スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

The Poodles 「Tour De Force」

Tour De Force
93点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年07月号 92点(幅)

<メンバー>
Jakob Samuel(Vocals)
Christian"Kicken" Lundqvist(Drums)
Pontus Egberg(Bass)
Henrik Bergqvist(Guitars)

<収録曲>
01. Misery Loves Company
02. Shut Up!
03. Happily Ever After
04. Viva Democracy
05. Going Down
06. Leaving The Past To Pass
07. 40 Days And 40 Nights
08. Kings & Fools
09. Miracle
10. Godspeed
11. Now Is The Time
12. Only Just Begun

スウェーデンのハード・ロック・バンドThe Poodlesのスタジオアルバムとしては2年振り5枚目となるアルバム。

いやぁ~、想像以上に良かったです♪
全曲通してコーラスワークは抜群だし、哀愁を湛えたキャッチーでなじみやすいメロディを取り入れたまさに捨て曲なしの作品ではなかろうか。
ヴォーカルのJakobは少し耳に引っ掛かるクセのある声を硬軟自在に使い分け、確かな表現力でメロディを印象づけ、Henrikも煌びやかなギターで味わい深さを演出している。
過去作との比較は出来ませんが、本アルバムはバスドラがずっしりと響いてき、低音強調してよりロックっぽく力強くなっている音作りが、個人的に好みです♪

Burrn!で92点という高得点がついたのも納得です。
過去作も聴いてみたくなりました。

しかし、北欧は良質なロックが多くてたまりませんね(笑

◆音源紹介
#01 Misery Loves Company

程よい疾走感を持たせつつ、冒頭からガツンと聴かせてくれるキャッチーな曲!!


#02 Shut Up!

曲が始まった瞬間、Van Halenを想像してしまった(笑
非常にキャッチーで思わず口ずさんでしまいます。 まさにアリーナ・ロック!!


#06 Leaving The Past To Pass

ストリングスとピアノが印象的な切ないバラード・・・


#07 40 Days And 40 Nights

先行シングルとなった曲。爽やかな感じが好感持てます♪






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | The Poodles | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Rage Of Angels 「Dreamworld」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Lillian Axe 「XI The Days Before Tomorrow」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。