スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Styx 「Crystal Ball」

Crystal Ball
92点 / 100点 1976年度アルバム

<メンバー>
Dennis DeYoung(Vocals)
Chuck Panozzo(Bass)
John Panozzo(Drums)
Tommy Shaw(Guitars)
James Young(Guitars)

<収録曲>
01. Put Me On
02. Mademoiselle
03. Jennifer
04. Crystal Ball
05. Shooz
06. This Old Man
07. Clair de Lune/Ballerina

アメリカのプログレ・ハード・バンドStyxの6枚目アルバム。
日本では1983年に「Mr. Roboto」が流行したので、知ってる方もいらっしゃるかと思います。

私はこの曲とStyxというバンド名が全然紐付いてなかったので、この『Crystal Ball』のアルバムがいいよって勧められても、Styxって何ですか?って問いかけたぐらい(汗

勧められた時、Queenっぽいよって言われたんですが、まさにそれ(笑
いきなり#01「Put Me On」がQueenっぽい華麗さを醸し出してくれ、面白いって感じ、何度も繰り返し聞くことに♪
そのうちに、切なくなるような哀しげなメロディが秀逸なタイトル曲#04「Crystal Ball」に魅了され、そしてこのアルバムで一番気に入ったのが、#06「This Old Man」から#07「Clair de Lune/Ballerina」への展開!!

イントロのギターだけで既に泣けてくるのに、メロディの切なさ、サビのギターまでが感涙ものの#06曲目から、SEを介して繋がっていき、ドビュッシーの「月の光」を取り上げ、ドラマティックにアルバムを締め括るラスト・ナンバーはもうたまりません!!
ラスト・ナンバーのせつなさ、美しさは本当に圧巻です♪
プログレアルバムというより、一つの芸術作品として堪能してみて下さい!!

◆音源紹介
#04 Crystal Ball



#06 This Old Man



#07 Clair de Lune/Ballerina







◆皆様のクリックが更新の励みになります。よろしくお願いします。
 

スポンサーサイト

別窓 | Styx | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Lawless 「Rock Savage」 | 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて | Harem Scarem 「Mood Swings II」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音楽の記録 ~究極のメロディーを求めて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。