スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Kamelot 「Karma」

Karma
91点 / 100点 2001年度アルバム

<メンバー>
Roy Khan(Vocals)
Thomas Youngblood(Guitars)
Glenn Barry(Bass)
Casey Grillo(Drums)

<収録曲>
01. Regalis Apertura
02. Forever
03. Wings Of Despair
04. The Spell
05. Don't Your Cry
06. Karma
07. The Light Shine On You
08. Temples Of God
09. Across The Highlands
10. Elizabeth Part I: Mirror Mirror
11. Elizabeth Part II: Requiem for the Innocent
12. Elizabeth Part III: Fall from Grace
13. Future King

アメリカ産、シンフォニック・メタル・バンドKamelotの5thアルバム。

アメリカ産ながら極めて欧州的なサウンドを有した音楽性を追求し、ドラマティックで劇的に展開する楽曲の数々は、聴く者を唸らせるすばらしい楽曲ばかり。
程好くシンフォニックでメロディも絶品で哀愁もしっかりと刻み込まれているサウンドは個人的に非常に好み♪

抜群の歌唱力で妖艶に歌い上げるKhanのヴォーカルは前作を凌駕するほど素晴らしく、非常に完成度の高い作品ですね。

◆音源紹介
#02 Forever

ノルウェーの作曲家、エドヴァルド・グリーグの「ソルヴェイグの歌(Solveigs Sang)」を引用した、インストに続くドラマチックな疾走チューン!!


#04 Don't Your Cry

Khanの絶品ヴォーカルが堪能できる儚いバラード♪


#06 Karma

最初のピアノメロが印象的でメロディアスなサビメロがたまらない!!
映画のテーマ曲とかになってもおかしくない、この壮大なドラマティックさはこのアルバム随一の存在感を放ってます♪


#10 Elizabeth Part I: Mirror Mirror
#11 Elizabeth Part II: Requiem for the Innocent
#12 Elizabeth Part III: Fall from Grace

「血の伯爵夫人」エリザベス・バソリー(Elisabeth Bathory von Ecsed)を題材にした3部構成で、永遠の若さを保つために処女の生き血に浸かったというこのテーマはブラック・メタルでも頻繁に扱われています。
#10で悲壮感と恐怖感を上手く描写し、#11で静と動を見事に表現。そして#12でパワフルでアグレッシブな疾走チューンとなる見事な構成です♪






◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Kamelot | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Kamelot 「Epica」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Kamelot 「The Fourth Legacy」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。