スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Masterplan 「Masterplan」

Masterplan
88点 / 100点 2003年度アルバム

<メンバー>
Jorn Lande(Vocals)
Roland Grapow(Guitars)
Jan Eckert(Bass)
Axel Mackenrott(Keyboads)
Uli Kusch(Drums)

<収録曲>
01. Sprit Never Die
02. Kind Hearted Light
03. Soulburn
04. Heroes
05. Into The Light
06. Through Thick And Thin
07. Crawling From Hell
08. Crystal Night
09. The Kid Rocks On
10. Sail On
11. When Love Comes Close (※)
  (※) Bonus Track For Japan

Helloweenを脱退した(解雇された)Roland GrapowUli Kuschの2人が新たに始動させたバンドMasterplanの1st。

キーボードにはChildren Of BodomJanne Wirmanが参加し(ただし正式加入はせず本作完成後、Uliの友人でAxel Mackenrottが加入)。ベースはIron Saviorを脱退したJan Eckertが加入している。

そしてヴォーカルは最初の候補はSymfony XRussell Allenだったがパーマネントな参加が出来ないということで断念。次にMichael Kiskeに打診するも、当時、意図的にHMから距離をとっていたKiskeはあくまでヘルプとして全曲歌う事を了承するも正式加入は断っており、結局#4と#10のゲスト参加のみとなっている。
最終的にはVagabondMilleniumArkなどで知られた実力派のノルウェー人シンガーJorn Landeが加入することとなる。

メンツを見るとやはり期待せずにはいられない!!
アルバムとしては一発で気にいるアドレナリン爆発のメロスピ系ではなく、聞き込むほどにどんどんよくなっていき、玄人向けの大人の仕上がりになっているのがいいですね♪
ヴォーカルのJornの反則的な上手さを持ったソウルフルなヴォーカルを活かした骨太のHR/HMを展開しており、バラエティに富んだ楽曲群を様々な声の表情で歌い感動させてくれます!!

また演奏陣も、パワフル&タイトなUliのドラム・プレイは素晴らしいし、メロディを大事にしたRolandのギター・プレイには魅了されっぱなしだ♪
音源紹介した曲以外でも、#06「Through Thick And Thin」や#09「The Kid Rocks On」なども素晴らしく、捨曲なしの良い意味で高次元でバランスの取れたサウンドに仕上がっており、名盤確定でしょう!!
あえて言うなら後半ちょっとテンションが落ちてるところかな(笑

◆音源紹介
#01 Sprit Never Die

1曲目だけあって、凄くメロディアスで楽曲展開も完璧!!
サビになんともいえない力強さを感じます♪


#03 Soulburn

ミドルテンポでダークな雰囲気だけど、ヴォーカルと荘厳なキーボードのアレンジで重々しくなり過ぎてなく、名曲だと思うんだけどなぁ~


#04 Heroes

JornKiskeの堪らない贅沢なコラボが楽しめる曲で、期待を裏切りませんね♪


#10 Sail On

イントロからカッコよさ全開!! 個人的に出だしのUliのプレイに惚れた(笑
サビのメロディもかっこよく、Rolandのギターソロもいいんだよなぁ~






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Masterplan | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Masterplan 「Aeronautics」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Dark Moor 「The Hall Of The Olden Dreams」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。