スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

James LaBrie 「Impermanent Resonance」

IMPERMANENT RESONANCE
80点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年09月号 85点(伊藤)

<メンバー>
James LaBrie(Vocals)
Matt Guillory(Keyboards, Background Vocals)
Marco Sfogli(Guitars)
Peter Wildoer(Drums, Screams)
Ray Riendeau(Bass)

<収録曲>
01. Agony
02. Undertow
03. Slight Of Hand
04. Back On The Ground
05. I Got You
06. Holding On
07. Lost In The Fire
08. Letting Go
09. Destined To Burn
10. Say You're Still Mine
11. Amnesia
12. I Will Not Break
13. Unraveling
14. WHY
15. I Tied (Jason Miller Remix)

James LaBrie名義のソロとして3枚目となるアルバム。

このアルバムのレコーディングと、タイミング的にはDream Theater(以下DT)のレコーディングは重なっていたはずで、LaBrieとしては非常にハードな時期だったと思います。
だって、今日は自分のレコーディング、明日はDTのレコーディング・・・って感じで、楽曲が全く違うから歌い方も変えないといけないだろうからね・・・

メンバーは前回と同じテクニシャン揃いの演奏陣なので、密度の濃い安定したプレイが堪能できます。
楽曲も前回と同じ路線で、Peter Wildoerのスクリームをアクセントにのせた作風になっており、#01「Agony」からWildoerのブラスト・ビートにスクリームで始まり、いきなりガツンときます!!
ただ、Wildoerのスクリームをこんなに多用する必要があるのか?っていうぐらい多いので、どうしても似たような感じの曲が多くなっており、ちょっと飽きる気もします・・・

スクリームがなく、LaBrieがじっくり・しっとりと歌い上げている、#04「Back On The Ground」や#10「Say You're Still Mine」などはやっぱり秀逸です!!
単純にLaBrieのヴォーカルを堪能できるという意味ではDTより上ですね(笑

あえて苦言をするなら、次回は路線を変えてバラエティに富んだ作品を期待したいです♪
あっ、も一つ可能であれば、これから始まるであろうDTのツアー終了後、このレコーディングメンバーによるLaBrieのソロツアー実現を切に望みます♪

◆音源紹介
#01 Agony



#04 Back On The Ground



#10 Say You're Still Mine







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | James Labrie | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Avenged Sevenfold 「Hail to the King」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | 【本日の1曲】Loudness 「Rock Shock (More And More)」>>

この記事のコメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-01-15 Fri 21:22 | | # [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。