スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Pretty Maids 「Sin-Decade」

Sin-Decade
87点 / 100点 1992年度アルバム

<メンバー>
Ronnie Atkins(Vocals)
Ken Hammer(Guitars)
Michel Fast(Drums)
Kenn Jackson(Bass)

<収録曲>
01. Running Out
02. Who Said Money
03. Nightmare In The Neighbourhood
04. Sin-Decade
05. Come On Tough, Come On Nasty
06. Raise Your Flag
07. Credit Card Lover
08. Know It Ain't Easy
09. Healing Touch
10. In The Flesh
11. Please Don't Leave Me

デンマークの大ヴェテラン・バンド、Pretty Maidsの4thアルバム。

1992年といえば、もう社会人・・・
だんだんHM/HR系に戻ってきつつありましたが、このアルバムも最近になっての初聴きです(汗
(前回と同じような出だしですいません・・・)

北欧メタル色は薄れましたが彼ららしいヘヴィな曲調が炸裂してますね。疾走曲もあれば、#02、#03、#07のようなタメのある曲も、#08のポップな曲もあり、相変わらずHMとHRのバランスの取れたアルバムで最後まで飽きさせません!!

一般的には、ラストを飾るJohn Sykes & Phil Lynottのカヴァー曲#11「Please Don't Leave Me」が単体で知られすぎてしまったために、その1曲のためのアルバムだと思われている節がありますが、重厚なリフにわかりやすいメロディ、さびのコーラス、複雑ではないが静動織り交ぜた曲構成で「アルバム単位」で勝負できる名盤です!!

◆音源紹介
#01 Running Out

重く疾走するドラムから重厚なギターリフ、そしてヴォーカルとギターのユニゾンへと最高のインパクトです♪


#04 Sin-Decade

威厳に満ちたイントロがめっちゃカッコいい!! ヘヴィでハードでスピーディ。ギターが走りまくり(笑


#11 Please Don't Leave Me

世紀の名曲、John Sykes & Phil Lynottのカバー曲!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Pretty Maids | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Black Star Riders 「All Hell Breaks Loose」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Pretty Maids 「Future World」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。