スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

The Rasmus 「Hide From The Sun」

Hide From The Sun
90点 / 100点 2005年度アルバム

<メンバー>
Lauri Johannes Ylonen(Vocals)
Eero Heinonen(Bass)
Pauli Rantasalmi(Guitar)
Aki Markus Hakala(Drums)

<収録曲>
01. Shot
02. Night After Night (Out Of The Shadows)
03. No Fear
04. Lucifer's Angel
05. Last Generation
06. Dead Promises
07. Immortal
08. Sail Away
09. Keep Your Heart Broken
10. Heart Of Misery
11. Don't Let Go
12. Trigger
13. No Fear (Vrenna Remix)

2005年にリリースされた、北欧フィンランドを代表するオルタナティヴ・ロック・バンドThe Rasmusの6thアルバム。

圧倒的なまでのメランコリックで美しいメロディを主軸に、ゴシック風味のダークなムードとヘヴィなリフワークで彩られた、素晴らしい作品です。前作よりギターリフを中心に展開していくパートが多く、アルバムを通しても若干ヘビーになった印象がありますが、彼らの最大の魅力である哀愁漂うメロディは健在!!この寒々しいまでの、「哀愁」という言葉では生ぬるい、「悲愴感」とでも形容したいメランコリックな味わいは、北欧フィンランドという国のもつ国民性なのでしょうか?

それにしてもやはり魅力的なのが、Lauriのハスキーで若々しい味わいのあるヴォーカルです。次々と繰り出される、切々と綴られる切ない味わい。胸を締め付けられる想い。。。
もう最高です!!

全曲シングルカット出来る、捨て曲一切無しのアルバム。
多くの人に聴いていただきたい、お勧めの一枚です。

◆音源紹介
#01 Shot

思い切り聴かせるメロディセンスの塊のような曲。オープニングナンバーからしてこの素晴らしさ♪


#03 No Fear

即効性が非常に高く、メロディが無茶苦茶いい曲です。哀愁たっぷりのコーラス、サビの盛り上がりは流石の展開だなぁ~


#08 Sail Away

やさしいメロディーと演奏が胸を締め付ける。間奏の弦楽器がこれまた涙を誘うんです・・・何て切なくて美しい曲なんだろう。


#09 Keep Your Heart Broken

#03「Sail Away」からの流れがやば過ぎです!!とにかくサビの泣きメロが最高。その辺の泣きメロとはレベルが違います。とにかく素晴らしい。これはメロディのせいというのもあるけど、やっぱりLauriのあの声があってのこと!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | The Rasmus | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Lillian Axe 「XI The Days Before Tomorrow」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Black Star Riders 「All Hell Breaks Loose」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。