スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

The Poodles 「Performocracy」

Performocracy
89点 / 100点 2011年度アルバム

<メンバー>
Jakob Samuel(Vocals)
Christian "Kicken" Lundqvist(Drums)
Pontus Egberg(Bass)
Henrik Bergqvist(Guitars)

<収録曲>
01. I Want It All
02. Until Our Kingdom Falls
03. Father To A Son
04. I Believe In You
05. Cuts Like A Knife
06. As Time Is Passing
07. Love Is All
08. Your Time Is Now
09. Action!
10. Bring Back The Night
11. Vampire's Call
12. Into The Quiet Night
13. Don’t Tell Me (※)
  (※) Bonus Track For Import

スウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンドThe Poodlesの4th。

本作品はスロー/ミドルなナンバーが多く、渋めで明るいメロハーというよりも少々ダークな作風。
しかしながら1回聴いたら直ぐにでも口ずさめるようなキャッチーなメロディに溢れていて、個人的には好盤!!
まさに古き良き質感と現代的なクオリティが融合した、伝統を受け継ぐHR作品ですね♪

ヴォーカルのJakobはちょっとハスキーな声質の中音域ベースでなかなか魅力的だと思う・・・

◆音源紹介
#01 I Want It All

神秘的な雰囲気がありながらキャッチーなコーラスラインが魅力的!!


#05 Cuts Like A Knife

シングルカット曲。ウェットでキャッチーな哀愁メロハーな曲♪
なんかチャーリーズ・エンジェルみたい(笑


#07 Love Is All

ギター響きが心地いい、ちょっとダークな雰囲気。






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | The Poodles | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<AEROSMITH Live | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Hibria 「Silent Revenge」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。