているような感じがします。
もちろん、どのアルバムも素晴らしいですが。
彼らにはこれからも活動を続けてほしいですね♪
そういえば、ブログを更新しました。
STREET TALKは、ベスト・アルバムを購入したほうがよろしいかと。
それではまた♪
2013-06-04 Tue 20:44 | URL | メロディアスHM/HR! #- [内容変更]
こんばんわ。
こちらこそ自分の知らないアーティストを色々紹介してもらい、有難く思っています♪
やはりいい音楽に出会えるというのは、幸せなことですね(^^;
TENは「The Name Of The Rose」が凄すぎるのかなぁ・・・
最近はメンバーチェンジも多く、Gary Hughesさえ居ればかろうじてTENの色をキープしている感が強いですね。。。

STREET TALK。
ベスト盤了解しました。探してみます(^^;

それではまた!!
2013-06-04 Tue 23:09 | URL | テンちゃん #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。