スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Harem Scarem 「Mood Swings II」

MOOD SWINGS II
91点 / 100点 2013年度アルバム
BURRN! 2013年09月号 90点(広瀬)

<メンバー>
Harry Hess(Vocals)
Pete Lesperance(Guitars, Bass)
Creighton Doane(Drums)
Darren Smith(Vocals)

<収録曲>
01. Saviors Never Cry
02. No Justice
03. Stranger Than Love
04. Change Comes Around
05. Jealousy
06. Sentimental BLVD.
07. Mandy
08. Empty Promises
09. If There Was a Time
10. Just Like I Planned
11. Had Enough
12. World Gone To Pieces
13. Anarchy
14. A Brighter Day

カナダのメロディアス・ハード・バンドHarem Scarem、20年振りの復活作にして通算12作目のスタジオ作となる本作は、タイトルが示す通り名作『Mood Swings』(1993年)のリメイク作品。
20年前のアルバムにも関わらず古くささすらも感じず、やっぱ捨て曲なしの素晴らしいアルバムです♪

曲順もオリジナルのままメンバーが再演しており、微妙な差異に気付くことはあれど、幻滅を覚えるようなところはほとんど感じられませんでした。
あっ、一番大きな違いは、アカペラだった#10「Just Like I Planed」に伴奏が付いてることでしょうか。
個人的にはアクセントがついて、新鮮な気持ちで聴くことが出来ましたが・・・♪

昔からのファンで「Harry Hessの声がでていない事に対してがっかりした。」とか
「綺麗にでていた高音に濁りがあるように感じられる。」というような感想を持たれている方もいらっしゃいますが、
20年も経っているのだから、前バージョンと比較するのは無謀で、別作品として捉えるべきだと思います。

録音技術も全然進歩しているし、彼ら自身が今までの歳月を経て磨いてきた各々の技術・感性に触発されて今のアルバムが仕上がっているわけですからね♪
今の彼らだからこそ出せる音の魅力を感じて欲しい!!と個人的には思います(笑

今回新曲として、ボーナス・トラックに3曲追加されてます。
ややダークなムードな感じながらも、サビでは彼ららしいキャッチーなメロディを聴かせてくれ、それなりに楽しめることは間違いないですが、残念ながら、特筆するほどではないかと思います。

やはり本作の楽曲は素晴らしい♪
今聴いても全然色あせないし、爽快感のあるサビのコーラスにつなげていくその展開力は、耳触りが良く絶品です!!
過去作を聴いたことのないメロハーファンでも、きっと虜になること間違いなしです(笑

◆音源紹介
Mood Swings II Samples







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト

別窓 | Harem Scarem | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Styx 「Crystal Ball」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | 勝手にQueenランキング アルバム編>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。