スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Rage 「21」

rage_21
81点 / 100点 2012年度アルバム

<メンバー>
Peavy Wagner(Vocals、Bass)
Victor Smolski(Guitars)
Andre Hilgers(Drums)

<収録曲>
01. House Wins
02. Twenty One
03. Forever Dead
04. Feel My Pain
05. Serial Killer
06. Psycho Terror
07. Destiny
08. Death Romantic
09. Black And White
10. Concrete Wall
11. Eternally

ドイツのベテラン・メタル・バンドRageの21作目。

前作『Strings To A Web』は、シンフォニックな組曲をアルバムの中核に据え、その周りを比較的キャッチーで明るめの曲が包囲するという構成で個人的にかなり好みでした♪

彼らの個性のひとつだったシンフォニックな側面については今後Lingua Mortis Orchestraなる別プロジェクトで展開されるということで、今回はへヴィな攻撃性が際立つ内容になっており、ここ数作で最もストレートなパワー・メタルで、かなりハードでヘヴィなアルバムに仕上がってますね。
また、実験的にやってみてるのか、Peavyのヴォーカルスタイルが若干グロウル系に傾いています。

80年代から活動を続けるベテラン中のベテラン故に、安定したクオリティを保持しているとは思うが、歌詞テーマが「死」や「殺人」を扱っている為、全体的にキャッチーな要素が抑えられているように感じられるのが、個人的には残念ながら物足りなさを感じます・・・

◆音源紹介
#02 Twenty One

タイトル曲。おどろおどろしいイントロから激烈スラッシュへ移行し、グルーヴィーに疾走するパワーメタルナンバー!!


#04 Feel My Pain

哀愁のツインギターとメロディックなベースラインで印象的なミドルテンポのパワー・メロディックメタルナンバー!!






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Kamelot 「The Fourth Legacy」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Dark Moor 「Tarot」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。