スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Hibria 「Silent Revenge」

Silent Revenge
89点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年08月号
   80点(小澤)、90点(広瀬)、89点(大野)、85点(前田)

<メンバー>
Iuri Sanson(Vocals)
Abel Camargo(Guitars)
Renato Osorio(Guitars)
Benhur Lima(Bass)
Eduardo Baldo(Drums)

<収録曲>
01. Silent Revenge
02. Lonely Fight
03. Deadly Vengeance
04. Walking To Death
05. Silence Will Make You Suffer
06. Shall I Keep On Burning
07. The Place That You Belong
08. The Scream Of An Angel
09. The Way It Is
10. Bleeding On My Regrets(※)
  (※) Bonus Track For Japan

ブラジルのヘヴィメタルバンドHibriaの4thアルバム。

本作では、曲作りの中心人物であり、ツインギターの方翼を担っていたDiego Kasper(G)が脱退し、Magiciaなどで活動していたRenato Osorio(G)に変わっています。

いきなりスラッシーなリフから始まり、「おっ、今までとなんか違うぞ!!」と思わせてくれます♪Iuriの超絶ハイトーンで圧倒する熱い熱いパワーメタルを期待していた従来のファンの方にはちょっと物足りなさを感じるかも知れませんが、個人的にはちょっぴりモダンな音作りにスラッシーでグルーヴィーなリフを中心としたサウンドに変化した本作は、かなり好印象です!!

音源が見当たらなかったので紹介出来ませんが、個人的にはメロディアスなヴォーカルからミドルテンポに転調するドラマチックなナンバーな#06「Shall I Keep On Burning」や、ヘヴィなリフから始まるアップテンポナンバーでギターと歌メロがとてもメロディアス。途中のドラムソロっぽいのがたまらない#09「The Way It Is」などがお気に入りです♪

◆音源紹介
#01 Silent Revenge

いきなりスラッシーなリフから始まり、Iuriの超絶技巧ハイトーンヴォーカルが乗っかって、恰好いい曲だ!!


#05 Silence Will Make You Suffer

力強くて勇ましく、ヘヴィで格好いいメタルチューン!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Hibria | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<The Poodles 「Performocracy」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Battle Beast 「Battle Beast」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。