スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Vandroya 「One」

One
83点 / 100点 2012年度アルバム

<メンバー>
Daisa Munhoz(Vocals)
Marco Lambert(Guitars)
Rodolfo Pagotto(Guitars)
Giovanni Perlati(Bass)
Otavio Nunez(Drums)

<収録曲>
01. All Becomes One
02. The Last Free Land
03. No Oblivion For Eternity
04. Within Shadows
05. Anthem (For The Sun)
06. Why Should We Say Goodbye?
07. Change The Tide
08. When Heaven Decides To Call
09. This World Of Yours
10. Solar Nigh
11.Why Should We Say Goodbye (Piano Version) (※)
  (※) Bonus Track For Japan

ブラジル出身のメロディック・パワー・メタル・バンドVandroyaのデビュー作です。
デビュー作と言っても、そこら辺のポっと出の新人とは違い、結成は2001年まで遡るという10年選手のベテランバンド(驚
HibriaIuri Sansonが中心に展開したメタル・オペラ・プロジェクト『Soulspel』にも参加していたという女性ヴォーカルDaisa嬢をメインに据えたツインギターを含む5人組となってます。

楽曲としては音数が非常に多く、特にドラムのパワフルで手数足数の多い演奏は圧倒されますね!!
Angraっぽい感じのプログレッシヴな様相も漂っててポテンシャルの高さはかなりのものではないでしょうか。
Daisa嬢はエネルギッシュで圧倒的な存在感を放つ強烈なヴォーカルさんで、ハイトーンもバラードもその伸びやかなパワフルヴォイスで歌い上げてます!!

次世代ブラジリアン・メタルを担うバンドになれることを期待しましょう(笑

◆音源紹介
#02 The Last Free Land

イントロから導かれる疾走ナンバー!!


#06 Why Should We Say Goodbye?

思いの丈を全てぶつけてくるような、切なさを内に秘めたDaisa嬢の熱い歌声が胸を打つ感動的なパワーバラード!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Vandroya | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Masterplan 「Mk II」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | James LaBrie 「Elements Of Persuasion」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。