スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

【本日の1曲】Queen 「Bohemian Rhapsody」

A Night at the Opera
A Night at the Opera』 / 1975年

<収録曲>
01. Death on Two Legs (Dedicated To...)
02. Lazing on a Sunday Afternoon
03. I'm in Love With My Car
04. You're My Best Friend
05. '39
06. Sweet Lady
07. Seaside Rendezvous
08. The Prophet's Song
09. Love of My Life
10. Good Company
11. Bohemian Rhapsody
12. God Save the Queen

<メンバー>
Freddie Mercury(Vocals)
Brian May(Guitars)
John Deacon(Bass)
Roger Taylor(Drums)



この曲を初めて聴いたのは、中学生の時に7歳上の姉が持っていたレコードをあさったのが始まり。
当時はOzzyの『Blizzard Of Ozz』やIron Maidenの『Iron Maiden』を聴いてた頃。想像した感じと全く異なっていた楽曲に凄く戸惑い困惑したものです・・・
というよりも、全然興味が持てなかったですね(笑
だって、曲調がころころ変わるし(汗

ターンテーブルに1回のせただけで、ずっと聴かずにいて、高校2年の頃に再聴した時にようやく良さ(凄さ)が認識できました♪
「なんじゃこりゃあ!」感が半端じゃありませんでした(笑

サウンド的にも楽曲的にも上質で、ヴァリエーションに富んだ、トータル的にみて初期Queenの集大成的な名盤ですな(^^)
また、彼ら自身の音楽的、商業的にも確立されたアルバムと言っても過言ではないでしょう。。。

中でも「Bohemian Rhapsody」。
彼らの代名詞とも言えるこの曲は、アカペラ、バラード、オペラ、ハード・ロックを違和感なく一曲に詰め込み、メロディの繰り返しがほとんどない珍しい曲だと思う。
音色などを変えずともこうしたオペラ的な楽曲を作り上げる、完璧な構成力と驚異の歌唱力で劇的世界を演出する彼らの美学の到達点なんだとしみじみ思います。
次々と展開する構成、重なり合うヴォーカルに聴き入っていると曲の長さを全く感じさせない永遠の名曲。
Queen万歳!!





◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | 本日の1曲 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<勝手にQueenランキング アルバム編 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Dream Theater 「Dream Theater」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。