スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Rage 「Speak Of The Dead」

2006
★★★☆☆(2006)

RAGEの通算18枚目のアルバム。

本作における最大の話題はやはり何と言っても1曲目から8曲目までを占める、オーケストラとコラボレーションした壮大な組曲「Suite Lingua Mortis」です。

組曲パートはメタリックな③Innocent、ダークかつミステリアスな⑤No Regrets、美旋律に酔いしれるバラード⑧Beautyという3つのボーカル曲を中心に、目まぐるしくも壮大に展開していくという聴き応えのある内容です。

そして、後半パートはアルバム後半1曲目にあたる⑨No Fearに象徴されるように、メロディを聴かせるというよりはガンガン押してくるタイプの曲が多いですね。

ボーナス・トラックは⑪Full Moonの日本語ヴァージョン⑯MICHI-SHI TSUKI(満ちし月)で(他にドイツ語・スペイン語・ロシア語のバージョンを制作したそう)、訳詞がやや気負い過ぎという感が強いこともあって、まあ「ご愛敬」といった程度の仕上がりですかね。

【音源紹介】
Beauty

曲目リスト
1. Suite Lingua Mortis: Morituri Te Salutant, Pt. 1 [Instrumental]
2. Suite Lingua Mortis: Prelude of Souls, Pt. 2 [Instrumental]
3. Suite Lingua Mortis: Innocent, Pt. 3
4. Suite Lingua Mortis: Depression, Pt. 4 [Instrumental]
5. Suite Lingua Mortis: No Regrets, Pt. 5
6. Suite Lingua Mortis: Confusion, Pt. 6 [Instrumental]
7. Suite Lingua Mortis: Black, Pt. 7 [Instrumental]
8. Suite Lingua Mortis: Beauty, Pt. 8
9. No Fear
10. Soul Survivor
11. Full Moon
12. Kill Your Gods
13. Turn My World Around
14. Be with Me or Be Gone
15. Speak of the Dead
16. Michi-Shi Tsuki

お気に入り:⑨No Fear

スポンサーサイト

別窓 | Rage | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Edguy 「Vain Glory Opera」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Nocturnal Rites 「Grand Illusion」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。