スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Rage Of Angels 「Dreamworld」

Dream World
81点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年03月号 81点(前田)

<メンバー>
Ged Rylands(Guitars, Keyboards, Backing Vocals)
Martin Kronlud(Guitars)
Pera Johanssen(Drums)
Michael Carlsson(Bass)

David Reed Watson(Vocals)
Matt Alfonzetti(Vocals)
Robert Heart(Vocals)
Tommy Denander(Guitars)
Harry Hess(Vo/ex-Harem Scarem)
Robert Hart(Vo/ex-Bad Company)
Danny Vaighn(Vo/Tyketto)
Raplh Sceepers(Vo/Primal Fear)
Vinny Burns(G/ex-TEN)
Neil Fraser(G/ex-TEN)
Ralph Santolla(Vo/ex-Millenium)

<収録曲>
01. Dreamworld (Vo:Matt Alfonzetti、Lead-G:Neil Fraser)
02. See You Walking By (Vo:Harry Hess、Lead-G:Neil Fraser)
03. Through It All (Vo:Robert Heart、Lead-G:Neil Fraser)
04. Over and Over (Vo:Danny Vaighn、Lead-G:Neil Fraser)
05. Prelude for the Gods (Instrumental)
06. Falling (Vo:Raplh Sceepers、Lead-G:Neil Fraser)
07. The Beating of Your Heart (Vo:David Reed Watson、Lead-G:Tommy Denander)
08. Spinnin Wheel (Vo:Danny Vaighn、Lead-G:Neil Fraser)
09. Requiem for the Forgotten Soldier (Vo:Ralph Santolla、Lead-G:Martin Kronlud、Vinny Burns)
10. We Live, We Breathe, We Die (Vo:Robert Hart、Lead-G:Vinny Burns)

TENGed Rylands(key)が2011年発足したプロジェクト・バンドRage Of Angelsのデビュー作。
参加している豪華なメンバーを見ただけで興味がそそられますね♪

メタリックな曲、ポップな曲、哀愁ナンバー、どれをとっても大変聴き応えのあるサウンド、そして叙情性のあるメロディで憂いを帯び湿り気を湛えた非常にクオリティの高い楽曲・・・
じっくりと浸れる作品です!!

TENThunderなどが好きな人にはお薦めなアルバム!!

ちなみにバンド名のRage Of Angelsは、Gedが挿入曲を書くのに深く感動を受けたというBruce Meeの書いた歌詞から取っていて、この楽曲は2014年リリースされる次回作で披露されることになっています。
序章ともいえる、本作のクオリティを考えると、次回作が楽しみでたまりません♪

◆音源紹介
#02 See You Walking By

じわじわと心に残っていく哀愁のメロディがいいですね♪






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Rage Of Angels | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Dragonland 「Starfall」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | The Poodles 「Tour De Force」>>

この記事のコメント

これは…
安心して聴ける演奏ですね!
ギターもキーボードもコーラス・ワークもバランスが良い。
「See You Walking By」は、かなり日本人好みなサウンドだと思います。

思えば、日本も90年代はこんなロックがいっぱいありました。
最近はロックどころか、一部のアイドル以外全滅みたいなカンジですが…。
2013-07-20 Sat 21:32 | URL | Beat Wolf #- [内容変更]
Re: これは…
コメント有難うございます。

このバンドはゲストミュージシャンが素晴らしく、
プロジェクトバンドではありますが、
今後期待が出来る有望なバンドだと思います(^^)

私たちが北欧などの音楽を好むのと同様に、
諸外国の人たちは、日本のアイドルが大好きですよね。
無いものネダリのご時世です(笑

これからも、宜しくお願いします♪
2013-07-21 Sun 21:36 | URL | テンちゃん #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。