スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Circus Maximus 「The 1st Chapter」

The 1st Chapter
87点 / 100点 2005年度アルバム

<メンバー>
Michael Eriksen(Vocals)
Espen Storo(Keyboards)
Mats Haugen(Guitars)
Truls Haugen(Drums)
Glen Cato Mollen(Bass)

<収録曲>
01. Sin
02. Alive
03. Glory Of The Empire
04. Biosfear
05. Silence From Angels Above
06. Why Am I Here
07. The Prophecy
08. The 1st Chapter
09. Haunted Dreams

ノルウェーのプログレッシヴ・メタル・バンドのCircus Maximusの1st。2ndアルバム『Isolate』の大ブレイクを受け、順番は逆になったものの、日本盤リリースが実現していますね♪

デビューアルバムにして、既に高水準な完成度を誇り、ただのDream Theaterフォロワーで片付けられない魅力が詰まった作品になってます。北欧ならではのメロディ・センスとそのメロディの魅力を最大限に引き出している、軽やかでよく伸びるMichaelのハイトーン・ヴォイス!!
プログレ・メタルであるにもかかわらず、キャッチーに聴かせるところなどはさすがと言いたい。またドラマ性を高めながらも聴いていて心地よさを感じさせる楽曲構築センスはスバ抜けているのではないでしょうか。

メロディも良く演奏力も高いので、メロハー的な音や北欧サウンドが好きな人なら一聴の価値がある作品だと思います!!

◆音源紹介
#02 Alive

キャッチーでありながら、飽きさせることなく曲を聴き続けさせる魅力があり、美しく優雅さを感じさせるメロディは絶品!!


#04 Biosfear

テクニカルでスリリングなプレイの応酬、それでいてメロディックな構成には非常に興奮させられます♪
この曲が最もDream Theaterポイかな(笑


#07 The Prophecy

アコースティック調に始まり、ややヘヴィなリフセクションを経て、キャッチーなメロディアスハード風な大サビへと展開する楽曲構築力に脱帽!!


#08 The 1st Chapter

タイトル曲。19分に及ぶ大作で泣きのGソロやスリリングな演奏パート、バラード・パートと聴かせどころ満載ですが、ちょっと無駄に長い気がするのがもったいないです。






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Circus Maximus | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<James LaBrieとDream Theaterの新譜リリース決定♪ | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Demon 「Night Of The Demon」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。